TOP業界裏話注目ニュース徒然コメントリンク紹介
『外資系企業に住む住人の視点からIT業界の出来事を伝えます。』

誰もが考えていながら書いてこなかった、パワーポイント・ワード・エクセルのすべてをカバーする資料作成テクニックが1冊の本になりました。2014年8月20日に発売され、丸善等の大手書店・amazon等のオンライン書店の週間ベストテンにランクインしています。
※購入頂きました皆様、ありがとうございます。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4820748998/

siryou_cover.jpg
類書では紙面やボリュームの都合から実現していなかった「外資系コンサルが実践する資料作成の基本」を、本書は280ページの大ボリュームでまとめました。資料作成のプロでもある外資系コンサルタントが日々実践している、無駄なく、完成度の高い資料を作成するための王道のスキル、テクニックが網羅的に70項目にまとめられています。私が新人・中堅コンサル向けに教えている「あたりまえ」だけどなかなか実践できない大切な基本スキルやテクニックをステップごとに図解を交えてわかりやすく説明します。


【吉澤準特の本:累計7万部以上】
外資系コンサルの仕事を片づける技術』はロングセラーで重版多数
フレームワーク使いこなしブック』はロングセラーで重版多数
兄弟本の『ビジネス思考法使いこなしブック』はロングセラーで重版多数

【吉澤準特の過去配布レポート】
「外資系コンサルの仕事を片づける技術」特別抜粋版のダウンロード
「最新会議運営の基本と実践がよ〜くわかる小冊子」のダウンロード
できる人の9つの法則
コンサルタント直伝!コミュニケーションのプロになれる!


IT業界の裏話(まぐまぐ殿堂入りメルマガ)へ
メルマガ登録ならコチラ メルマガ解除ならコチラ
メールアドレス:
メールアドレス:



2014年02月20日

Windows XPサポートにIT業界の責任論を持ち込む不見識
このエントリーを含むはてなブックマーク

久々に大炎上の可能性を秘めたIT業界クラスタの記事を目にしました。

これは以前、「入社して最初の10年は泥のように働いてもらい、次の10年は徹底的に勉強してもらう」というプライムベンダーならではの上から目線で学生から不評を買った、IPAのカンファレンスで理事長の口から飛び出した迷言に匹敵するかもしれません。

10年働くソルジャーが欲しい重鎮のホンネ(2008年6月)
http://it-ura.seesaa.net/article/99469095.html

どんな飛ばしたエントリーかと言いますと、それはWindowsXPのサポート切れ問題を取り上げたものです。聞いたことがあると思いますが、

同製品は2001年にマイクロソフト社からリリースされたOSです。非常に優れた製品であったこと、後続のOS(Vista)の使い勝手が悪かったこともあって、発売から13年が経とうとしているのに、まだ様々な企業で利用され続けています。しかし、そのサポート(一部組み込みを除く)を2014年に打ち切るとマイクロソフトが宣言していることで、新しいOS(Windows7、Windows8.1)を搭載したPCに買い替えなければならないという状況にあります。

詳しい背景はITmediaの記事が詳しいので抜粋します。

「すでに最大で12年半ほど稼働しているOSだ。ドッグイヤーといわれるITの世界での12年という寿命は驚くべき長さだというのが筆者の感想だ。問題なく動いているようであっても、内部で使われている技術はすでに時代遅れのものとなってしまっているものも少なくはなく、現在のトレンドにそぐわない状態にある。
(中略)
サポートが終了したバージョンでは、原則としてセキュリティ対策は行われない。Windows XPについては2014年4月9日(日本時間)が最終日ということになり、この後に発見された不具合や脆弱性を攻撃者側に突かれると、システム的に防御が難しく、攻撃に対して無力になる。Windows XPにもまだ何らかの不具合が内包されている可能性は高く、また技術の進歩により当時は思いもしなかった新たな手段による攻撃もありえる。ファイアウォールなどで対応できる程度であればよいが、攻撃者としてもそんな部分は想定済みと思われる。
住宅で例えると崩れそうだけど改修しません/できませんという状態、自家用車では自賠責保険切れで走ることに例えられる。自分以外に、他人にも影響を及ぼす可能性があるわけだ。」
(そもそもWindows XPはなぜサポートを終了するの?)
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1402/18/news056.html

