TOP業界裏話注目ニュース徒然コメントリンク紹介
『外資系企業に住む住人の視点からIT業界の出来事を伝えます。』

誰もが考えていながら書いてこなかった、パワーポイント・ワード・エクセルのすべてをカバーする資料作成テクニックが1冊の本になりました。2014年8月20日に発売され、丸善等の大手書店・amazon等のオンライン書店の週間ベストテンにランクインしています。
※購入頂きました皆様、ありがとうございます。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4820748998/

siryou_cover.jpg
類書では紙面やボリュームの都合から実現していなかった「外資系コンサルが実践する資料作成の基本」を、本書は280ページの大ボリュームでまとめました。資料作成のプロでもある外資系コンサルタントが日々実践している、無駄なく、完成度の高い資料を作成するための王道のスキル、テクニックが網羅的に70項目にまとめられています。私が新人・中堅コンサル向けに教えている「あたりまえ」だけどなかなか実践できない大切な基本スキルやテクニックをステップごとに図解を交えてわかりやすく説明します。


【吉澤準特の本:累計7万部以上】
外資系コンサルの仕事を片づける技術』はロングセラーで重版多数
フレームワーク使いこなしブック』はロングセラーで重版多数
兄弟本の『ビジネス思考法使いこなしブック』はロングセラーで重版多数

【吉澤準特の過去配布レポート】
「外資系コンサルの仕事を片づける技術」特別抜粋版のダウンロード
「最新会議運営の基本と実践がよ〜くわかる小冊子」のダウンロード
できる人の9つの法則
コンサルタント直伝!コミュニケーションのプロになれる!


IT業界の裏話(まぐまぐ殿堂入りメルマガ)へ
メルマガ登録ならコチラ メルマガ解除ならコチラ
メールアドレス:
メールアドレス:



2009年08月28日

「闇リリース」は善意でやっても不信を招く
このエントリーを含むはてなブックマーク

闇リリースという言葉があります。

事前にユーザーと合意していたシステム変更をリリースする際、無断で他の箇所を変更してしまう行為を指し、昔はかなり多くの人が手に染めていたと言われています。

しかし、ITILなどの運用管理フレームワークが一般化し、変更管理やリリース管理が一般化したことでベンダーの意識は大きく変わりました。

無断でシステム変更するなんて、ベンダーにとってはリスク以外のなにものでもありません。ミスを密かに修正してトラブルが起きてしまう可能性を考えれば、正直に変更リクエストを出して謝った方がよほど安全です。

一方で、ミスを隠すためではなく、より一層の改善をしてやろうと勝手にシステム変更してしまう人もいます。実はこちらの方が性質が悪く、善意でやっているものですから何に躊躇することなく闇リリースに手を染めてしまいます。

例えば、データベースの領域を10GB拡張することがユーザーとの話し合いで決まっていたとします。しかし、変更当日の朝になって担当者が試算ミスに気付き、勝手に20GBの拡張に変更したとしましょう。

この行為、たとえトラブルが発生しなかったとしても、後でユーザーに実施結果を報告する際にバレルでしょう。そして、ユーザーは「自分たちが指示した以外のことを勝手にやるベンダー」だと不信を募らせるのです。

万一、パフォーマンス劣化などの不具合が発生しようものなら、不信が募るどころか怒り爆発ですよ。

そんなわけで、闇リリースは「百害あって一利なし」なのですけど、これをやってしまったのが気象庁の地震計を担当しているベンダーさん。


『気象庁が「関東地方で震度5弱程度の揺れがある」とする誤った緊急地震速報を発表した問題で、同庁は25日、地震計のソフトウエアの改修を依頼した明星電気(群馬県伊勢崎市)が、依頼したものとは別のソフトウエアに無断で変更を加えた上、変更内容も誤ったことが原因だったと発表した。

 同様の変更は計4台に加えられており、25日夕に改善されるまで、いずれも誤った緊急地震速報を流す可能性があったという。
 
 (中略)

 改変点は、これまで小数点以下を切り捨てて処理していた振幅の数値を、四捨五入してより正確な数値に近づけるというものだった。しかし、振幅を表す単位を「マイクロメートル」とすべきところを誤って「ミリメートル」としてしまったため、振幅が実際よりも常に500マイクロメートル大きくなるようになったという。

 (中略)

