TOP業界裏話注目ニュース徒然コメントリンク紹介
『外資系企業に住む住人の視点からIT業界の出来事を伝えます。』

資料作成本の最後の秘境『ワード』を対象とした外資系コンサルの資料作成テクニックが1冊の本になりました。2017年3月29日に発売されています。
※購入頂きました皆様、ありがとうございます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4492557776

gaishi_word_201703_new.jpg
累計数十万部を数える「外資系〜シリーズ」には「スライド作成術」と「Excel作成術」がありますが、ワード向けの本はありませんでした。パワーポイントとエクセルは一生懸命練習するのに、ワードの作成法を学ぶ人はほとんどいません。見よう見まねの作成が繰り返され、ワード文書はどんどん読みづらい存在になっています。その結果、「ワード文書は扱いにくい」と考えられるようになりました。この本は、最後の秘境、ワード向けの「文書作成術」です。優れたWord文書を効率よく作成する方法を知り、適材適所でビジネス文書を作り分ける術を自分のものにしましょう。


【吉澤準特の本:累計7万部以上】
外資系コンサルが実践する資料作成の基本』はロングセラーで重版多数
外資系コンサルの仕事を片づける技術』はロングセラーで重版多数
フレームワーク使いこなしブック』はロングセラーで重版多数
兄弟本の『ビジネス思考法使いこなしブック』はロングセラーで重版多数

【吉澤準特の過去配布レポート】
「外資系コンサルの仕事を片づける技術」特別抜粋版のダウンロード
「最新会議運営の基本と実践がよ〜くわかる小冊子」のダウンロード
できる人の9つの法則
コンサルタント直伝!コミュニケーションのプロになれる!


IT業界の裏話(まぐまぐ殿堂入りメルマガ)へ
メルマガ登録ならコチラ メルマガ解除ならコチラ
メールアドレス:
メールアドレス:



2007年05月31日

測定しにくいものを測定する方法
このエントリーを含むはてなブックマーク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■
■■  IT業界の裏話−−−−−−−−−−−−−−−−−−−No.0231

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発刊総数:4450部              
http://it-ura.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
▼INDEX▼
 ■ ご挨拶
 ■ 業界裏話    :測定しにくいものを測定する方法
 
 ● ホットトピック :外国人とチャットして英語力が簡単にUP!
 ● レポート提供
 
 ※■メルマガ/ブログで提供  ●メルマガ読者のみ提供
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 どうも、吉澤準特です。
 
 最近、速読術が注目を集めていますね。
 私も以前、記憶術や速読術の類は勉強したことがありますが、
 意識的に訓練することで、
 理解度をそのままに時間だけ短縮することが本当にできます。
 
 小学校の頃にフォトリーディングのようなことを
 我流で編み出して実践していましたが、
 理論的にトレーニングをすると、改めてその凄さに気づきました。
 
 その中でも、
 「3日以内に読書速度が2倍にならなかったら全額返金」という
 非常に評判の良いものがあるので、
 興味のある方はお試ししてみるといいかもしれません。
 
 (ハイパー速読術)
  →
http://tinyurl.com/2nv84u
 
 速読術、身に着けると考えるスピードもUPします。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 業界裏話    :測定しにくいものを測定する方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 TechTargetの記事に、『業務部門というのは、「測定不能なもの」を測
 定するよう求めるところだ。』というセキュリティの定量評価について
 述べたものがありました。
 
 定量的な評価は、その結果を数値という共通のモノサシで他と比較する
 ことができるため、何でも定量的に測定したくなる誘惑に駆られるもの
 ですが、何でもかんでも数値で表現できるかといえば、そんなことはあ
 りません。
 
 例えば、「AさんとBさんでは、どちらの方が優れた社員ですか?」とい
 う問いに対して、果たして、どれだけ定量的に回答することができるで
 しょうか。
 
 相対的に両者の優劣を比較することは、感覚的にはできそうですが、仕
 事のパフォーマンスにしろ、一つ一つの仕事そのものの価値や負荷を数
 値で表現することは難しいでしょう。
 
 
 ですが、定量的な評価が難しいものの中にこそ、非常に重要な検討要素
 が含まれているのが現実です。
 
 前述の例でも述べたように、人事評価にまつわるものを絶対的な評価で
 行おうとすると、組織における人件費の割合が著しく増大するリスクも
 あるでしょう。
 
 このような場合、定性評価、つまり数値ではなくもっと大きい区分での
 感覚的な評価を行うことになります。
 
 代表的なのは、国が行っている景気動向調査です。
 
 ニュースで定期的に報告されている世の中の景気に関するアンケートで、
 「前回よりも1.2ポイントアップしました」というような表現をしている
 ため、定量評価をしていると思いきや、実はアンケートの回答自体は、
 「(景気が)良くなっている」「変わらない」「悪くなっている」の
 3段階で聞いているに過ぎません。
 
 これは、「良いは3ポイント」「変わらないは2ポイント」「悪いは1ポイ
 ント」というように割り当てて、総計を出しているだけなのです。
 
 
 良い←→悪い、大きい←→小さい、高い←→低い、という定性的な評価
 をもっともらしく見せる一番簡単な方法は、景気動向調査のように、各
 評価を便宜的に数値に置き換えて、擬似定量評価を行うことです。
 
 この手法は、数値で評価する人々(特にマネジメント層)に対するプレ
 ゼンとして有用です。コメントなどの定性的な評価情報が切り捨てられ
 る恐れがありますが、それは情報を加工する側で十分吟味して下さい。
 
 重要なのは、測定しにくいものに対して、どうやってロジカルに説明す
 るかという点です。感覚論だけで判断すると、後から活動を振り返った
 ときに、効果的な反省が行えなません。
 
