TOP業界裏話注目ニュース徒然コメントリンク紹介
『外資系企業に住む住人の視点からIT業界の出来事を伝えます。』

誰もが考えていながら書いてこなかった、パワーポイント・ワード・エクセルのすべてをカバーする資料作成テクニックが1冊の本になりました。2014年8月20日に発売され、丸善等の大手書店・amazon等のオンライン書店の週間ベストテンにランクインしています。
※購入頂きました皆様、ありがとうございます。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4820748998/

siryou_cover.jpg
類書では紙面やボリュームの都合から実現していなかった「外資系コンサルが実践する資料作成の基本」を、本書は280ページの大ボリュームでまとめました。資料作成のプロでもある外資系コンサルタントが日々実践している、無駄なく、完成度の高い資料を作成するための王道のスキル、テクニックが網羅的に70項目にまとめられています。私が新人・中堅コンサル向けに教えている「あたりまえ」だけどなかなか実践できない大切な基本スキルやテクニックをステップごとに図解を交えてわかりやすく説明します。


【吉澤準特の本:累計7万部以上】
外資系コンサルの仕事を片づける技術』はロングセラーで重版多数
フレームワーク使いこなしブック』はロングセラーで重版多数
兄弟本の『ビジネス思考法使いこなしブック』はロングセラーで重版多数

【吉澤準特の過去配布レポート】
「外資系コンサルの仕事を片づける技術」特別抜粋版のダウンロード
「最新会議運営の基本と実践がよ〜くわかる小冊子」のダウンロード
できる人の9つの法則
コンサルタント直伝!コミュニケーションのプロになれる!


IT業界の裏話(まぐまぐ殿堂入りメルマガ)へ
メルマガ登録ならコチラ メルマガ解除ならコチラ
メールアドレス:
メールアドレス:



2009年10月17日

客先で自分のPCが差し押さえられたら?
このエントリーを含むはてなブックマーク

IT業界って客先常駐が多いですよね。

この数年、セキュリティ事件が数多く発生していますけど、これを受けて、ある程度大きな企業であれば、協力会社や派遣社員などの外注が社内常駐する際、契約書とは別に、個人単位でセキュリティに関する誓約書を書かせるところが増えてきました。

私の知る限り、その文面には、「セキュリティインシデントが発生した場合、調査に全面協力します」的な文言が大抵書かれています。でも、この文面を真正面から解釈すると、実は相当に恐ろしいと私は思うのです。

これって、あなたの行動が原因で情報漏洩絡みの損害がクライアント企業に生じた場合、状況証拠として作業PCの差し押さえもあり得るわけですよ。

一般的に、客先に出入りしている管理職レベルの人なら、自分のPCに自社の機密データをいくつか抱えているものです。他にも、以前他社に常駐した際に作った成果物などがたんまりPCの中に蓄積されていることも想像できます。

これを全部差し押さえられたら、自分の会社の機密漏えいになってしまいます。分かりやすい例を出して説明してみましょう。

あなたはI社の金融系エンジニアです。この3年間、A銀行で基幹システムおよびサービスの保守・運用に携わっていました。今年からはB銀行に常駐してプロジェクトを進めています。

しかし、運悪くあなたの所属するプロジェクトのいずれかのPCに未知のコンピュータウイルスが侵入し、今所属しているB銀行の資料が一部ネットに流出していることが分かったとします。このため、B銀行では当該プロジェクトにかかわっている人の作業PCを全てデータチェックすることになりました。この結果、あなたのPCもB銀行に一時押収されていまいます。

このとき、あなたのPCにB銀行以外の機密データが入っていたらどうしますか?