 気象庁には25日、100件以上の苦情や問い合わせがあったという。明星電気は「地震計の性能の向上を目指してやったが、本来なら気象庁に提案し、承認されてから変更すべきだった。なぜ無断で変更を加えたのか、現在経緯を調査している」としている。』
http://www.asahi.com/national/update/0825/TKY200908250384.html



一般的な企業内のシステムであればここまで話は大きくなりませんでした。失った信頼を取り戻すにはしばらく時間が必要でしょう。

とはいえ、個人攻撃をするのは建設的とは言えません。今回の話は担当者の落ち度として片づけるのではなく、無断変更を見つけられなかった管理体制の問題としてとらえてほしいと思います。


posted by 吉澤準特 at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話

2009年08月25日

稟議を通せ!上司を納得させるシステム提案の冴えたやり方
このエントリーを含むはてなブックマーク

翔泳社のEnterpriseZineにて新連載を開始しました。「できるシステム担当のスキルノート」という名前で役立つ業務ノウハウを解説します。

1回目は稟議がテーマです。

『稟議を通せ!上司を納得させるシステム提案の冴えたやり方』
 → http://enterprisezine.jp/article/detail/1750

基本的なビジネスケースの作り方を取り上げているので、ご興味のある方はご覧下さい。
posted by 吉澤準特 at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目記事

2009年08月17日

対極にあるIT業界とコンビニ業界の値引きの常識
このエントリーを含むはてなブックマーク

IT業界の商慣習が他の業界とどれほどの差があるのか、正確なところは分かりませんが、1000万円の新品機器を300万円で売ることも珍しくないこの業界、少なくともかなりの不合理に満ちたものであることは間違いありません。

「標準価格と提供価格」という以前のエントリーでこんなことを書きました。
 → http://it-ura.seesaa.net/article/3158083.html


『ある通信企業にサン社のSun Fire V880を2台納品したときには、総費用は以下の通りでした。

  標準価格: 1260万円
  提供価格:  950万円 (25%引)

それに対し、某小売企業に同等製品を納品したときは、880万円程度だったと記憶しています。70万円もあれば、プログラマーを一人追加で1ヶ月雇えますよね。
 
まだこのサーバは良い方でして、大規模なネットワーク構築にもなれば、70%ディスカウントをしてくる通信キャリアもいるのです。最早、標準価格の意味なんてあるのでしょうか? というか、標準価格で購入したことのある企業っているんですか?』



値引率が大きいと、なんとなく得をした気になるのが人間の心理です。

しかし、値引きが常態化してしまう&客によって値引率が異なるという状況では、もはや正規価格の本質的な意味は何もありません。単に、資材部や購買部の形式的な値下げ努力の指標として見ることができる程度です。


一方で、値引き自体が悪だと思われている業界もあります。その典型がコンビニエンス業界。セブンイレブン報道で惣菜・弁当を含めた値引き容認の流れができつつありますが、それでもまだまだ定価販売による業界モデルの維持に力を入れています。

セブンイレブンは09年の8月に次の値引き指針を設けました。

 (1)原価を下回る価格にした場合は加盟店が自己責任で損失を全額負担
 (2)値引きを開始できるのは販売期限の1時間前から

恒常的な値引きを容認してしまうと、次から客はその価格で購入することが当たり前だと思うようになりますから、その対策として廃棄1時間前になった時点でようやく値引き(投売り)を許しています。

消費者利益という観点で公正取引委員会から排除命令を受けているセブンイレブンの強気(?)の姿勢をもしもIT業界でも実現することができれば、きっとこんな営業が可能になることでしょう。

・基本は標準価格で販売で値引きは認めない
・EOL(ベンダー保守期限)が公式発表された製品のみ値引き可能
・ルールを破った代理店は代理店契約を取り消す

すごいですね、こんな状況になったらIT業界というか、製品ベンダーは仕事をどんどん無くしていくことでしょう。上に乗っかるアプリケーションはカスタム開発したほうが断然安価になるでしょうね。ハードウェア機器にしたって、償却が終わっても使い続ける文化がさらに一般的になるでしょうし、企業の売り上げに対するIT支出は今よりも大きく増えるに違いありません。