 コンサルティング業界だけでなく、トヨタのような世界的なメーカーで
 も取り入れられていますが、「Why×3回」というルールの通り、モノゴ
 トの本質を定性評価の段階で突き詰めておくと、定量的に考え方を切り
 替えても、本質を見失わずにいられるでしょう。

posted by 吉澤準特 at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話

2007年05月21日

トヨタの“謙虚さ”とDoCoMoの“傲慢さ”から見える経営の本質
このエントリーを含むはてなブックマーク

http://www.ohmae.biz/koblog/viewpoint/800.php

●ドコモの今後の課題は、根本的な経営姿勢を改めること

●ドコモ2.0は、大きな過失。
       絶対にやってはならないマーケティング戦略だ。

もし私がドコモの社長なら、今回の広告を作った人を解雇するでしょう。それくらい、 これは経営の基本に背いた大きな過失だと思います。

『大前研一「ニュースの視点」より』

posted by 吉澤準特 at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目記事

2007年05月17日

DoCoMo2.0に見る情報格差の現実
このエントリーを含むはてなブックマーク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■
■■  IT業界の裏話−−−−−−−−−−−−−−−−−−−No.0230

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発刊総数:4450部              http://it-ura.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
▼INDEX▼
 ■ ご挨拶
 ■ 業界裏話    :DoCoMo2.0に見る情報格差の現実
 
 ● メルマガ紹介  :ゲーム改造・攻略マガジン GAMER'S EDGE
 ● レポート提供
 
 ※■メルマガ/ブログで提供  ●メルマガ読者のみ提供
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 どうも、吉澤準特です。
 
 巷で噂のビリーズブートキャンプを試してみました。
 素直に一言、
 
 「これはスゴイ!」
 
 何がすごいって、ビリーの話術にハマって
 知らぬ間に体を動かしている自分にビックリしています。
 
 たった7日間、タタミ1畳のスペースで効果がでるというのも
 あながち嘘ではありません。
 
 さらに、もっと驚いたのは、
 ビリーズブートキャンプに入隊(笑)すると、
 後でビリーのオフィシャルSNSの招待状が届きます。
 
 mixiにトレーニング管理用の機能が付いているようなサイトです。
 しかも、最初から友達リストにビリーが入ってます(笑
 
 もうビリー(51歳!)に夢中ですよ。
 → http://tinyurl.com/2ty2su
 
  
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 業界裏話    :DoCoMo2.0に見る情報格差の現実
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 前回、DoCoMo2.0のエントリーでWeb2.0との絡みを扱いましたが、もうひ
 とつ面白い現象が起こっているので、それについて触れようと思います。
 
 ※前回エントリーはコチラ
  →http://it-ura.seesaa.net/article/41969335.html
 
 
 さて、最初に皆さんにお聞きしますが、「DoCoMo2.0」について、具体的
 にどんなサービス内容を指しているのかをご存知でしょうか?
 
 TVのCMや雑誌の情報だけを頼りにしていると、なんだかよく分からない
 ぞ、という感想を持つ人が多いのではないかと思います。
 
 TVCMや電車の中吊り広告に見る「そろそろ反撃してもいいですか?」と
 いう挑発的なキャッチコピーに対し、一体どんな反撃をDoCoMoは考えて
 いるのか早く発表して欲しい、と感じている人は思いのほか多いようで、
 ローカルコミュニティやmixiの日記には、そんな意見がそこかしこで見
 ることができます。
 
 
 ここで根本的な質問をさせてください。
 本当にDoCoMo2.0の内容はまだ公表されていないのですか?
 
  「そんなのどこにいっても紹介されてないよ」
  「だってどこのメディアもまだ取り上げてないでしょ?」
  「DoCoMo2.0のサイトを見てもまだ何も発表されてないし」
 
 う〜ん、本気でそんなことを思っているんですか?
 じゃあこちらのサイトをちょっと見てください。
 
 →http://it-ura.seesaa.net/article/41967428.html
 
 知ってました?
 
 DoCoMo2.0の内容は既に4月23日の段階で公表されているのです。それは
 904レボリューションとして、次の変化をアピールしています。
 
 ・2つの顔を持つケータイ(ソフトバンク対抗策!)
 ・聞き放題ケータイ(au対抗策!)
 ・分身ケータイ
 ・秘密ケータイ  ・・・※詳しくは上記リンクで確認下さい
 
 
 ちょっとGoogleを使って検索結果をいくつか確認すれば、IT系のニュー
 スサイトならどこでも掲載されている記事なんです。
 
 なのに、それらの情報を見たことがない、早く内容を発表してほしいと
 言う人々がいるという事実。
 
 皆さんはどのように感じますか?
 私は、これこそ、デジタルデバイド(情報格差)だと感じています。
 
 最初の話に戻ると、DoCoMo2.0の内容を早く知りたい、と述べているグ
 ループの多くはケータイユーザのコミュニティでした。実は、ケータイ
 を使ってWebを漁っても、DoCoMo2.0のサービス内容を解説しているサイ
 トはあまりありません。
 
 ケータイユーザは、訪問先のURLを直接入力(読み込み)することでサイ
 トにアクセスしている人が多いですから、ケータイ向けニュースサイト
 に直接アクセスしている人でもない限り、プロモーション内容を正確に
 知る機会を持つことはあまりありません。
 
 また、ケータイユーザの多くはPCによるネットサーフィンも行いますが、
 検索エンジンを使った情報収集に慣れていないせいもあって、効果的に
 情報を収集できる人の割合もそれほど多くないようです。
 
 実際、「DoCoMo2.0」でググると、2つ目、3つ目のリンクをクリックす
 ることで、キャンペーンの内容に触れたニュースソースを目にすること
 ができるのですが、それを知っている人はあまり多くありません。
 
 
 実は今回の記事、私のマイミクさん(mixiの友達)である、みおさんと
 いう方の日記を読んで気づいた内容です。
 
 確かに私の周りの人々に聞いても、ケータイを中心にネットにアクセス
 しているライトユーザたちは、DoCoMo2.0の中身を知っている人があまり
 いませんでした。
 
 現在、ケータイをネットアクセスの主要手段にしている人たちは、PCに
 よってアクセスしている人たちを超える規模になっています。
 
 これらの層に当たる人々について、私は今まで情報の扱い方についても
 長けているに違いないと思い込んでいたのですが、実はそうではないか
 もしれない、という疑念を思い浮かべるようになりました。
 