仕事をスムーズに進めるため、過去のプロジェクトで作った資料やデータは全てPCのHDDに保存していた、他チームが作っていたいくつかの重要な経営管理資料も一緒にコピーしていた、なんてことは結構よくある話です。これを押収された場合、今度はA銀行のデータが情報流出ということになってしまいます。

こんなことになったらどうするんですかね?
私がこんな状況に陥ったら、業界から抹殺されてしまうくらいヤバイです。

作業は必ずクライアント貸与PCでを使う、自社PCには過去のデータを保存しない、など対策を練っているIT企業もありますけど、おざなりにしているところをもあるみたいですよ。

あなたの会社もあなた自身も、大丈夫ですか?

posted by 吉澤準特 at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話

2009年10月12日

データセンターで起こったサービス停止の意外な理由ランキング、第1位:FBIによるサーバの押収
このエントリーを含むはてなブックマーク

出落ちです。タイトル通りの記事が少し古いですが、ITmediaの新野さん(編集者)の個人ブログで紹介されていました。大元はCBSニュース。

情報によると、2009年4月2日に米国テキサス州のデータセンター企業であるCore IP Networks社は、午前6時にFBIの家宅捜索を受け、全データセンターのシャットダウンとサーバ機器の押収という事態に直面したそうです。その結果、顧客50社の電子メールやデータベースが失われ、通信キャリアも顧客だったために、一部の緊急通報電話(日本の110番)さえ通じなくなったとのこと。データリカバリに数日は数日で終わる程度のことだ、とはFBIのコメントです。

私もデータセンターに絡んだ仕事をすることがありますが、捜査当局によるガサ入れでサービス停止に陥ったなんて話は聞いたことがありません。サーバ停止による被害賠償をFBIはしたのでしょうか。記事元を読む限り、そんなことは何もなされていないようですが。米国クオリティ、恐るべし。


posted by 吉澤準特 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話

ネット史上最大の惨事、マイクロソフト子会社がユーザーデータを全て消失?→一部復旧可能の可能性もあり
このエントリーを含むはてなブックマーク

マイクロソフトはT-Mobileと組んでユーザ向けのオンラインストレージサービス(T-Mobile Sidekick)を展開していますが、アップグレード対応のためのバックアップ処理をミスしたために全てのユーザー保管データが消失した可能性がきわめて高い、とのコメントを発表しました。

ご存じない方へ説明すると、サイドキックとはT-Mobile社のスマートフォンで、オンライン上にユーザのアドレス帳やデータやメールなどを保存するサービスがあります。今回、これらデータをうち、オンライン上にしかないものは全て消えてしまった、という状況の模様です。

データソースはテッククランチ。Danger社の公式声明も下に載せておきます。

『Microsoftの子会社でスマートフォンのSidekickを製造販売しているDangerとT-Mobileが発表したところによると、 Microsoftのサーバのエラーのせいで保管されていたユーザー・データがすべて失われたおそれが強いという。つまりユーザーの連絡先情報、写真、カレンダー、to-doリストなどが、ローカルにバックアップを取ってあったのでないかぎり、消えてしまったわけだ。Sidekickの電源を切っていなければ、端末に保存されていたデータだけは、バッテリーが切れないうちに処置すれば救出できるはず。それ以外のデータは絶望のようだ。 Microsoft/Dangerは「サーバのデータを修復できる可能性はきわめて低い」としている。』

日本では、以前、NTTデータがDoblog(ドブログ)のバックアップミスでユーザデータを損傷してしまい、そのままブログサービスが停止した件がありました。マイクロソフト絡みでは、1年以上前、教えてネットで同様のデータ損傷があったと記憶しています。

続報が気になります。



(10/12続報:asahi.comからの転載、マイクロソフト&Danger社の公式コメント)


T-Mobileは「その後の作業により、消失したコンテンツの一部を回復できる可能性が示された」と述べた。

 永久にデータが失われたユーザーは、T-Mobileサービスまたは製品で有効な100ドルの「顧客感謝カード」が提供される、と同社は声明で述べた。

 T-Mobileは、「該当するユーザーには、詳細を14日以内に提供する。ユーザー側では何もする必要はない」と述べた。「しかし、われわれは、顧客の大部分に対して、個人コンテンツの回復が可能だと依然見込んでいる」(T-Mobile)