要するに、XPは市場への影響を考えて特別扱いされてきた製品であったが、これ以上新しい技術に対応することが難しくなってきたため、捨てざるを得なくなったということです。IT業界にいると、これくらいの話は一般教養のごとく理解されている話なのですが、一利用者の視点からすると違った見方をされてしまうことがあります。冒頭で触れた炎上記事がそれです。

その炎上記事はZDnetに掲載されています。

「セキュリティベンダー主要各社の代表も登壇してWindows XPのセキュリティリスクと新しいOSへの移行を訴えていたが、中には「サポート終了の話は何年も前から告知されてきたことなので、4月になって間に合わないというのは怠慢だ」とのコメントもあった。
「怠慢」との表現はいかがなものか。確かに、以前から告知されてきたにもかかわらず、無関心なままのユーザーもいるかもしれないが、企業の中にはWindows XP上で利用している特殊なアプリケーションソフトが移行できなくて困っているケースも少なくない。
(中略)
そんな企業からは、「もともと誰が提供したものなのか。今回の移行に伴ってIT業界が潤う一方で、われわれが苦しい状況に追いやられるのはどうも納得がいかない」との恨み節さえ聞こえてくる。
(中略)
日本マイクロソフトは、4月までに国内で使用されているPCの1割までWindows XPの構成比を引き下げたい構えだ。逆に言うと、少なくとも1割は残る。その1割のユーザーに対するケアは、IT業界の責任でもある。」
(Windows XPサポート終了におけるIT業界の責任)
http://japan.zdnet.com/cio/sp_13matsuokaopinion/35044036/

この記事に対して2つ考えておきたいことがあります。

・ソフトウェアが数年に一度の入替を要することをユーザーは無視して良いのか?
・一度作ったものはユーザーがゼロになるまでケアし続けるという発想は必要か?

1点目について、これを許してしまうとソフトウェアライセンス契約の債務不履行を認めてしまうことになりますし、ITを利用する人たち全体の利益を損なうことになります。その理由はこのエントリーの前半で挙げたITmedia記事の「住宅で例えると崩れそうだけど改修しません/できませんという状態」という内容が該当します。

住宅には施工事業者が10年保証などを掲げ、それ以降に発覚した瑕疵への責任は基本的に負いませんね。もちろん道義的な責任を取って居住者への補償を行うこともあります。今回のWindowsXPのサポート打ち切りに際しては、2年以上前からPCのリプレースをマイクロソフトが訴えていましたし、関連するベンダーもクライアントへ提案していたでしょう。

そもそもソフトウェアの定期的な入れ替えは、アプリケーションの導入時にベンダーから説明があったはずですが、それを無視して使い続けるユーザーを許容してしまえば、法治ではなく人治に基づく非合理的な社会になってしまいます。
※もしその説明を怠っていたベンダーがいるなら、一定の責任を負う必要はあるでしょう。

2点目について、ユーザーがゼロ(極小)になるまでケアし続けるという発想は製造業で見られる話ではあります。30年前の石油ファンヒーターがリコールでCMを流しているのを見ることもありますね。

ですが、こうした公知が必要なリコールは人命に影響するレベルで採られる策であって、利用者の経済的な問題レベルで行われることはないでしょう。いわんや、クライアントPCのOSサポートが製造業のリコールと同じ扱いであるとは思えません。

もっと基本的な話として、生産中止(ディスコン宣言)された製品の部品を一定期間保持することは製造業で求められることですが、WindowsXPのサポート打ち切りについても相当前から周知がされていました。

以上のことから、ZDnetにある煽り記事は根拠不十分で、一方からの勝手な物言いであるように私には感じられました。Twitterのタイムラインを見る限りでも、私と同じ感想を持たれている方は多いように見えます。