 皆さんはこの件についてどう思いますか?
 思うところがあれば、是非ブログにご意見を頂戴下さい。

posted by 吉澤準特 at 00:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | 業界裏話

2007年05月16日

DoCoMo2.0とWeb2.0
このエントリーを含むはてなブックマーク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■
■■  IT業界の裏話−−−−−−−−−−−−−−−−−−−No.0229

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発刊総数:4450部              http://it-ura.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼INDEX▼
 ■ ご挨拶
 ■ 徒然コメント  :DoCoMo2.0とWeb2.0

 ● ホットトピック :SaaSの本質を見極める
 ● レポート提供

 ※■メルマガ/ブログで提供  ●メルマガ読者のみ提供


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 どうも、吉澤準特です。
 
 先日、フリーマーケットでこんなものを買ってしまいました。
 まさかこの年齢になって買ってしまうとは・・・
 
 「XXXが量産の暁には・・・!」で有名なアレです。
  → http://it-ura.seesaa.net/article/41745717.html
 
 これ、大きさが35cmもあるんですよね。
 我が家のネコと十分に渡り合える大きさです。
 
 でも、そのボリュームが大満足のポイント。
 子供の頃には決してこんなものはなかったのですけど、
 技術力の向上というのはスゴイですね。
 
 ちなみに定価の8割引でゲットです。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 徒然コメント  :DoCoMo2.0とWeb2.0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「DoCoMo2.0 そろそろ反撃してもいいですか?」
 
 
 2007年4月からNTTドコモが展開するキャンペーンが目を惹きます。なん
 とも挑発的なキャッチコピーですが、このメルマガで注目したいのは、
 「xxx2.0」という表現です。
 
 従来のイメージを革新するフレーズとして「2.0」という表現がこれほど
 インパクトを持つとは、私もこのCMを見るまでは思っていませんでした。
 
 多分、私が感じていることは、このプロモーションを手がけた人物がま
 さに狙っていたことだと思いますが、それを他の多くの人間も同じ感想
 を持つだろう、という思惑も持っているのでしょう。
 
 私が本当に驚いているのは、Web2.0というバズワードが既に市民権を得
 た言葉として、広告業界から認知されているということです。
 
 Web2.0という言葉は2005年あたりから使われ始めたと記憶していますが、
 それから2年、ついに一般向けの広告にまで使われるようになりました。
 用語のイメージも「革新的」「進歩的」という捉え方をしてもらってい
 るようです。
 
 
 しかし、実際にWeb2.0が何であるかを明確に認識している人はどれくら
 いいるのでしょうか。
 
 これは私の所感ですが、おそらくIT業界に生きる方々でも、その半分の
 人は非常に曖昧な認識しか持っていないのではないでしょうか。
 
 試しにランチなどで同僚に

 「Web2.0ってさ、結局どういう意味か分かる?」
 
 なんて聞いてみて下さい。
 おそらく、少なくない人が考え込むはずです。
 
 ちなみに正解はコチラです。知ってました?
 → http://it-ura.seesaa.net/article/41746663.html

posted by 吉澤準特 at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然コメント

DoCoMo2.0の内容
このエントリーを含むはてなブックマーク

NTTドコモが仕掛ける「DoCoMo2.0」には大きく3つのポイントがあります。4月23日のプレスリリースで、 既にドコモはこの内容を明らかにしています。

(以下、引用記事)

今回の904iシリーズの目玉機能は3つある。その1つが、1台分の携帯電話で2台分の機能を持てる「2in1(ツーインワン)」 機能だ。全5モデルが対応している。

 2in1は、月額945円の料金を支払うと、新たな電話番号とメールアドレスが持てるというもの。 価格設定についてNTTドコモ執行役員 プロダクト&サービス本部 マルチメディアサービス部長の夏野剛氏は、 「他社さんの白いプランにぶつけてみました」とコメントし、会場を沸かせた。

(中略)

2つめは、マイメニュー登録すると定額料金で音楽をダウンロードできる「うた・ホーダイ」だ。従来のnapsterでは、 PCでダウンロードしてケータイに転送していたが、うた・ホーダイではケータイから直接ダウンロードが可能になる。なお、 PC/ケータイのいずれからもダウンロードでき、価格は変わらず月額1980円。このほかにも、音楽配信サービス業者数社が対応予定だ。 こちらも、全モデルに標準搭載している。

 3つめは、任天堂の「Wii」のように携帯電話を傾けたり振ったりして楽しめる「直感ゲーム機能」だ。D904i、P904i、 SH904iの3機種が対応している。夏野氏は「Wiiなどの一人でやっても楽しいバージョン」としており、対応コンテンツとしては 「首都高バトル」や「塊魂」など68タイトルが用意されている。

 このほか、フルブラウザ、3Gローミング、GPS、デコメ絵文字、メガiアプリ、iCお引っ越しサービスには全モデル搭載している。

 夏野氏は、発表会の冒頭から「ドコモは反撃をさせていただきます」と切り出し、「(これらの新ケータイでユーザーの) 人生をバージョンアップさせていただきたい。他社さまはぜひご覚悟ください」と、挑戦的な発言も飛び出した。

http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20347697,00.htm

posted by 吉澤準特 at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目記事

2007年05月14日

Web2.0に関する企業名と主要プロダクツを勝手に考えてくれるサイト
このエントリーを含むはてなブックマーク

Web2.0に関する企業名と主要プロダクツを勝手に考えてくれる面白いサイトがあります。確かにそれらしい名前かも?

http://andrewwooldridge.com/myapps/webtwopointoh.html

posted by 吉澤準特 at 04:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | リンク紹介

Web 2.0とは
このエントリーを含むはてなブックマーク

読み方:ウェブ ニーテンレイ、ウェブ ニーテンゼロ、ウェブ ツーポイントオー
別名:ウェブ 2.0

Web 2.0の大家として知られるTim O'reilly氏の論文「What is Web 2.0」によれば、Web 2.0を特徴付けているのは、次のような事柄だ。

(1)ユーザーの手による情報の自由な整理
(2)リッチなユーザー体験
(3)貢献者としてのユーザー
(4)ロングテイル
(5)ユーザ参加
(6)根本的な信頼
(7)分散性