 今回の発言は、これまでの発言とは大きな変化を示している。同社およびMicrosoftは米国時間10月10日、同時点でユーザーの端末にないデータは永久的に消失したと述べていた。

 週が開けた12日、両社からの正式なコメントはないが、データ回復作業に明らかな進展があったようだ。



(10/11続報:マイクロソフト&Danger社の公式コメント)

T-MOBILE AND MICROSOFT/DANGER STATUS UPDATE ON SIDEKICK DATA DISRUPTION
Dear valued T-Mobile Sidekick customers:
T-Mobile and the Sidekick data services provider, Danger, a subsidiary of Microsoft, are reaching out to express our apologies regarding the recent Sidekick data service disruption. We appreciate your patience as Microsoft/Danger continues to work on maintaining platform stability, and restoring all services for our Sidekick customers.
Regrettably, based on Microsoft/Danger’s latest recovery assessment of their systems, we must now inform you that personal information stored on your device – such as contacts, calendar entries, to-do lists or photos – that is no longer on your Sidekick almost certainly has been lost as a result of a server failure at Microsoft/Danger. That said, our teams continue to work around-the-clock in hopes of discovering some way to recover this information. However, the likelihood of a successful outcome is extremely low. As such, we wanted to share this news with you and offer some tips and suggestions to help you rebuild your personal content. You can find these tips at the T-Mobile Sidekick Forums (http://www.t-mobile.com/sidekick ). We encourage you to visit the Forums on a regular basis to access the latest updates as well as FAQs regarding this service disruption.
In addition, we plan to communicate with you on Monday (Oct. 12) the status of the remaining issues caused by the service disruption, including the data recovery efforts and the Download Catalog restoration which we are continuing to resolve. We also will communicate any additional tips or suggestions that may help in restoring your content.
We recognize the magnitude of this inconvenience. Our primary efforts have been focused on restoring our customers’ personal content. We also are considering additional measures for those of you who have lost your content to help reinforce how valuable you are as a T-Mobile customer.
We continue to advise customers to NOT reset their device by removing the battery or letting their battery drain completely, as any personal content that currently resides on your device will be lost.
Once again, T-Mobile and Microsoft/Danger regret any and all inconvenience this matter has caused.

posted by 吉澤準特 at 14:25 | Comment(0) | 注目記事

2009年10月09日

こんなボーナスなら貰って嬉しい、という妄想
このエントリーを含むはてなブックマーク

年末が近づくにつれて、冬のボーナスについてチラホラと話を聞くことが増えてきました。私もスズメの涙ながらボーナスをもらえるみたいなのですけど、それを何に使うべきか、悩みます。

そもそもこういった悩みもボーナスをお金でもらうからですよね。だったら、お金以外の形でもらうことができたら悩む必要もないのでは!と短絡的に考えた結果、こんなボーナスだったらもらいたい、という私個人の独断と偏見をまとめてみました。

・強制有給休暇ボーナス

休みが取れない多忙な職場にいる人なら、有給休暇っておいしいの?、ぐらいの無縁生活を送っているケースも少なからずあるはず。そういう人には無理やり会社を休ませることでボーナスにするってのはどうでしょう。

などと書いている傍から、そもそも普段から休めない人を強制的に休ませたら、多分周りも本人もあとで皺寄せがたくさんくると思うので、これは却下。

・社外トレーニングボーナス

日頃から興味深いセミナーやトレーニングは数多く開催されているのですけど、平日に開催されても本業があってなかなか参加できないんですよね。しかも、有料セミナーの場合、自腹で参加するのはなんだかもったいない。そんな人なら、ボーナスの名目でそういったトレーニングに優先参加させてあげてもいいんじゃないかと思います。私自身、気になるセミナーがたくさんあるのですけど、今現在の仕事と直接関係していないものは業務時間中に参加しにくいんですよね。

でも、これって勉強熱心な人じゃないと嬉しくないですね。

・一口馬主ボーナス

会社契約でJRAの馬を囲ってしまい、その馬の一口馬主になる権利をあげるというのはどうでしょう。馬主になってみたいと思う人は老若男女問わずに実は多いはず。彼氏彼女にも「馬主なんだ」と自慢できますし、その馬が週末の競馬場で走るとなれば興奮も高まりましょう。子供だって喜びます。

これは悪くない案だと思うんですけどどうでしょう。社台ファームとかと契約して良い馬回してもらいましょうよ。G1に勝ったら会社を挙げてお祭り!

