TOP業界裏話注目ニュース徒然コメントリンク紹介


2016年11月30日

坂本竜馬がもしパワーポイントを使っていたら・・・ ビジネスパーソン必見
このエントリーを含むはてなブックマーク

「坂本竜馬がもしパワーポイントを使っていたら・・・」

そんな設定で作られた「薩長同盟のご提案」資料が、今、私の中で盛り上がっています。作ったのは、なんとマイクロソフト。自社サイトで公開されています。

素人が作ったお遊びのスライドではありません。全22ページ、下の抜粋を見てもらえばわかると思いますが、とてもクオリティが高く、「F5]を押してスライドショーで見ると、高度なテクニックの数々に度肝を抜かれます。

WS000004.JPG

WS000006.JPG

坂本竜馬が、

・西郷隆盛と桂小五郎のディスカッションを移動中はメールとskypeミーティングでフォロー
・到着即同盟締結を実現するスピードプランを提案

というところは笑うところですが、笑えないくらいに関心してしまうのが、このパワーポイント資料の随所に盛り込まれたスライド作成テクニック。

「動画挿入」、「画面遷移」などで、私が今まで使ったことが無かった活用もあり、教材として大変参考になりました。このスライドとまったく同じように作ることができれば、人に指導できるレベルのスキルに達しているといえます。

しかも、このスライドはPowerPoint2016の最新機能「ズーム」を多用しており、これがとても効果的に使われています。

この資料をPowerPoint2016よりも前のバージョンで開くと、「まあうまくできているスライドだな」という感想で終わりますが、2016で開くと、「ズーム」機能が実に心地よく、画面遷移や図表のアニメーションも一線を画した振る舞いです。

PowerPoint2016があれば、ズームモーションで人気の高い「Prezi」はもう必要ない、といえるくらいです。Preziは「パワーポイント以来の革命」と呼ばれることもあるプレゼンツールですが、今度のPowerPoint2016は「Prezi以来の革命」と呼んでもよいくらいの出来だと思います。

このエントリーはマイクロソフトのステマではありませんが、もしあなたがPowerPoint2016をすでに持っているなら、是非この「薩長同盟のご提案」をダウンロードしてみてください。スライドショー(F5を押す)で最初から流すと驚きます。

ビジネス系のパワポ資料ばかりを作っている人は感動すること請け合いですよ。

posted by 吉澤準特 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2016年03月21日

会社に入って一番役立つスキルはいったいなにか?
このエントリーを含むはてなブックマーク

会社に入って一番役立つスキルはいったいなにか?

ロジカルシンキング、英語力、ファシリテーション。いろいろありそうですが、ほとんどの職種の人に共通して必要とされるスキルはそれほど多くありません。しかも、新入社員のうちから持っていた方が望ましいものという条件を付ければ、さらに絞り込まれます。

そうした厳選スキルの中で、私がもっともオススメするのは「資料作成」です。

上司・同僚・関係者へのホウレンソウ、会議における参加者との認識合わせなど、会社に入って覚える仕事では、直接話して相手に伝える方法と、資料を使って相手に伝える方法の両方を使います。

学生生活を通じて、相手に対して口頭でコミュニケーションする機会は無数にありますが、資料を使ってコミュニケーションすることは多くありません。しかも、ゼミや研究室の活動で作成するレポートなどは、ビジネスシーンにおける資料とは性質が異なるため、作り方も全然違います。

つまり、会社に入った直後、ビジネス用の資料作成スキルに秀でた人間はほとんどいません。そして、自分の周囲に資料作成スキルの高い人がいない限り、どうやって高品質なビジネス資料を作ればよいのか教わる機会はありません。

自分の周りにそういう機会が少ないなら、そういう機会に恵まれたところで何を教わることができるのか、調べてみればよいのです。私が今回執筆した「マンガでやさしくわかる資料作成の基本」という本は、まさしくそれを追体験できる仕組みにしています。

manga_siryo_sakusei2.jpg


manga_siryo_sakusei.jpg

資料作成というものを学生時代には全然やってこなかった主人公が、社会人1年目で徐々に覚えていく様を通じて、読者の方々にもその成長を実感できるようにしています。

あなたがどんな資料作成タイプなのかを診断できるシートもついています。オンライン上にも用意しているので、まずはそちらであなたのタイプを調べてみると面白いですよ。

『あなたのビジネス資料作成レベル診断』
http://www.canter.jp/it-ura/doc_skill_check/

posted by 吉澤準特 at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2016年02月14日