詳しくは用語辞典を参照。
http://www.sophia-it.com/category/web2.0.jsp

posted by 吉澤準特 at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | リンク紹介

買っちゃいました、ビグザム
このエントリーを含むはてなブックマーク

ジオンにより連邦軍本部ジャブロー攻略のために開発された、全高およそ59.6mにも及ぶ対要塞攻撃用の巨大MA(モビルアーマー) である。

開発の遅れと宇宙要塞ソロモン陥落寸前の状況下でドズル・ザビ中将により運用されたこの機体、メガ粒子砲を大型を1門、 本体の周囲には全方位に小型を26門という圧倒的な破壊力に加え、さらにこの時代には画期的なIフィールドによる対ビームバリアを装備。 「どうということはないわ!」と遠距離からのビーム攻撃はものともしない。

接近戦でも6本の爪を活かした攻撃(発射)でスレッガー・ロウ中尉のコアブースターを狙撃し、連邦軍の戦艦9隻を撃沈したものの、 「連邦の白い奴」ガンダムの前に遂に陥落。ドズル中将の「やらせはせん!」の絶叫が宇宙に空しく響き渡った。 ちなみに地上での戦闘を想定されていたので、全装備重量およそ1936.0tを2本の脚で支える事が可能なはずである。

○FF-X7bst コアブースター

FF-X7 コアファイターに強化ブースターを装備し、大気圏内外を問わない高機動性に合わせ、 メガ粒子砲2門と爆撃用ミサイルで攻撃力を強化した形態の呼称である。第13独立部隊(ホワイトベース隊)に2機配備され、セイラ・ マス少尉と、戦死したリュウ・ホセイ中尉の補充として配属されたスレッガー・ロウ中尉の愛機となる。

劇場版「哀戦士編」と「めぐりあい宇宙編」に登場したが、TV版のGファイター(Gアーマー) はリアリティに欠けるという製作者側のアピールであろうか?

□全高350mm!MS IN ACTION!シリーズ初の超大型アイテムです!もちろんスケールは共通なので、 ガンダムと並べれば第36話「恐怖!機動ビグ・ザム」の名シーンがよみがえります!□ 上下に可動するメガ粒子キャノン、 ボールジョイントを駆使したバーニアはもちろん、脚部の爪型ミサイルはもちろん着脱可能!
□なんとコアブースターが付属!今度は劇場版「めぐりあい宇宙編」の名シーンがよみがえりそうです!

ビグザム

http://item.rakuten.co.jp/tjs/c/0000000169/

posted by 吉澤準特 at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然コメント

DoCoMo2.0とWeb2.0
このエントリーを含むはてなブックマーク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■
■■  IT業界の裏話−−−−−−−−−−−−−−−−−−−No.0229

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発刊総数:4450部              
http://it-ura.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼INDEX▼
 ■ ご挨拶
 ■ 徒然コメント  :DoCoMo2.0とWeb2.0

 ● ホットトピック :SaaSの本質を見極める
 ● レポート提供

 ※■メルマガ/ブログで提供  ●メルマガ読者のみ提供


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 どうも、吉澤準特です。
 
 先日、フリーマーケットでこんなものを買ってしまいました。
 まさかこの年齢になって買ってしまうとは・・・
 
 「XXXが量産の暁には・・・!」で有名なアレです。
  →
http://it-ura.seesaa.net/article/41745717.html
 
 これ、大きさが35cmもあるんですよね。
 我が家のネコと十分に渡り合える大きさです。
 
 でも、そのボリュームが大満足のポイント。
 子供の頃には決してこんなものはなかったのですけど、
 技術力の向上というのはスゴイですね。
 
 ちなみに定価の8割引でゲットです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 徒然コメント  :DoCoMo2.0とWeb2.0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「DoCoMo2.0 そろそろ反撃してもいいですか?」
 
 
 2007年4月からNTTドコモが展開するキャンペーンが目を惹きます。なん
 とも挑発的なキャッチコピーですが、このメルマガで注目したいのは、
 「xxx2.0」という表現です。
 
 従来のイメージを革新するフレーズとして「2.0」という表現がこれほど
 インパクトを持つとは、私もこのCMを見るまでは思っていませんでした。
 
 多分、私が感じていることは、このプロモーションを手がけた人物がま
 さに狙っていたことだと思いますが、それを他の多くの人間も同じ感想
 を持つだろう、という思惑も持っているのでしょう。
 
 私が本当に驚いているのは、Web2.0というバズワードが既に市民権を得
 た言葉として、広告業界から認知されているということです。
 
 Web2.0という言葉は2005年あたりから使われ始めたと記憶していますが、
 それから2年、ついに一般向けの広告にまで使われるようになりました。
 用語のイメージも「革新的」「進歩的」という捉え方をしてもらってい
 るようです。
 
 
 しかし、実際にWeb2.0が何であるかを明確に認識している人はどれくら
 いいるのでしょうか。
 
 これは私の所感ですが、おそらくIT業界に生きる方々でも、その半分の
 人は非常に曖昧な認識しか持っていないのではないでしょうか。
 
 試しにランチなどで同僚に

 「Web2.0ってさ、結局どういう意味か分かる?」
 
 なんて聞いてみて下さい。
 おそらく、少なくない人が考え込むはずです。
 
 ちなみに正解はコチラです。知ってました?
 →
http://it-ura.seesaa.net/article/41746663.html

posted by 吉澤準特 at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話

2007年05月10日

投資コンサル会社がアップルを痛烈批判
このエントリーを含むはてなブックマーク

米国インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシズがアップル社を痛烈に批判してます。これは、ストック・ オプション取得の付与日を、株価が安かった以前の日付にさかのぼって記録する「バックデート」を行い、 多額の利益を得たことについての批判です。

■投資コンサル会社がアップルを痛烈批判――特定取締役の解任を投資家に助言
〜ストック・オプションの不正付与問題に対する姿勢は
「ずさん」で「不誠実」〜
http://www.computerworld.jp/track.html?13627.000000014718

年次株主総会を間近に控えた米国アップルの取締役会が、投資コンサルティング会社からやり玉に挙げられている。 理由はストック・オプションの不正付与に関する問題だ。この投資コンサルティング会社ではアップルの株主に対し、 アップルの報酬委員会と特別委員会の全メンバーを再任しないよう勧めている。

posted by 吉澤準特 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目記事

ペーパーレス化が紙の無駄遣いを増やす?
このエントリーを含むはてなブックマーク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■
■■  IT業界の裏話−−−−−−−−−−−−−−−−−−−No.0228

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発刊総数:4450部              http://it-ura.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼INDEX▼
 ■ ご挨拶
 ■ 業界裏話    :ペーパーレス化が紙の無駄遣いを増やす?