ITベンダー側へ文句をつけることは簡単ですが、するにしてもある程度の合理性を踏まえてほしいと感じた次第です。

posted by 吉澤準特 at 17:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 業界裏話

2014年02月10日

世界の6人に1人が8時間利用するFacebookの驚異
このエントリーを含むはてなブックマーク

Facebook(フェイスブック)といえば、今や世界最大のソーシャルネットワーキングサービスであり、アクセス数はGoogleをも凌ぐという超巨大サイトです。そのフェイスブック、2014年の2月に開設10年目を迎えました。これを記念して、CNNでその足跡と数々のワールドレコードを公開していたので、それを紹介します。

(By the numbers: 10 years of Facebook)
http://edition.cnn.com/2014/02/03/tech/social-media/facebook-graphic/index.html
※統計情報は2013年6月あたりのものだと思われます
14年2月時点であれば、以下に示す数字を1.2倍くらいした方がいいかも


【ユーザ数】
知っていましたか? いまやフェイスブックは世界の6人に1人が利用しているのです。月間アクティブユーザー数(一ヶ月あたりに1度以上アクセスしたユーザー数)は、なんと12.3億人。日本の総人口のおよそ10倍です。

内訳は次の通り。

・北米 :2.0億人
・欧州 :2.8億人
・アジア:3.7億人
・その他:3.8億人

そして、国別で見るとベスト10はこのようになります。

1位:1.58億人 アメリカ (人口:3.1億人)
2位:0.72億人 ブラジル (人口:1.9億人)
3位:0.64億人 インド (人口:12.4億人)
4位:0.48億人 インドネシア (人口:2.5億人)
5位:0.43億人 メキシコ (人口:1.2億人)
6位:0.33億人 トルコ (人口:0.7億人)
7位:0.32億人 イギリス (人口:0.6億人)
8位:0.30億人 フィリピン (人口:1.0億人)
9位:0.25億人 フランス (人口:0.7億人)
10位:0.25億人 ドイツ (人口:0.8億人)
----------------------------------------------
14位:0.21億人 日本 (人口:1.2億人)

もちろん利用者数が最大だったのはアメリカ合衆国ですが、驚きだったのは、ブラジルでのフェイスブックの利用者が多いことでした。そして、同じくらい驚いたのは、人口7000万人前後のトルコでフェイスブックの利用者が3300万人を超えていたことです。利用率は47%であり、米国の51%に次いでいます。

※利用率だけなら、1位はブルネイ(70%)、2位は台湾(64%)

なお、日本は利用者数が昨年8月時点で2200万人を超えましたが、世界ランキングでは14位の位置にあります。フェイスブック後発国と言われていますが、思ったより利用者が多いですね。


【利用時間】
これらのユーザーがいったいどれだけの時間をフェイスブックに費やしているのでしょうか。実は月当たり7.75時間です。1日あたり15分ということで、これは実感できるレベルですね。

アクティブユーザー数に関連しますが、毎日フェイスブックにアクセスしている人は、なんと全体の6割にも及ぶそうですよ。これは7億人以上にのぼると思われます。これだけの人が1日15分フェイスブックにアクセスしていると考えると、フェイスブックというのは大変な広告価値を秘めた媒体だということが分かります。

実際、フェイスブックは広告宣伝モデルをベースとしたマネタイズを図っており、1ユーザーから平均2.1ドルの収益を得ている計算になるそうです。北米ユーザーに限れば、平均6ドルにまで跳ね上がります。


【いいね!数】
フェイスブックがこれほど人気を博したのは、各人のエントリーに対して友達が「いいね!」(英語圏だとLike!)と簡単に意思表示できるところにあったのではないでしょうか。この点についても実に興味深い数字がCNNで示されています。

まず、1日あたりの総いいね!数。

フェイスブック全体で1日あたり押されているいいね!数をカウントしたところ、平均で60億回のいいね!が押されていたそうです。さきほど、月当たりのアクティブユーザーが約12億人、このうち毎日アクセスする人は6割いるとの情報を示しましたが、この数字を使って総いいね!数を割ってみるとどうなるでしょう。

答えは、1ユーザーあたり毎日8回のいいね!押下となります。

60億回という数字を見た時にはその膨大さに驚きましたが、これも肌感覚として「近い」と感じることができるレベルではないでしょうか。

ちなみに今までで最も多くのいいね!を集めたのは、オバマ大統領が2012年に再選した際、妻と抱き合っているシーンを写した写真でした。その数、なんと440万いいね!