しかし、そもそもの標準価格が高すぎるのがいけないのですから、最初からある程度値引きされた金額を提示していれば、あながち悪くない市場が形成されるように思えます。

値引き販売を認めなかったセブンイレブンが責められている理由はロスカットのオーナー負担なのですから、同じことがIT製品の販売代理店で起こらなければ問題ないかと。


セブンイレブンの話がホットだったので、ちょっととりあげてみました。
posted by 吉澤準特 at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話

2009年08月05日

経産省がいいことを言った:IT業界は成果報酬型のサービス化を目指すべき、人月単価からの脱却
このエントリーを含むはてなブックマーク

今週に入ってから、IT業界に生息する感度の高い方々がこぞって取り上げているのがこれ。

「情報システムのパフォーマンスベース契約に関する調査研究」(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/press/20090731004/20090731004-2.pdf

このレポートはIT業界の有識者を集めて検討を重ねた結果ですから、現在のIT業界が抱えている問題意識が集約されています。このレポートの背景には、「人月単価契約からサービス成果報酬契約に変えていかないと、ベンダー間の価格競争で業界は疲弊し、これからの情報サービス産業は競争力を失っていく」、という危機感がよく感じ取れます。

これは次の問題意識ではっきりと書かれています。


(ユーザ側の問題)
・価格への不信
 →見積の妥当性に疑問を感じる
・ベンダーへの不満
 →ベンダから積極的な提案が得られない

(ベンダー側の問題)
・価格への不満
 →品質や機能優位、開発効率向上などの評価が価格に反映されない
・モチベーション低下
 →新技術導入や改善といった付加価値創出への動機付けが働かない


お気づきの方もいると思いますが、このレポートの提言が目指しているところは、端的に言えば成果報酬型のビジネスモデル(PBC:パフォーマンスベースコントラクト)です。KPIを設定して成果をモニタリング、達成状況によってインセンティブやペナルティを付けようというもので、これは積み上げが他の人月単価契約とは正反対の考え方です。

成果報酬型のシステム開発を実現するポイントは、ユーザーとベンダーが同じ目線で考えることができるようになることだと私は常々思っているのですが、レポートにはPBC成功のカギとしてこのような記載がありました。

『PBCを適用した契約では、ユーザとベンダが一つの目的を共有する。また、ユーザの情報システム部門だけでなく、ユーザの投資効果拡大がベンダにとってもインセンティブの獲得につながることから、同じ目的への行動が両者にメリットをもたらす、「Win-Winの関係を実現」することがPBC成功の鍵である。言い換えると、ユーザあるいはベンダどちらか一方しかメリットが享受できないPBCであれば、成功したとは言い難い。また、目的を共有した上で、双方が協働して創出する価値を増大させることが重要である。』


経産省が良いことを言いましたね。

もっとも、現実的にはお互いが自分の利益を考えることは当然のことですから、双方にうまみのある仕組みを契約で合意するのはなかなか難しいでしょう。現在の流れでいえば、運用業務の委託などはアウトソーシング化が進んでおり、成果報酬型のサービス契約を結んでいるところもいくつかありますから、そこの契約形態をテンプレートとして流用し、開発案件向けの契約形態を考えることが早そうです。

基本的な契約金額は次の式で表すことができます。


フィックスコスト(完全固定価格分)
 +ベースライン(基本的な価格)
  +インセンティブ(成果達成による上乗せ価格)
   −ペナルティ(成果未達による値引き価格)


あとはここの価格要素(KPI)の掘り下げと、評価・見直しタイミング(契約更改時期)の設定でしょう。参考情報として、すでに経産省はサービス契約向けのSLA一覧を公表していますが、こちらはシステム運用を主眼としたKPIが列挙されているものであり、今回の検討のインプットにはならないでしょう。

今回の討論に参加したベンダーは、過去に成果報酬型の契約をいくつか結んだことがあるはずですから、そのときの指標をお互いに持ち寄って、業界標準のKPIを定義してもらいたいですね。


posted by 吉澤準特 at 14:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然コメント

2009年08月04日

「あなたとは違うんです」と言えるSIベンダーの条件
このエントリーを含むはてなブックマーク

リーマンショック以降、非常に厳しい経営状況に晒されているIT業界ですが、勝ち残る企業について興味深い考察がITproのメルマガに書かれていたので紹介します。

『売上高が100億円を超す大手SIerの2008年度の売上高営業利益率は,平均値は4.5%で,前年度の6.1%から一気に1.6ポイント下落した。これは04年度とほぼ同じ水準である。好況を背景に,0.5ポイントずつ営業利益率が改善していた05から07年度とは状況が一変した。