 ● ホットトピック :人材を財産にする!人事管理システム
 ● レポート提供

 ※■メルマガ/ブログで提供  ●メルマガ読者のみ提供


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 どうも、吉澤準特です。
 
 MSとYahooの合併交渉がニュースで流れたと思ったら、
 翌日には物別れになったという続報も流れましたね。
 
 Yahoo創業者のMS嫌いは相当のものだとか。
 そのあたりの流れはコチラでご確認下さい。
  → http://it-ura.seesaa.net/article/40989569.html
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 業界裏話    :ペーパーレス化が紙の無駄遣いを増やす?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 最近、ペーパーレスを進めている会社は多いですが、実際に紙資源の削
 減に結びついているところは、実はそれほど多くない気がします。
 
 
 ちょっと考えてください。
 
 ここに100ページ以上の決算報告書があるとします。PCのディスプレイで
 これを眺めるのと、紙に印刷した状態で眺めるのとでは、いったいどち
 らの方が読みやすいでしょうか。
 
 言うまでも無く紙媒体です。これは、前者がディスプレイという限られ
 た領域内でしか対象物を視認できないという制限があるのに対し、後者
 はその制限がありませんから、これは大量の資料を読むときには大きな
 ポイントになります。
 
 人というものは水のように低きに流れるもので、より簡単な手段があれ
 ば、そちらの方へ流されていきます。ディスプレイ上で眺めるよりも印
 刷したものを眺める方が楽というなら、当然、電子媒体をわざわざ印刷
 してから読むでしょう。
 
 もし、この報告書のマスター版が電子媒体しか存在しないとしたら、読
 み手の数だけ印刷される可能性があることになります。
 
 私の知っているいくつかの会社は完全なペーパーレスを進めましたが、
 その結果、前述した類の文書でプリンタの周りが溢れかえってしまった
 というところがありました。
 
 
 では、単純に印刷量の制限を行えば良いのでしょうか。
 
 それもちょっと違います。先に述べたように、紙に印刷する最大の理由
 は読みやすいからです。言い換えると、紙媒体を用いたほうが生産性が
 高まるから、ということになります。
 
 「生産性」と「コスト」(場合によっては環境への配慮)を天秤にかけ
 て、どの程度の制限が最も好ましいかを考えることが必要です。
 
 このプロセスを十分に行わずに電子文書化を進めてしまうと、それを管
 理するフェーズで絶対に綻びが生じます。
 
 
 もう一つ、完全に電子文書化によるペーパーレスを進めてしまうと、困
 ることがあります。
 
 それは、文書管理システムの障害や停電によって運用マニュアルの参照
 ができなくなることです。
 
 システム運用でトラブルが生じた際、規定のエスカレーションルールに
 したがって障害対応を行うと思いますが、従うべきルールや連絡先、対
 応手順書そのものが障害で参照できない場合、現場は混乱をきたしてし
 まうでしょう。
 
 
 最低限、紙媒体で保持しなければならない文書をよくよく検討した上で、
 ペーパーレス化を進めましょうね。

posted by 吉澤準特 at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話

ITIL準拠という幻想
このエントリーを含むはてなブックマーク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■
■■  IT業界の裏話−−−−−−−−−−−−−−−−−−−No.0227

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発刊総数:4450部              http://it-ura.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼INDEX▼
 ■ ご挨拶
 ■ 業界裏話    :ITIL準拠という幻想

 ● ホットトピック :ITILの変更管理とリリース管理
 ● レポート提供

 ※■メルマガ/ブログで提供  ●メルマガ読者のみ提供


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 どうも、吉澤準特です。
 
 多忙のため、ご無沙汰になりました。
 仕事の目処がついたので、ようやくメルマガを再開できます。
 
 日本はもうGWに突入しましたね。
 もしかして、このメルマガを休日明けに見ている人も
 多いのでしょうか?
 
 そういえば知人から面白い動画を教えてもらいました。
 日本のCMで「オージンジ、オージンジ」というのがありますが、
 そのアメリカ版です。かなりキてます。
 → http://it-ura.seesaa.net/article/40567149.html
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 業界裏話    :ITIL準拠という幻想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 IT業界に身を置いている皆さんは、「ITIL」が何かご存知と思います。
 もしまだ知らない、もしくは忘れてしまったという方がいれば、急いで
 次のリンクをチェックしてください。
 → http://it-ura.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=ITIL
 
 さて、ITILと言えば、これからのシステム運用の常識になると言っても
 過言ではないほど、現場から熱い視線を浴びているホットトピックです
 が、いささか過剰な反応であるように思えます。
 
 
 まず一番多い誤解が、「ITILを導入すればすぐハッピーになれる」とい
 う幻想です。ハッキリ言いますが、ITILを導入すると、短期的には現場
 はアンハッピーになります。
 
 なぜか?
 