他にもフェイスブック10年の足跡やトリビアがCNNの元記事には掲載されています。気になった人はぜひ参照してみてください。全編英語ですが、非常に単純な記事なので一目でわかります。

posted by 吉澤準特 at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 注目記事

2014年02月04日

JAL「不正アクセスされたけどパスワードは数字6桁で十分」
このエントリーを含むはてなブックマーク

JALマイレージバンクの不正ログイン&マイル盗難事件で、日本航空の広報担当が発表したパスワード強度の考え方がネット界隈で騒がれています。

ITmediaのニュースで以下のように報じられています。

『日本航空は2月3日、「JALマイレージバンク」のWebサイトに不正ログインがあり、一部ユーザーのマイレージが第三者によって引き落とされ、Amazonポイントに交換されていた可能性があると発表した。
(中略)
同社はメールとWebサイトを通じ、全ユーザー2700万人にパスワードの変更を依頼。JALマイレージバンクのパスワードは数字6ケタだが、数字だけのパスワードが脆弱という認識は「ない」(同社広報部)としており、ケタ数を増やしたりアルファベットを加えるなどの強化策は「検討していない」という。』
(「JALマイレージバンク」に不正ログイン、マイル盗む 数字のみパスワードの強化策は「検討していない」)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1402/04/news075.html


私もJALマイレージバンクを利用していますが、以前からパスワードの桁数が6桁短く、しかも数字しか使えないことに不満を抱えていました。その理由は次の2点です。


【1】パスワードの複雑度が低くて安心できない

多くの人がこの点に難色を示しているものと思います。パスワードがシンプルであれば「覚える文字が少なくて済む」という利点がありますが、裏を返すと、「他人から推測されやすい(クラッキングされやすい)」ということでもあります。

「数字、文字、記号で構成された長いパスワードを使用しましょう」

これはGoogleのガイドラインに示されているパスワード作成の注意事項です。皆さんの中には「それくらい当たり前」と考えている人も多いでしょう。ネット上のウェブサービスの中には、大文字・小文字・数字・記号から3種類以上を組み合わせたパスワードを作成するよう要求されることもざらにあります。

たとえば、パスワードの長さと解読時間の関係性を示した英国のレポートがあり、これによると、数字6桁のパスワードは15年前のパソコンを使っても、たった5分で解読できると述べられています。

(パスワードの長さと解読時間の関係性)
http://it-ura.seesaa.net/article/386979486.html

このようなトレンドの中で、いまだに6桁でしかも数字のみ入力可能であるというJALマイレージバンクのパスワードポリシーに不安を覚えるユーザーも多いです。事実、Twitter上ではこのことについて「不正アクセスを受けたのに、パスワードポリシーは数字6桁を維持ってバカすぎる!」との声が数多く挙がっています。


【2】他のウェブサービスのパスワードと兼用できない

さきほどのGoogleのパスワードポリシーには、ひとつひとつのウェブサービスに対して個別にパスワードを用いるべき、とありましたが、おそらく世の中の大半の人はそんな面倒くさいことを避け、いくつかもしくはすべてのサイトで共通のパスワードを利用しているのではないでしょうか。

これについて、セキュリティ専門家の現実的なパスワード運用方法を以下のリンクで示唆していますが、それでも大文字小文字や記号を組み合わせた8文字以上の文字列をベースにすることを推奨しています。

(安全性と使いやすさを兼ね備えたパスワードの作り方)
http://it-ura.seesaa.net/article/386979486.html

しかし、JALマイレージバンクでは数字6桁のパスワードしか許していません。ということは、このサイト用にシンプルで脆弱と考えられるパスワードをわざわざ覚えて運用しなければならないのです。私にとっては、これこそが最大の不満です。


ここまでの流れで、JALマイレージバンクのパスワード管理は大変な脆弱性を孕んでいると懸念を覚えた方はいることでしょう。しかし、これはJALだけの話ではありません。