 以上の数値は,日経ソリューションビジネスが過去10年以上にわたって毎年,掲載している業績ランキング特集をさかのぼって調べたものである。この4.5%という売上高営業利益率は,SIerにとって単なる平均値を超えた意味がありそうだ。実は00年度から04年度までの売上高営業利益率も,ほぼ4.5%の横ばいで推移していた。

 やや乱暴だが21世紀以降に限れば,4.5%の売上高営業利益率は,好不況にされない業界平均の基礎的なSIerの収益力を示した値と見ることができるのではないか。この数字を超す実績を残せるSIerは平均以上の力があるといえるし,これを下回っているようなら他社に後れを取っているということだ。

 4.5%体質の根本には受託開発依存の体質がある。企業のIT投資が増えれば好条件の受注が増え利益率は高まるが,受託開発でこなせる案件の量は,技術者の数によって制約を受けている。

 技術者の人月単価が2倍に高まりでもしければ,利益率が一気に改善する状況は考えづらい。その結果,業界の平均的な収益力が4.5%という数値に収束するわけだ。』
(中村建助氏=日経ソリューションビジネス)


この4.5%という数字がどれほどの確からしいものであるかは判別できませんが、実際、2009年に富士通が発表した中期営業利益目標は5%と発表しています。NTTデータは8%後半、IBMは08年当時で5%で中期目標は10%、日立のSI部門の中期目標は7%、野村総研は12%といったデータも公式発表されているので、それに照らし合わせると疑問もありますが、おそらくそれらメガSIerは「他とは違う」競争優位な企業なのでしょう。そして、売上高3000億円(いわゆる3000億円クラブ)以下のSIerは前述の傾向が強いのだと推察されます。

ところで、国内SIerは受託開発中心だから4.5%の営業利益率になっているという話は、そのまま海外企業のSI事業にも当てはまるのでしょうか。時間のある時に調べてみます。


posted by 吉澤準特 at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然コメント

2009年08月03日

サイゾー8月号に掲載されました
このエントリーを含むはてなブックマーク

先日発刊されたサイゾー8月号の特集記事、「生き残る会社、死ぬ会社」のIT業界のパートにて、私の寄稿記事(2/3ページ程度)が掲載されています。

 

 → http://www.canter.jp/ad/bk879924_cyzo.htm

 

業界全体論を中心に個別企業についても触れた寄稿内容でしたが、編集の都合で個別企業名は一部に留まっています。その中で特に、F通とN電気への所感を書いていますが、業界人からみた一般的な見え方だとご理解下さいませ。




posted by 吉澤準特 at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然コメント





【IT業界の裏話】過去コラム(No.1-337)
[ TOP ]IT業界の裏話

▼ IT業界の人々
「内製率を高めたい」のに「世界...
人の話を聞かないIT技術者の...
コンサルを目指す学生との対話...
IT業界、悪魔の辞典『ヒト編』
改善は「自分が楽をすること...
近くて遠きもの、プログラ...
IT企業が求めるプログラマ...
ITプロの3割が機密情報に...
10年働くソルジャーが欲しい...
PGとSEの仕事の面白みは何...
メールをすぐ返信する人、しな...
├ ITコンサルタントになる方法
我がコードは我流。我流は無...
欧米人がグリーンITに積極的...
実は変化など望んでいないエ...
├ 実はコミュニケーション能力に...
IT業界人は自分のドッグフード...
IT業界を不人気にした重鎮...
IT業界の変わった人々
電子メール禁止!ゼロメール...
名言集−運用フェーズ−
システム開発における名言集
失敗から学ぶ人、学ばない人...
SEに多いコーチングタイプは...
あなたのコーチングタイプは...
ITエンジニアの年収公開サ...
CTCは何の略?
会議は踊る、されど進まず...
繰り返し使われるメールアド...
遅刻しそうなので面接受け...
社内SEが人気を集めている...
サポートセンターの悪夢
IT業界に向いていない人
日本の夏、熱暴走の夏
客前で後ろから刺される
システム障害でクビが飛ぶ人
病欠って何ですか?
昼休みって何ですか?
Windowsに弱いIT技術者2
Windowsに弱いIT技術者
エンジニアは音を伸ばさない
話しにくい人
転職する人しない人
サイコロ一振りで給料を決め...
コンサルがお絵描き好きなの...
コンサルの報酬額って?
ITコンサルとSEの違い
SEのITリテラシ
公私のケジメ