 新しい仕組みを導入するということは、既存のオペレーションプロセス
 を変更するということです。それによって生じる変化は現場のやり方を
 一時的に混乱させてしまうのです。
 
 分かりやすい例を挙げましょう。
 
 ちょっと腕を胸の前で組んでみてください。人によって右腕が上になっ
 たり、左腕が上になったりしていると思いますが、続けて、上になる腕
 が逆になるように組み直してみましょう。
 
 どうですか、なんとなく違和感を感じますよね?
 腕を組んできることに違いはないのですが、意識して逆に組むと、なん
 だかしっくりきません。
 
 システム運用も同じで、ITILというルールを導入すると、運用業務の細
 部にまでITILルールが影響してきます。特に、インシデントという考え
 方がこれまでの運用に欠如していた組織では、現場が感じ取る違和感は
 強烈であり、時として反発を招くことに十分留意することが必要です。
 
 
 さて、もう一つITILに関する幻想があります。 それは、ITILが定義し
 ている全てのプロセスについて、対応するガイドブックや解説書が存在
 すると思っていることです。
 
 ITILはあくまでノウハウ集であり、具体的なマニュアルではありません。
 ですから、実施すると望ましいことは定義されていますが、具体的に何
 をどうしろ、というアクションが明記されている訳ではないのです。
 
 
 これらを履き違えると、ITILを導入してもマイナスポイントばかりが目
 立つようになり、せっかく導入したのに、運用現場の効率性は下がる一
 方だということになってしまいます。
 
 流行りものということでITILに飛びつく前に、まずはよく中身を知って
 から、導入に向けたアプローチを、運用組織全体で考えていくのが好ま
 しいでしょう。
 
 組織内である程度検討が進んだら、経営層も含めてITILの財務管理や業
 務継続性の議論にも取り組むとベターです。

 

posted by 吉澤準特 at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話

システム障害訓練の日を制定しよう
このエントリーを含むはてなブックマーク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■
■■  IT業界の裏話−−−−−−−−−−−−−−−−−−−No.0226

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発刊総数:4450部              http://it-ura.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼INDEX▼
 ■ ご挨拶
 ■ 業界裏話    :システム障害訓練の日を制定しよう

 ● ホットトピック :「UPS」にも及ぶシステム統合化の波
 ● レポート提供

 ※■メルマガ/ブログで提供  ●メルマガ読者のみ提供


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 どうも、吉澤準特です。
 
 「ひぐらしのなく頃に」というコミックを読みました。
 あまりの展開の進み具合に頭がなかなかついていけません。
 特に、祟り殺し編が理解するのに一番時間がかかりました。
 というか、まだ納得はできていないんですけど。
 
 まだ読んだことの無い方、好き嫌いが分かれると思いますが、
 インターネットカフェなどに行った際には、
 一読してみてください。
 
 (ひぐらしのなく頃に)
  → http://it-ura.seesaa.net/article/38492721.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 業界裏話    :システム障害訓練の日を制定しよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 昨今、システムを無停止で運用することの価値を謳っているベンダーが
 増えていますが、それによって真のBCP(ビジネス継続計画)、何が起き
 ても業務を遂行させるための計画について考える機会が薄れているよう
 に思えます。
 
 例えば、Oracleはアンブレイカブルなシステム運用を売り文句にグリッ
 ドコンピューティングを展開していますが、このサービスを採用しよう
 とする企業のいくつかは、これさえ導入すれば、もうシステムは止まら
 ないと考えてしまっています。
 
 本当のBCPとは、システムが停止した状況でも、代替業務のプロセスが定
 義されていることです。その上で、段階的にシステムが使用できない状
 況を想定して、ケースごとに手動業務のプロセスを適用していくのです。
 
 フォールトトレラントのように、システム障害時に代替機への切替が限
 りなくゼロに近づいたとしても、最悪のケースとしてシステム全体が止
 まってしまうという状況は十分あります。
 
 
 常々感じていることなのですが、前述のようなケースを想定して対応シ
 ナリオを考えている企業が少なすぎます。それはITシステムが生命線で
 ある金融機関も例外ではありません。
 
 参考までに、日銀が調査した金融機関におけるBCPの対応状況アンケート
 結果へのリンクを掲載しておきます。
 → http://it-ura.seesaa.net/article/38492181.html
 
 
 確かに、このような異常系処理への対応は日常的な効果を確認すること
 は難しいですが、いざというときに身に染みるほど実感できます。逆に
 言えば、備えを欠いていると、システム停止という自体に見舞われたと
 きに、業務を継続できないほどの混乱が生じてしまうでしょう。
 
 もちろんコストと効果の観点で考えるのが経営ですから、システム停止
 によって業務が完全に止まっても問題ないものに限れば、BCPを考える
 必要性は薄いです。
 
 しかし、私の過去の経験から言うと、社内の基幹系業務を担っているシ
 ステムにも関わらず、システムが完全に停止したことを想定してBCPを
 用意しているところはまだまだ少ないです。
 
 
 これから新たなシステムを設計して運用を行う方は、是非ともシナリオ
 分析を中心に、システム停止における代替業務のあり方まで踏み込んで、
 BCPを検討してはいかがでしょうか。
 
 年に1回、システム障害訓練と称して、異常系のケーススタディを行い、
 BCPの有効性を検証するようなイベントを設けることができれば、その業
 務は、真の意味でアンブレイカブルな業務になるでしょう。

posted by 吉澤準特 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話

2007年05月06日

MicrosoftがYahoo!買収交渉中→失敗!
このエントリーを含むはてなブックマーク

MSとYahooの合併交渉がニュースで流れたと思ったら、翌日には物別れになったという続報も流れましたね。以下、 引用抜粋記事です。

(引用)

 米Microsoftが米Yahoo!の買収交渉を進めようとしている――5月4日、 ライバルの米Googleが大飛躍を遂げつつある中、再度交渉中であると2紙が報じた。

 4日の電子取引で、Yahoo!の株価は14.6%上げて32.20ドルに、Microsoftの株価は1.4% 下げて30.53ドルとなった。

 両社はここ数年、非公式な交渉を行っていた。 しかし今回の話し合いが行われたタイミングはGoogleが拡大する最中であり、Microsoftは交渉の締結を求めている。

 「Googleが表舞台に登場して以来、ずいぶん長いこと話し合いは行われている。これ以上完璧な取引は想像できない」 とWall Street Accessで裁定取引担当副社長を務めるピーター・ロブラビコ氏は述べている。 「Yahoo!を買収する企業としては、Microsoft以上に強力なところは探せないだろう。政治的、 規制的なノイズは発生するだろうが、最終的には認可されるとみんな分かっている」と同氏。

----------------------------------------
その後、合併交渉難航の続報
----------------------------------------

 MicrosoftとYahoo!は、合併もしくはお互いを補完する提携をここ数カ月議論してきたと、 両社に近い筋は述べている。しかし、同筋によれば、この合併交渉はアクティブではなくなった。 両社がほかの形態での協力を模索する可能性はあるという。