冒頭のITmediaニュースにある通り、全日空のANAマイレージクラブは数字4桁のパスワード管理に留まっています。日本航空は、パスワード盗難が発生しながらも数字6桁のパスワード管理に脆弱性はないと宣言しています。

それはなぜでしょう。世の中には、数字4桁で運用している金銭に関わるサービスが多数あるので、それと照らし合わせて考えてみます。

たとえば、銀行ATMのログインパスワードは数字4桁ですし、携帯電話のネットワークパスワード(契約内容変更等に使うパスワード)も数字4桁で運営されています。しかし、これらは利用者の手元にキャッシュカードや携帯電話本体といった「認証デバイス」が存在していることを前提とした2重セキュリティになっているため、数字4桁であってもセキュア度合が根本的に異なります。

ではクレジットカードによるオンラインショッピングはどうでしょう。オンラインショップで入力するのは、カード番号と有効期限、それからカード固有のセキュア文字列です。これらの情報さえあれば、実物のクレジットカードを手元に用意する必要はありません。クレジットカード認証は、入力ミスが規定回数に達すると決済をロックするようになっているので、総当たりの入力によるクラッキングを防ぐ仕組みとしています。

この仕組みはJALマイレージバンクやANAマイレージクラブにも採用されています。つまり、ログインを規定回数失敗すると、アカウントをロックするのです。この仕組みがあるから、日本航空の場合、数字6桁でも脆弱性に問題はないと述べているように思えます。

この論理には一定の合理性があります。マイクロソフト社の技術サポートサイトでは、次のような見解が述べられています。

『(前略)オンラインのブルート フォース パスワード攻撃(総当たり攻撃)は何百万もの他のユーザー アカウントのパスワードの組み合わせを実行するのに自動化された方法を使用できます。 実行できる失敗したログオンの回数を制限する場合はこのような攻撃の有効性がほぼなくなることができます。(後略)』
(脅威とその対策: アカウント ポリシー)
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh125920%28v=ws.10%29.aspx

要するに、ログイン回数制限を設けることで、シンプルなパスワードであってもクラッキングされにくくなる、という理屈です。


JALマイレージバンクもANAマイレージクラブも、「@パスワードの文字数&文字種類アップさせるシステム改修費用」よりも、パスワードロックルールを設けることで残存する「A顧客被害時の補償金額」の方が相当小さいと判断したのだと思います。

しかし、前述のクレジットカード業界では、@よりもAの方が相当大きいと判断したため、オンライン認証(クレジットカード固有情報の入力+クレジットカード会社サイトでの複雑なパスワード認証)の仕組みを導入し始めています。

JALマイレージバンクとANAマイレージクラブのセキュリティ向上が果たされるには、Aが相当に大きくなる必要があるのでしょうね。

posted by 吉澤準特 at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話

パスワードの長さと解読時間の関係性、実践的なパスワード文字列
このエントリーを含むはてなブックマーク

私たちがインターネット上で使用するパスワードの強度と設定基準の考え方について、参考になる情報を収集しました。最初に、パスワードがシンプルであるということが具体的にどの程度のクラッキング時間に該当するのかを示し、これを踏まえてGoogleのガイドラインとセキュリティ専門家の見解を後述しています。

【パスワード長と解読時間の関係】
Lockdown.co.ukが2009年に行った試算によると、総当たり攻撃によるパスワードの解読時間は、次のとおりとしている。
http://www.lockdown.co.uk/?pg=combi&s=articles

・8文字の大小英数字および記号を含むパスワード
→高性能パーソナルコンピューターで23年間
→コンピュータ・クラスターで2.25年間
→スーパーコンピューターで83.5日
・8文字の大小英数字を含むパスワード
→高性能パーソナルコンピューターで253日間
→コンピュータ・クラスターで25.25日間
→スーパーコンピューターで60.5時間
・6文字の大小いずれかの英字だけのパスワード
→Pentium 100MHzのPCで5分間〜8.5時間