・海外ボランティア活動ボーナス

狭い日本でせせこましく働き続けていると、ある日突然、海外で社会貢献したいなんて思ったりもするものです。海外青年協力隊みたいなところとタイアップして、1か月の海外ボランティア生活ができるようにしたらどうでしょう。もちろん、その期間中の給料は会社が保証します。じゃないと、ボーナスにならないですしね。

本業で培った知識を生かせる海外ボランティア先があれば、自身の経験にもなるし本業にも活きるし、一石二鳥ですよ。

・転職活動ボーナス

リクルートでは30歳になると独立開業資金を渡して独立を促すと言われています。そうやって育っていった人材は将来リクルートに何らかの形で貢献してくれることが期待できるからだとか。同じことを転職活動ボーナスという形で支援する会社があれば面白いと思います。短期的には自社のリソース流出になるかもしれませんけど、長期的にみれば、有能な人材が集まってくると思いますよ。

ちなみに、転職活動をするとボーナスを出してくれるというところ、実際にあります。例えばこちらでは転職成功で二十万円ほどのボーナスをくれるそうです。

(ジョブナス)
http://jobnus.jp/

[PR by ブログタイムズ]

posted by 吉澤準特 at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然コメント





【IT業界の裏話】過去コラム(No.1-337)
[ TOP ]IT業界の裏話

▼ IT業界の人々
「内製率を高めたい」のに「世界...
人の話を聞かないIT技術者の...
コンサルを目指す学生との対話...
IT業界、悪魔の辞典『ヒト編』
改善は「自分が楽をすること...
近くて遠きもの、プログラ...
IT企業が求めるプログラマ...
ITプロの3割が機密情報に...
10年働くソルジャーが欲しい...
PGとSEの仕事の面白みは何...
メールをすぐ返信する人、しな...
├ ITコンサルタントになる方法
我がコードは我流。我流は無...
欧米人がグリーンITに積極的...
実は変化など望んでいないエ...
├ 実はコミュニケーション能力に...
IT業界人は自分のドッグフード...
IT業界を不人気にした重鎮...
IT業界の変わった人々
電子メール禁止!ゼロメール...
名言集−運用フェーズ−
システム開発における名言集
失敗から学ぶ人、学ばない人...
SEに多いコーチングタイプは...
あなたのコーチングタイプは...
ITエンジニアの年収公開サ...
CTCは何の略?
会議は踊る、されど進まず...
繰り返し使われるメールアド...
遅刻しそうなので面接受け...
社内SEが人気を集めている...
サポートセンターの悪夢
IT業界に向いていない人
日本の夏、熱暴走の夏
客前で後ろから刺される
システム障害でクビが飛ぶ人
病欠って何ですか?
昼休みって何ですか?
Windowsに弱いIT技術者2
Windowsに弱いIT技術者
エンジニアは音を伸ばさない
話しにくい人
転職する人しない人
サイコロ一振りで給料を決め...
コンサルがお絵描き好きなの...
コンサルの報酬額って?
ITコンサルとSEの違い
SEのITリテラシ
公私のケジメ