 もしも合併交渉が復活したとしても、MicrosoftとYahoo!が交渉を成立させるかどうかは1年前の結果と同じく、 疑問だ。Microsoftは常に大規模な買収を避けてきた。Yahoo!は1万1700人の従業員を抱え、 今週初めの時価総額は380億ドルだった。合併交渉の報道後、Yahoo!のニューヨーク証券取引所での株価は32.53ドルまで上がり、 同社の4日時点での時価総額は430億ドルにつり上がった。

 丸ごと合併ということでなければ、Microsoftは自社のオンライングループを、 独立運営されるYahoo!に引き取らせ、その代わりにYahoo!株を手に入れるという方法もある。それでも事情筋によれば、 MSはYahoo!の買収を望んでいるという。

詳細は引用先記事を参照
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/05/news010.html

posted by 吉澤準特 at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目記事

2007年05月02日

海外版「オージンジ」CM
このエントリーを含むはてなブックマーク

皆さんは「オージンジ」と聞けば、あの理不尽な職場をモチーフにした面白いCMを思い浮かべるでしょうか。 スタッフサービスという会社のCMですが、もしご存知無い方がいれば、いくつか代表的な笑えるものを下記のリンクに挙げておきます。

【オー人事:CM集】
 → http://it-ura.seesaa.net/article/40388389.html

さて、話を戻しますが、米国で同じような人材派遣サービスを提供しているキャリアビルダーという会社のCMが、 オージンジのようなユーモア溢れるテイストに仕上がっており、かなり面白いです。

シチュエーションは、主人公(男性)がプレゼンをしたり会議に出たりする場面で、 チンパンジー扮するおサルな人々が面白おかしいことをやらかして、主人公が呆れるというものです。

とりあえず、百聞は一見にしかず。おもしろいですよ。

【キャリアビルダー】
 (業績右肩上がり?編)
 → http://www.youtube.com/watch?v=LkgQWFWqKqg
 (プレゼンでポインタ遊び編)
 → http://www.youtube.com/watch?v=6N1VXzXALrg
 (会議でブーブークッション編)
 → http://www.youtube.com/watch?v=p6NoiAoRaNY

posted by 吉澤準特 at 04:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然コメント





【IT業界の裏話】過去コラム(No.1-337)
[ TOP ]IT業界の裏話

▼ IT業界の人々
「内製率を高めたい」のに「世界...
人の話を聞かないIT技術者の...
コンサルを目指す学生との対話...
IT業界、悪魔の辞典『ヒト編』
改善は「自分が楽をすること...
近くて遠きもの、プログラ...
IT企業が求めるプログラマ...
ITプロの3割が機密情報に...
10年働くソルジャーが欲しい...
PGとSEの仕事の面白みは何...
メールをすぐ返信する人、しな...
├ ITコンサルタントになる方法
我がコードは我流。我流は無...
欧米人がグリーンITに積極的...
実は変化など望んでいないエ...
├ 実はコミュニケーション能力に...
IT業界人は自分のドッグフード...
IT業界を不人気にした重鎮...
IT業界の変わった人々
電子メール禁止!ゼロメール...
名言集−運用フェーズ−
システム開発における名言集
失敗から学ぶ人、学ばない人...
SEに多いコーチングタイプは...
あなたのコーチングタイプは...
ITエンジニアの年収公開サ...
CTCは何の略?
会議は踊る、されど進まず...
繰り返し使われるメールアド...
遅刻しそうなので面接受け...
社内SEが人気を集めている...
サポートセンターの悪夢
IT業界に向いていない人
日本の夏、熱暴走の夏
客前で後ろから刺される
システム障害でクビが飛ぶ人
病欠って何ですか?
昼休みって何ですか?
Windowsに弱いIT技術者2
Windowsに弱いIT技術者
エンジニアは音を伸ばさない
話しにくい人
転職する人しない人
サイコロ一振りで給料を決め...
コンサルがお絵描き好きなの...
コンサルの報酬額って?
ITコンサルとSEの違い
SEのITリテラシ
公私のケジメ

▼ 仕事のやり方
客先で自分のPCが差し押さえられ...
「闇リリース」は善意でやっても...
新人のための7つのワークハック...
仕事の質を落とさないメソドロ...
組織が150人を超えると仕事の質...
世界最大のコンサル会社が最低...
IT業界、悪魔の辞典『SI編』
パワーポイントを紙芝居に貶め...
日本と米国の違い:ベンダーサ...
定時退社日に罪悪感を感じるIT...
ストレス厳しい職場を生き抜く...
おまえが呼ぶな、俺が呼ぶ「ハ...
ITプロレタリアートは多機能工...
図表をリッチにする5つのシン...
セクシーパワーポイント道
エンジニア御用達のIT誌
メールコミュニケーションを200.
├ ニッポン・エンジニア・レボリュ...
ITのプロって何ですか?
クールビズにも限界、冷房28...
真夏に長袖!なのに裸より涼...
測定しにくいものを測定する方...
山田さんの使いやすいシス...
SEの品格
コンサルの品格
ダメシステムはひとまず葬れ
眠気対策アイテムを考える
長篠メソッド
ITサポートがユーザーに教え...
資格の価値
出張先のホテルでインターネ...
お口の恋人
絶対に潰れない会社の悩み
エアエッジが必要になる理由
ハイプ曲線+キャズム理論
ユンケル黄帝液とスーパー黄...
一貫性が信用を生む
デビルズ・アドボケイト
落とし所を見定める
クライアントの良き友人たれ
キャンペーンでたたみかける
比較で暴利をごまかす
権威を活用する
ヒヤリハットの考え方
密談のタバコ部屋
「えいや」で決まる、魔法の言葉
海外テレカンの心得
IT業界でうまく生きていくコツ
ポンチ絵
仕事と作業の違い
上司に背を向けると怒られる?
ロケットスタートのススメ
人の考えを利用すべし
「見える」化
仕事の範囲
ワークシートのススメ
フローチャートの基本
仕事のやり方、片付け方
もんたメソッド
高橋メソッド
作業時間の見積り方
仁義を切る
アクションプラン
ミーティングと議事録
ベンダー選定の基準
ITと数学
レスポンシビリティとアカウンタ..
仕事の密度
リクルーティング
ドキュメントプロパティ
クライアントが納得する答え