【Googleのパスワードガイドライン】

・メールやオンライン バンキングなどの重要なアカウントにはすべて固有のパスワードを使用する
・パスワードは簡単に見つからない秘密の場所に保管する
・数字、文字、記号で構成された長いパスワードを使用する
・自分だけが知っている語句を使うようにする

※「My friend Tom sends me a funny email once a day」という文を考案し、その文から数字と文字の配列を作って使います。たとえば「MfTsmafe1ad」


【安全性と使いやすさを兼ね備えたパスワードの作り方】

過去12年に渡り、大企業における盗用や詐欺、組織犯罪、企業スパイといった事例の調査に関わり、監視、コンピューター法科学、倫理的ハッキングなどについての著書もあるセキュリティのエキスパート、Brandon Gregg氏のアドバイスを参考に考察しました。
http://www.lifehacker.jp/2012/10/121019password.html

・「脆弱なパスワード」の3パターンを避ける
→簡単に推測/破ることができるパスワード
→忘れやすいパスワード
→多くのサイトで共通して使っているパスワード
・シンプルな英数字だけではパスワード無の状態とあまり変わりはない
・大文字と小文字、1つ以上の数字や記号を組み合わせた8文字以上のパスワードはまあまあ安全
・1つの複雑な基本パスワード+サイト別の要素はかなり安全
・2段階認証+自分すら知らないパスワードは非常に安全

※2要素認証により加えられるセキュリティーのレイヤーを、他者が通り抜けるのはほぼ不可能です。「普通の」パスワードを入力したあとで、さらにGoogleなどのサイト側からユーザーの携帯電話に送られてきたテキストメッセージを使うからです。ハッカーにとって(携帯電話に『FlexiSPY』のようなモニターツールがインストールされていない限り)他人の携帯電話を見るというのは難しいことです。さらにこの方法は、攻撃を受けた際の警告にもなります。もし、午前2時に突然認証コードが携帯電話に送られてきたとしたら、それは以前に付き合っていたガールフレンドが、あなたのアカウントを開こうとしているサインかもしれません。

posted by 吉澤準特 at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | リンク紹介





【IT業界の裏話】過去コラム(No.1-337)
[ TOP ]IT業界の裏話

▼ IT業界の人々
「内製率を高めたい」のに「世界...
人の話を聞かないIT技術者の...
コンサルを目指す学生との対話...
IT業界、悪魔の辞典『ヒト編』
改善は「自分が楽をすること...
近くて遠きもの、プログラ...
IT企業が求めるプログラマ...
ITプロの3割が機密情報に...
10年働くソルジャーが欲しい...
PGとSEの仕事の面白みは何...
メールをすぐ返信する人、しな...
├ ITコンサルタントになる方法
我がコードは我流。我流は無...
欧米人がグリーンITに積極的...
実は変化など望んでいないエ...
├ 実はコミュニケーション能力に...
IT業界人は自分のドッグフード...
IT業界を不人気にした重鎮...
IT業界の変わった人々
電子メール禁止!ゼロメール...
名言集−運用フェーズ−
システム開発における名言集
失敗から学ぶ人、学ばない人...
SEに多いコーチングタイプは...
あなたのコーチングタイプは...
ITエンジニアの年収公開サ...
CTCは何の略?
会議は踊る、されど進まず...
繰り返し使われるメールアド...
遅刻しそうなので面接受け...
社内SEが人気を集めている...
サポートセンターの悪夢
IT業界に向いていない人
日本の夏、熱暴走の夏
客前で後ろから刺される
システム障害でクビが飛ぶ人
病欠って何ですか?
昼休みって何ですか?
Windowsに弱いIT技術者2
Windowsに弱いIT技術者
エンジニアは音を伸ばさない
話しにくい人
転職する人しない人
サイコロ一振りで給料を決め...
コンサルがお絵描き好きなの...
コンサルの報酬額って?
ITコンサルとSEの違い
SEのITリテラシ
公私のケジメ