▼ 仕事のやり方
客先で自分のPCが差し押さえられ...
「闇リリース」は善意でやっても...
新人のための7つのワークハック...
仕事の質を落とさないメソドロ...
組織が150人を超えると仕事の質...
世界最大のコンサル会社が最低...
IT業界、悪魔の辞典『SI編』
パワーポイントを紙芝居に貶め...
日本と米国の違い:ベンダーサ...
定時退社日に罪悪感を感じるIT...
ストレス厳しい職場を生き抜く...
おまえが呼ぶな、俺が呼ぶ「ハ...
ITプロレタリアートは多機能工...
図表をリッチにする5つのシン...
セクシーパワーポイント道
エンジニア御用達のIT誌
メールコミュニケーションを200.
├ ニッポン・エンジニア・レボリュ...
ITのプロって何ですか?
クールビズにも限界、冷房28...
真夏に長袖!なのに裸より涼...
測定しにくいものを測定する方...
山田さんの使いやすいシス...
SEの品格
コンサルの品格
ダメシステムはひとまず葬れ
眠気対策アイテムを考える
長篠メソッド
ITサポートがユーザーに教え...
資格の価値
出張先のホテルでインターネ...
お口の恋人
絶対に潰れない会社の悩み
エアエッジが必要になる理由
ハイプ曲線+キャズム理論
ユンケル黄帝液とスーパー黄...
一貫性が信用を生む
デビルズ・アドボケイト
落とし所を見定める
クライアントの良き友人たれ
キャンペーンでたたみかける
比較で暴利をごまかす
権威を活用する
ヒヤリハットの考え方
密談のタバコ部屋
「えいや」で決まる、魔法の言葉
海外テレカンの心得
IT業界でうまく生きていくコツ
ポンチ絵
仕事と作業の違い
上司に背を向けると怒られる?
ロケットスタートのススメ
人の考えを利用すべし
「見える」化
仕事の範囲
ワークシートのススメ
フローチャートの基本
仕事のやり方、片付け方
もんたメソッド
高橋メソッド
作業時間の見積り方
仁義を切る
アクションプラン
ミーティングと議事録
ベンダー選定の基準
ITと数学
レスポンシビリティとアカウンタ..
仕事の密度
リクルーティング
ドキュメントプロパティ
クライアントが納得する答え

▼ 仕事の環境
こんなのITのプロらしい仕事...
デスマーチに陥るお決まりパ...
外資が休暇を大切にする”真”...
HTMLメールとテキストメール...
ペーパーレス化が紙の無駄...
携帯電話のSDカードも禁止す...
人々は安定性と安全性の両方...
カタカナ会社はあやしい会社?
サービスリリースの落とし穴
IT業界の職場環境
IT業界の労働環境悪化は...
英語の必要性
正月出勤
年末年始の過ごし方
止められないコンピュータ
動かないコンピュータ
リリース直前の危機