▼ 仕事の環境
こんなのITのプロらしい仕事...
デスマーチに陥るお決まりパ...
外資が休暇を大切にする”真”...
HTMLメールとテキストメール...
ペーパーレス化が紙の無駄...
携帯電話のSDカードも禁止す...
人々は安定性と安全性の両方...
カタカナ会社はあやしい会社?
サービスリリースの落とし穴
IT業界の職場環境
IT業界の労働環境悪化は...
英語の必要性
正月出勤
年末年始の過ごし方
止められないコンピュータ
動かないコンピュータ
リリース直前の危機

▼ IT業界の動向
クラウドプレイヤーの名言集...
ネット史上最大の惨事、マイクロ...
ベンダー努力を台無しにするIFRS...
電子政府構想は無駄遣いの温床...
NASAのレポートがIT業界に与える...
中国当局によるプログラム盗用は...
コンサルもSIerもいらない内製...
中国のソースコード強制開示制度...
IBMは当て馬、Oracleが演出する...
PWCCが復活、ベリングポイントを...
IBMに喰われたSun、IT業界に訪れ...
ヤフー、自社データセンター所有...
自分が決めたルールに違反するGo...
SOAは死んだ
データセンターを巡るIT業界三...
├ リーマン破綻にみる米国証券業界...
IT史に輝く「すべったテクノロジ...
冷却を必要としない常温データ...
過去のIT業界10大予測を振り...
├ エンジニアよ、大志を抱け!
├ 黒箱襲来!コンテナがDC...
IT業界進化論: SIer 2.0を目...
IT業界がダメな理由を学生の...
IT業界温室効果の1/4はDC...
新生ニコニコ動画、ニコンド...
システム前線異常アリ!ゆう...
ニコニコ動画は文化の架け橋
Web2.0の向こう側〜サードリ...
セカンドライフだけで宣伝の...
国家戦争にも利用されるDDo...
DoCoMo2.0に見る情報格差...
DoCoMo2.0とWeb2.0
ITIL準拠という幻想
システム障害訓練の日を制...
WAONとnanacoが提携したい...
NTT東西の野望〜光回線編...
mixi招待制の綻び
Vistaが売れない理由
独自仕様に走り過ぎて泣き...
米国事情から見る日本のIT...
MVCからAjaxへ
外字ってなんですか?
Sunがx86サーバにIntel採用...
やりたい放題バッドウェア!
アウトソーシングという名の幻...
ソフトバンクモバイル、MNP停...
やっぱり止まったソフトバンク...
あらゆる意味でやり過ぎの...
経営者不在の日本版SOX法...
働いてみたいIT企業ランキン...
サーバの進化がデータセン...
_システム運用にRSSを活用
電力線通信が認可される日...
携帯メールはSSL通信よりも...
経営者不在の日本版SOX法...
Microsoftがサイトリニューア...
停電に脆弱なシステム
システムは誰のためにある...
ITILで運用が楽になる?
進化するコールセンター
Vacademy
IT業界にロングテールはある...
時間をお金で買う
あなたの猫はコンピュータウ...
個人情報保護法の範囲
あなたvsプロジェクト構成管理
ドラマ24にみるシステム最前...
次世代トレンドと枯れた...
日本版SOX法の施行に向け...
新しいWindowsはWeb決済...
地震に強いシステムをお持...
IT Doesn't Matter
SOAと分散コンピューティン...
各社で定義が異なるESB
おサイフケータイに見...(2/2)
おサイフケータイに見...(1/2)
子会社のシマを荒らす親会社
アインシュタインに学ぶソフ...
公職選挙法とインターネット
マイレージ負債
インターネットの舞台裏:海底...
ゼロ・クライアント
サーバのトレンド
外資系パッケージベンダー

▼ 業界の構造
対極にあるIT業界とコンビニ業...
IT業界は成果報酬型のサービス...
特定ベンダー以外をふるい落と...
欧米人なら爆笑するレベルと...
IT業界が詐欺師集団と言われる...
IT業界の格差社会、年収200...
├ 新基準導入でデスマーチがな...
公式では言えないニコニコ動...
├ コンサルとアプリ開発者、格差...
システム運用はIT業界の最下...
テストフェーズの呼び方は千...
2000年問題再来!?サマー..
減り続ける正社員の割合
労働局が偽装請負の抜け道...
会社貸与のPCは何年償却?
ITIL Foundationを2万円で買..
IT製品もイメージ重視?
お試しできない製品は売れない
IT業界は無免許制
どんぶり勘定
標準価格と提供価格
ソフトウェアライセンス
社外秘の秘密度合
偽装請負 
システム開発の流れ7 テス...
システム開発の流れ6 開発...
├ システム開発の流れ5 開発...
システム開発の流れ4
システム開発の流れ3
システム開発の流れ2
システム開発の流れ1
IT業界の構造

▼ 業界ランキング
SIerランキング2005
コンサルランキング2005

▼ その他
「幣社」という表現は相手を見下...
コミュニケーション力の不足は...
聞く耳を持たないYahooニュース...
黒デスクトップ事件に見る中国...
ITコンサルから見たブラッディ...
違法ダウンロードでネット追放...
就職難民=不出来な学生とい...
モンスターペアレント、会社襲来
あえて言おう、Yahooの掲示...
プログラマ向きなカフェをオー..
├ Japan Brog Award 2008を..
日立さん、IT大喜利をもう一度
インターネット上の信頼できる...
IT業界でありそうな迷惑勧誘...
倒産してもカネを要求する悪2...
倒産してもカネを要求する悪1...
├ 枯れた技術の水平思考で
├ ずさん極まりない環境保護ラ...
世界の奇妙な法律を集めた...
50万円のキーボード
洋楽を1曲10円で購入できる...
CNETとZDNetは同じ会社
情報の価値(情報商材)
コンパイル1回12時間の世界
楽天ポイント事件
楽天ポイント事件〜利用者...
楽天300ポイント付与で謝罪
ライブドア強制捜査
└ ネットワークベンダー