▼ 仕事のやり方
客先で自分のPCが差し押さえられ...
「闇リリース」は善意でやっても...
新人のための7つのワークハック...
仕事の質を落とさないメソドロ...
組織が150人を超えると仕事の質...
世界最大のコンサル会社が最低...
IT業界、悪魔の辞典『SI編』
パワーポイントを紙芝居に貶め...
日本と米国の違い:ベンダーサ...
定時退社日に罪悪感を感じるIT...
ストレス厳しい職場を生き抜く...
おまえが呼ぶな、俺が呼ぶ「ハ...
ITプロレタリアートは多機能工...
図表をリッチにする5つのシン...
セクシーパワーポイント道
エンジニア御用達のIT誌
メールコミュニケーションを200.
├ ニッポン・エンジニア・レボリュ...
ITのプロって何ですか?
クールビズにも限界、冷房28...
真夏に長袖!なのに裸より涼...
測定しにくいものを測定する方...
山田さんの使いやすいシス...
SEの品格
コンサルの品格
ダメシステムはひとまず葬れ
眠気対策アイテムを考える
長篠メソッド
ITサポートがユーザーに教え...
資格の価値
出張先のホテルでインターネ...
お口の恋人
絶対に潰れない会社の悩み
エアエッジが必要になる理由
ハイプ曲線+キャズム理論
ユンケル黄帝液とスーパー黄...
一貫性が信用を生む
デビルズ・アドボケイト
落とし所を見定める
クライアントの良き友人たれ
キャンペーンでたたみかける
比較で暴利をごまかす
権威を活用する
ヒヤリハットの考え方
密談のタバコ部屋
「えいや」で決まる、魔法の言葉
海外テレカンの心得
IT業界でうまく生きていくコツ
ポンチ絵
仕事と作業の違い
上司に背を向けると怒られる?
ロケットスタートのススメ
人の考えを利用すべし
「見える」化
仕事の範囲
ワークシートのススメ
フローチャートの基本
仕事のやり方、片付け方
もんたメソッド
高橋メソッド
作業時間の見積り方
仁義を切る
アクションプラン
ミーティングと議事録
ベンダー選定の基準
ITと数学
レスポンシビリティとアカウンタ..
仕事の密度
リクルーティング
ドキュメントプロパティ
クライアントが納得する答え

▼ 仕事の環境
こんなのITのプロらしい仕事...
デスマーチに陥るお決まりパ...
外資が休暇を大切にする”真”...
HTMLメールとテキストメール...
ペーパーレス化が紙の無駄...
携帯電話のSDカードも禁止す...
人々は安定性と安全性の両方...
カタカナ会社はあやしい会社?
サービスリリースの落とし穴
IT業界の職場環境
IT業界の労働環境悪化は...
英語の必要性
正月出勤
年末年始の過ごし方
止められないコンピュータ
動かないコンピュータ
リリース直前の危機