▼ 仕事のやり方
客先で自分のPCが差し押さえられ...
「闇リリース」は善意でやっても...
新人のための7つのワークハック...
仕事の質を落とさないメソドロ...
組織が150人を超えると仕事の質...
世界最大のコンサル会社が最低...
IT業界、悪魔の辞典『SI編』
パワーポイントを紙芝居に貶め...
日本と米国の違い:ベンダーサ...
定時退社日に罪悪感を感じるIT...
ストレス厳しい職場を生き抜く...
おまえが呼ぶな、俺が呼ぶ「ハ...
ITプロレタリアートは多機能工...
図表をリッチにする5つのシン...
セクシーパワーポイント道
エンジニア御用達のIT誌
メールコミュニケーションを200.
├ ニッポン・エンジニア・レボリュ...
ITのプロって何ですか?
クールビズにも限界、冷房28...
真夏に長袖!なのに裸より涼...
測定しにくいものを測定する方...
山田さんの使いやすいシス...
SEの品格
コンサルの品格
ダメシステムはひとまず葬れ
眠気対策アイテムを考える
長篠メソッド
ITサポートがユーザーに教え...
資格の価値
出張先のホテルでインターネ...
お口の恋人
絶対に潰れない会社の悩み
エアエッジが必要になる理由
ハイプ曲線+キャズム理論
ユンケル黄帝液とスーパー黄...
一貫性が信用を生む
デビルズ・アドボケイト
落とし所を見定める
クライアントの良き友人たれ
キャンペーンでたたみかける
比較で暴利をごまかす
権威を活用する
ヒヤリハットの考え方
密談のタバコ部屋
「えいや」で決まる、魔法の言葉
海外テレカンの心得
IT業界でうまく生きていくコツ
ポンチ絵
仕事と作業の違い
上司に背を向けると怒られる?
ロケットスタートのススメ
人の考えを利用すべし
「見える」化
仕事の範囲
ワークシートのススメ
フローチャートの基本
仕事のやり方、片付け方
もんたメソッド
高橋メソッド
作業時間の見積り方
仁義を切る
アクションプラン
ミーティングと議事録
ベンダー選定の基準
ITと数学
レスポンシビリティとアカウンタ..
仕事の密度
リクルーティング
ドキュメントプロパティ
クライアントが納得する答え

▼ 仕事の環境
こんなのITのプロらしい仕事...
デスマーチに陥るお決まりパ...
外資が休暇を大切にする”真”...
HTMLメールとテキストメール...
ペーパーレス化が紙の無駄...
携帯電話のSDカードも禁止す...
人々は安定性と安全性の両方...
カタカナ会社はあやしい会社?
サービスリリースの落とし穴
IT業界の職場環境
IT業界の労働環境悪化は...
英語の必要性
正月出勤
年末年始の過ごし方
止められないコンピュータ
動かないコンピュータ
リリース直前の危機