資料作成を勘違いしている人へ贈る、3つの基本
このエントリーを含むはてなブックマーク

あなたがビジネスパーソンであれ、学生であれ、誰かに見てもらうための資料を作るのであれば、ぜひ、これから書くことを意識してほしいのです。

というのも、ここのところ立て続けに「どうしてこうなった?」と頭を抱えてしまう資料に出会ってしまったからです。いずれの資料も、言いたいことはなんとなく分かりますし、こちらに求めていることもそれとなく分かりました。でも、それらの資料は私が分かっただけでは十分ではなくて、部長や役員などの意思決定ができる人にも納得してもらう必要があったのです。そして、そうした肝心の人たちには納得してもらえませんでした。

どうして自分の言っていることを受け入れてもらえないのでしょう。説明する直前までは、「この資料で説明すれば納得してもらえる」という可能性を考えていたわけですよね。

でもダメだった。原因はいくつかあるでしょう。

■原因A:
「運が悪かった」

まれにこういうことはあります。相手の機嫌が悪くて、何を言っても「No」と反応される。こういうときはどうしようもありません。また、相手の都合がよく変わり、全然説明する時間がなかったということもあります。対処方法はあるものの、資料そのものが悪かったわけではありません。

■原因B:
「もう決断された後だった」

相手が心づもりを決めてしまったのなら、どんなに分かりやすい資料を用意しても説得は困難です。これも資料自体が悪かったわけではありません。

■原因C:
「資料の情報が足りなかった」
「自分の考え方が浅かった」
「相手の理解力が足りていなかった」
その他もろもろ

上記2つ以外は、資料作成のやり方に問題があったからです。相手の理解力云々で愚痴を言いたくなる場面もあるでしょうが、それもあなたの作る資料の構成次第で改善が見込めます。少なくない人がこの原因を軽視したり、対策を見誤っていますが、勘違いをしてはいけません。大半はあなたの「準備不足」や「一方的な考え方」によって引き起こされているものです。根本的な資料作成の段取りを見直すべきです。


最初に触れた「どうしてこうなった?」と思ってしまう資料は、すべて原因Cによる失敗でした。でも、これら原因は、資料作成の一番最初にやるべきことを押さえておけば、多くを避けることができます。それをやっていないために資料の作り直しで無駄な時間を費やす人たちをここ最近多く見てきたので、改めて注意を促します。


【資料作成の基本1】
WHO: 誰のためにつくる資料なのかを決める

業務の効率性を高めるITシステムを導入する場合であれば、投資判断をする人は費用と効果の情報を知りたがりますが、実務を担当する人はその使い方と作業の軽減度合を知りたいと考えます。

最終的にその資料を誰に見せるのか、それが決まれば資料の立てつけも決まるのです。


【資料作成の基本2】
WHAT: 何のためにつくる資料なのかを決める

単なる情報共有なのか、相手に意思決定をしてほしいのか、その違いによって資料のつくり方は変わってきます。たとえば、情報共有を目的とした資料は、最初に報告要旨(サマリー)をつけること。その部分だけを読んでも概要を判断できる構成は、読み手の時間を節約するので喜ばれます。

逆の場合もあります。大まかな理解ではなく、細部も把握しておきたいと考える相手であれば、エクセルを使って明細表を用意してあると喜ばれます。

資料を使って相手に何をしてほしいのかを最初に決めておけば、資料フォーマットと内容構成も自然に決まるものです。


【資料作成の基本3】
WHY: 基本1と2の組み合わせが正しいことを確認する

資料を作るのであれば、ねらい(WHAT)に対して最も効果的に行動してくれる相手(WHO)に向けて作るべきです。

たとえば、営業システムの提案だから営業部長向けに提案書を作ったのに、情報システム部長の判断の方が優先されて不採用となったという失敗話は、設定した「ねらい」と「相手」がかみ合っておらず、資料のロジックに妥当性が欠けているために起きます。

資料作成を進めるうちに新しいキーパーソンの存在が判明した場合には、WHOにその人物を含め、資料内容に修正を加えなければなりません。

 

資料とは、何かを確認したり判断するための材料であり、誰かに活用してもらうために作るものです。

資料作りなんて時間をかける必要はない、業務や議論の中で役に立つ最低限のレベルで十分、そう考える人は多いでしょうし、私もそう思います。しかし、世の中にはその最低限のレベルにさえ達していない資料がとても多いのです。

資料作成で最初にやることは何であるかと尋ねたとき、多くの人は「内容を考えること」だと答える。間違ってはいないが、具体的にどうするのかさらに尋ねると、「パワーポイントを開いて目次を作り始める」、「エクセルを開いて表を作り始める」といった資料そのものを作る行為を述べる人が少なくない。