▼ IT業界の動向
クラウドプレイヤーの名言集...
ネット史上最大の惨事、マイクロ...
ベンダー努力を台無しにするIFRS...
電子政府構想は無駄遣いの温床...
NASAのレポートがIT業界に与える...
中国当局によるプログラム盗用は...
コンサルもSIerもいらない内製...
中国のソースコード強制開示制度...
IBMは当て馬、Oracleが演出する...
PWCCが復活、ベリングポイントを...
IBMに喰われたSun、IT業界に訪れ...
ヤフー、自社データセンター所有...
自分が決めたルールに違反するGo...
SOAは死んだ
データセンターを巡るIT業界三...
├ リーマン破綻にみる米国証券業界...
IT史に輝く「すべったテクノロジ...
冷却を必要としない常温データ...
過去のIT業界10大予測を振り...
├ エンジニアよ、大志を抱け!
├ 黒箱襲来!コンテナがDC...
IT業界進化論: SIer 2.0を目...
IT業界がダメな理由を学生の...
IT業界温室効果の1/4はDC...
新生ニコニコ動画、ニコンド...
システム前線異常アリ!ゆう...
ニコニコ動画は文化の架け橋
Web2.0の向こう側〜サードリ...
セカンドライフだけで宣伝の...
国家戦争にも利用されるDDo...
DoCoMo2.0に見る情報格差...
DoCoMo2.0とWeb2.0
ITIL準拠という幻想
システム障害訓練の日を制...
WAONとnanacoが提携したい...
NTT東西の野望〜光回線編...
mixi招待制の綻び
Vistaが売れない理由
独自仕様に走り過ぎて泣き...
米国事情から見る日本のIT...
MVCからAjaxへ
外字ってなんですか?
Sunがx86サーバにIntel採用...
やりたい放題バッドウェア!
アウトソーシングという名の幻...
ソフトバンクモバイル、MNP停...
やっぱり止まったソフトバンク...
あらゆる意味でやり過ぎの...
経営者不在の日本版SOX法...
働いてみたいIT企業ランキン...
サーバの進化がデータセン...
_システム運用にRSSを活用
電力線通信が認可される日...
携帯メールはSSL通信よりも...
経営者不在の日本版SOX法...
Microsoftがサイトリニューア...
停電に脆弱なシステム
システムは誰のためにある...
ITILで運用が楽になる?
進化するコールセンター
Vacademy
IT業界にロングテールはある...
時間をお金で買う
あなたの猫はコンピュータウ...
個人情報保護法の範囲
あなたvsプロジェクト構成管理
ドラマ24にみるシステム最前...
次世代トレンドと枯れた...
日本版SOX法の施行に向け...
新しいWindowsはWeb決済...
地震に強いシステムをお持...
IT Doesn't Matter
SOAと分散コンピューティン...
各社で定義が異なるESB
おサイフケータイに見...(2/2)
おサイフケータイに見...(1/2)
子会社のシマを荒らす親会社
アインシュタインに学ぶソフ...
公職選挙法とインターネット
マイレージ負債
インターネットの舞台裏:海底...
ゼロ・クライアント
サーバのトレンド
外資系パッケージベンダー

▼ 業界の構造
対極にあるIT業界とコンビニ業...
IT業界は成果報酬型のサービス...
特定ベンダー以外をふるい落と...
欧米人なら爆笑するレベルと...
IT業界が詐欺師集団と言われる...
IT業界の格差社会、年収200...
├ 新基準導入でデスマーチがな...
公式では言えないニコニコ動...
├ コンサルとアプリ開発者、格差...
システム運用はIT業界の最下...
テストフェーズの呼び方は千...
2000年問題再来!?サマー..
減り続ける正社員の割合
労働局が偽装請負の抜け道...
会社貸与のPCは何年償却?
ITIL Foundationを2万円で買..
IT製品もイメージ重視?
お試しできない製品は売れない
IT業界は無免許制
どんぶり勘定
標準価格と提供価格
ソフトウェアライセンス
社外秘の秘密度合
偽装請負 
システム開発の流れ7 テス...
システム開発の流れ6 開発...
├ システム開発の流れ5 開発...
システム開発の流れ4
システム開発の流れ3
システム開発の流れ2
システム開発の流れ1
IT業界の構造

▼ 業界ランキング
SIerランキング2005
コンサルランキング2005

▼ その他
「幣社」という表現は相手を見下...
コミュニケーション力の不足は...
聞く耳を持たないYahooニュース...
黒デスクトップ事件に見る中国...
ITコンサルから見たブラッディ...
違法ダウンロードでネット追放...
就職難民=不出来な学生とい...
モンスターペアレント、会社襲来
あえて言おう、Yahooの掲示...
プログラマ向きなカフェをオー..
├ Japan Brog Award 2008を..
日立さん、IT大喜利をもう一度
インターネット上の信頼できる...
IT業界でありそうな迷惑勧誘...
倒産してもカネを要求する悪2...
倒産してもカネを要求する悪1...
├ 枯れた技術の水平思考で
├ ずさん極まりない環境保護ラ...
世界の奇妙な法律を集めた...
50万円のキーボード
洋楽を1曲10円で購入できる...
CNETとZDNetは同じ会社
情報の価値(情報商材)
コンパイル1回12時間の世界
楽天ポイント事件
楽天ポイント事件〜利用者...
楽天300ポイント付与で謝罪
ライブドア強制捜査
└ ネットワークベンダー