▼ IT業界の動向
クラウドプレイヤーの名言集...
ネット史上最大の惨事、マイクロ...
ベンダー努力を台無しにするIFRS...
電子政府構想は無駄遣いの温床...
NASAのレポートがIT業界に与える...
中国当局によるプログラム盗用は...
コンサルもSIerもいらない内製...
中国のソースコード強制開示制度...
IBMは当て馬、Oracleが演出する...
PWCCが復活、ベリングポイントを...
IBMに喰われたSun、IT業界に訪れ...
ヤフー、自社データセンター所有...
自分が決めたルールに違反するGo...
SOAは死んだ
データセンターを巡るIT業界三...
├ リーマン破綻にみる米国証券業界...
IT史に輝く「すべったテクノロジ...
冷却を必要としない常温データ...
過去のIT業界10大予測を振り...
├ エンジニアよ、大志を抱け!
├ 黒箱襲来!コンテナがDC...
IT業界進化論: SIer 2.0を目...
IT業界がダメな理由を学生の...
IT業界温室効果の1/4はDC...
新生ニコニコ動画、ニコンド...
システム前線異常アリ!ゆう...
ニコニコ動画は文化の架け橋
Web2.0の向こう側〜サードリ...
セカンドライフだけで宣伝の...
国家戦争にも利用されるDDo...
DoCoMo2.0に見る情報格差...
DoCoMo2.0とWeb2.0
ITIL準拠という幻想
システム障害訓練の日を制...
WAONとnanacoが提携したい...
NTT東西の野望〜光回線編...
mixi招待制の綻び
Vistaが売れない理由
独自仕様に走り過ぎて泣き...
米国事情から見る日本のIT...
MVCからAjaxへ
外字ってなんですか?
Sunがx86サーバにIntel採用...
やりたい放題バッドウェア!
アウトソーシングという名の幻...
ソフトバンクモバイル、MNP停...
やっぱり止まったソフトバンク...
あらゆる意味でやり過ぎの...
経営者不在の日本版SOX法...
働いてみたいIT企業ランキン...
サーバの進化がデータセン...
_システム運用にRSSを活用
電力線通信が認可される日...
携帯メールはSSL通信よりも...
経営者不在の日本版SOX法...
Microsoftがサイトリニューア...
停電に脆弱なシステム
システムは誰のためにある...
ITILで運用が楽になる?
進化するコールセンター
Vacademy
IT業界にロングテールはある...
時間をお金で買う
あなたの猫はコンピュータウ...
個人情報保護法の範囲
あなたvsプロジェクト構成管理
ドラマ24にみるシステム最前...
次世代トレンドと枯れた...
日本版SOX法の施行に向け...
新しいWindowsはWeb決済...
地震に強いシステムをお持...
IT Doesn't Matter
SOAと分散コンピューティン...
各社で定義が異なるESB
おサイフケータイに見...(2/2)
おサイフケータイに見...(1/2)
子会社のシマを荒らす親会社
アインシュタインに学ぶソフ...
公職選挙法とインターネット
マイレージ負債
インターネットの舞台裏:海底...
ゼロ・クライアント
サーバのトレンド
外資系パッケージベンダー

▼ 業界の構造
対極にあるIT業界とコンビニ業...
IT業界は成果報酬型のサービス...
特定ベンダー以外をふるい落と...
欧米人なら爆笑するレベルと...
IT業界が詐欺師集団と言われる...
IT業界の格差社会、年収200...
├ 新基準導入でデスマーチがな...
公式では言えないニコニコ動...
├ コンサルとアプリ開発者、格差...
システム運用はIT業界の最下...
テストフェーズの呼び方は千...
2000年問題再来!?サマー..
減り続ける正社員の割合
労働局が偽装請負の抜け道...
会社貸与のPCは何年償却?
ITIL Foundationを2万円で買..
IT製品もイメージ重視?
お試しできない製品は売れない
IT業界は無免許制
どんぶり勘定
標準価格と提供価格
ソフトウェアライセンス
社外秘の秘密度合
偽装請負 
システム開発の流れ7 テス...
システム開発の流れ6 開発...
├ システム開発の流れ5 開発...
システム開発の流れ4
システム開発の流れ3
システム開発の流れ2
システム開発の流れ1
IT業界の構造

▼ 業界ランキング
SIerランキング2005
コンサルランキング2005

▼ その他
「幣社」という表現は相手を見下...
コミュニケーション力の不足は...
聞く耳を持たないYahooニュース...
黒デスクトップ事件に見る中国...
ITコンサルから見たブラッディ...
違法ダウンロードでネット追放...
就職難民=不出来な学生とい...
モンスターペアレント、会社襲来
あえて言おう、Yahooの掲示...
プログラマ向きなカフェをオー..
├ Japan Brog Award 2008を..
日立さん、IT大喜利をもう一度
インターネット上の信頼できる...
IT業界でありそうな迷惑勧誘...
倒産してもカネを要求する悪2...
倒産してもカネを要求する悪1...
├ 枯れた技術の水平思考で
├ ずさん極まりない環境保護ラ...
世界の奇妙な法律を集めた...
50万円のキーボード
洋楽を1曲10円で購入できる...
CNETとZDNetは同じ会社
情報の価値(情報商材)
コンパイル1回12時間の世界
楽天ポイント事件
楽天ポイント事件〜利用者...
楽天300ポイント付与で謝罪
ライブドア強制捜査
└ ネットワークベンダー