▼ IT業界の動向
クラウドプレイヤーの名言集...
ネット史上最大の惨事、マイクロ...
ベンダー努力を台無しにするIFRS...
電子政府構想は無駄遣いの温床...
NASAのレポートがIT業界に与える...
中国当局によるプログラム盗用は...
コンサルもSIerもいらない内製...
中国のソースコード強制開示制度...
IBMは当て馬、Oracleが演出する...
PWCCが復活、ベリングポイントを...
IBMに喰われたSun、IT業界に訪れ...
ヤフー、自社データセンター所有...
自分が決めたルールに違反するGo...
SOAは死んだ
データセンターを巡るIT業界三...
├ リーマン破綻にみる米国証券業界...
IT史に輝く「すべったテクノロジ...
冷却を必要としない常温データ...
過去のIT業界10大予測を振り...
├ エンジニアよ、大志を抱け!
├ 黒箱襲来!コンテナがDC...
IT業界進化論: SIer 2.0を目...
IT業界がダメな理由を学生の...
IT業界温室効果の1/4はDC...
新生ニコニコ動画、ニコンド...
システム前線異常アリ!ゆう...
ニコニコ動画は文化の架け橋
Web2.0の向こう側〜サードリ...
セカンドライフだけで宣伝の...
国家戦争にも利用されるDDo...
DoCoMo2.0に見る情報格差...
DoCoMo2.0とWeb2.0
ITIL準拠という幻想
システム障害訓練の日を制...
WAONとnanacoが提携したい...
NTT東西の野望〜光回線編...
mixi招待制の綻び
Vistaが売れない理由
独自仕様に走り過ぎて泣き...
米国事情から見る日本のIT...
MVCからAjaxへ
外字ってなんですか?
Sunがx86サーバにIntel採用...
やりたい放題バッドウェア!
アウトソーシングという名の幻...
ソフトバンクモバイル、MNP停...
やっぱり止まったソフトバンク...
あらゆる意味でやり過ぎの...
経営者不在の日本版SOX法...
働いてみたいIT企業ランキン...
サーバの進化がデータセン...
_システム運用にRSSを活用
電力線通信が認可される日...
携帯メールはSSL通信よりも...
経営者不在の日本版SOX法...
Microsoftがサイトリニューア...
停電に脆弱なシステム
システムは誰のためにある...
ITILで運用が楽になる?
進化するコールセンター
Vacademy
IT業界にロングテールはある...
時間をお金で買う
あなたの猫はコンピュータウ...
個人情報保護法の範囲
あなたvsプロジェクト構成管理
ドラマ24にみるシステム最前...
次世代トレンドと枯れた...
日本版SOX法の施行に向け...
新しいWindowsはWeb決済...
地震に強いシステムをお持...
IT Doesn't Matter
SOAと分散コンピューティン...
各社で定義が異なるESB
おサイフケータイに見...(2/2)
おサイフケータイに見...(1/2)
子会社のシマを荒らす親会社
アインシュタインに学ぶソフ...
公職選挙法とインターネット
マイレージ負債
インターネットの舞台裏:海底...
ゼロ・クライアント
サーバのトレンド
外資系パッケージベンダー

▼ 業界の構造
対極にあるIT業界とコンビニ業...
IT業界は成果報酬型のサービス...
特定ベンダー以外をふるい落と...
欧米人なら爆笑するレベルと...
IT業界が詐欺師集団と言われる...
IT業界の格差社会、年収200...
├ 新基準導入でデスマーチがな...
公式では言えないニコニコ動...
├ コンサルとアプリ開発者、格差...
システム運用はIT業界の最下...
テストフェーズの呼び方は千...
2000年問題再来!?サマー..
減り続ける正社員の割合
労働局が偽装請負の抜け道...
会社貸与のPCは何年償却?
ITIL Foundationを2万円で買..
IT製品もイメージ重視?
お試しできない製品は売れない
IT業界は無免許制
どんぶり勘定
標準価格と提供価格
ソフトウェアライセンス
社外秘の秘密度合
偽装請負 
システム開発の流れ7 テス...
システム開発の流れ6 開発...
├ システム開発の流れ5 開発...
システム開発の流れ4
システム開発の流れ3
システム開発の流れ2
システム開発の流れ1
IT業界の構造

▼ 業界ランキング
SIerランキング2005
コンサルランキング2005

▼ その他
「幣社」という表現は相手を見下...
コミュニケーション力の不足は...
聞く耳を持たないYahooニュース...
黒デスクトップ事件に見る中国...
ITコンサルから見たブラッディ...
違法ダウンロードでネット追放...
就職難民=不出来な学生とい...
モンスターペアレント、会社襲来
あえて言おう、Yahooの掲示...
プログラマ向きなカフェをオー..
├ Japan Brog Award 2008を..
日立さん、IT大喜利をもう一度
インターネット上の信頼できる...
IT業界でありそうな迷惑勧誘...
倒産してもカネを要求する悪2...
倒産してもカネを要求する悪1...
├ 枯れた技術の水平思考で
├ ずさん極まりない環境保護ラ...
世界の奇妙な法律を集めた...
50万円のキーボード
洋楽を1曲10円で購入できる...
CNETとZDNetは同じ会社
情報の価値(情報商材)
コンパイル1回12時間の世界
楽天ポイント事件
楽天ポイント事件〜利用者...
楽天300ポイント付与で謝罪
ライブドア強制捜査
└ ネットワークベンダー