しかし、この考え方は完全に間違っています。

資料作成に取り掛かった段階で多くの人が経験する非常に残念なトラブルは、作成者の勝手な思い込みで、依頼した側が意図しない形で資料が作成されてしまうことです。
資料作成側の努力によってこうしたトラブルを避けるためには、作成依頼を受けた時点で、「相手に資料を見せる時にはどのような形になっていれば良いか」を確かめておく必要があります。

このエントリーで取り上げた3つの基本を守ってもらえるだけで、相手が歩み寄って理解してくれる資料に近付きます。

まったく複雑なことではありませんが、資料の方向性を決めるこの段取りを疎かにすると、資料の真の読み手との間のズレがどんどん開いていき、やり直しを要求される範囲がぐんぐん拡大していきます。それだけは避けましょう。

参考までに、私が実践している資料作成時のコツをリンク先に列挙しておきます。

『外資系コンサルの資料作成術を鵜呑みにしてはいけない』
http://it-ura.seesaa.net/article/403001958.html

私の周りにいる人だけではなく、これから社会人としてビジネスの現場に出てくる新入社員、就活に勤しんでいる学生の方々にもぜひ知っておいてほしいです。そして、少しでも無駄な資料作成の時間を減らして、労働時間を減らしてください。

posted by 吉澤準特 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2015年10月20日

仕事がときめく資料の作り方
このエントリーを含むはてなブックマーク

これまでに何万枚もの資料を作成してきましたが、「この資料は見た目がクールだ!」と実感できる、見ているだけでワクワクするものを作れたときには、ステークホルダーからあっさりと期待通りの結論を得ることができていました。

一方で、「なんだか見た目が気に入らない」と思う資料を使っての説明は、いつも苦戦しながらだったように思えます。

その理由を自分なりに考えてみると、良い結果・悪い結果の分かれ目は「その資料にときめきを感じるかどうか」でした。たしかに、見た目が美麗・すっきりまとまっているといった資料が目の前に出てきたら、「分かりやすい資料かも?」とポジティブなバイアスで捉えてしまう人が多いでしょう。

数年前に「ときめき」をキーワードにした片づけ術が世を席巻しましたが、仕事における資料作成でも「ときめき」がカギになる場面があるなぁ、と改めて認識した次第です。

そこで、私がこれまで実践してきた資料作成の王道手法の中から、「ときめく資料」を作成するために使えるテクニックをまとめておこうと思います。

 

【ときめく資料の王道】#1 カラー

ときめく資料になるかどうかの80%(個人的感想)はカラーで決まります。

たとえば、以下のリンク先にあるパワーポイントを見てください。フォントカラーを濃緑色に統一して作成されたスライドです。これの表紙スライドだけを見て、あなたはワクワクできるでしょうか。

それではこのスライドの表紙を見て、あなたはワクワクできるでしょうか。

私は後者の方がワクワクできました。多くの人もそうだと思います。一見するとフォントや文字の配置が原因だと思えたりもするのですが、実際に上記のスライドの文字が1つめに取り上げたスライドで使われた緑色であったら、と想像してみてください。

※色を変更したバージョンのアップは省略します

なぜ色使いだけで感じ方に大きなインパクトがあるのか。それは、最初のスライドが「混色系」で、次のスライドが「顕色系」で描かれているからです。

混色系は、Web上での色指定でおなじみのRGB形式(色を全部足すと白)や、印刷時のプリンタインク指定で登場するCMY形式(色を全部足すと黒)があります。

一方で顕色系には、マンセル表色系などがよく知られています。これらの色の違いとそのインパクトについては以下のスライドが詳しく説明していました。

フォントの設定や図形・グラフの使いこなし、余白やレイアウトの工夫も重要ですし、一般的なビジネス資料を作るだけなら、まずそちらから定石を学んだ方が良いと思います。

ですが、まずは色使いを理解するところから入った方が「ときめく」資料を作る早道だとだと私は考えます。それほどまでにカラー設定の違いから受けるワクワク感のあり無しは大きい、というのが個人的感想です。

ちなみに、パワーポイントなどのオフィス製品ではRGB形式で色を指定するしかありませんから、マンセル表色系をなんとかRGB形式に変換しなければ使いこなすことができません。

これについては以下のサイトが変換表を公開されているので、参考にしてみることをお勧めします。

『マンセル色見本表(マンセル表色系)一覧表』
http://www9.plala.or.jp/minordaimyo/mcs.html

posted by 吉澤準特 at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2013年09月19日

仕事を効率化する15の(人を)動かす技術
このエントリーを含むはてなブックマーク

前々々回エントリー前々回エントリー前回エントリーに引き続き、「外資系コンサルの仕事を片づける技術」をベースにして、類書にどんな仕事術のコツが書かれているかを整理してみました。対象としたのは、世の中で比較的よく読まれている仕事術の本(ベストセラー)です。

<比較するベストセラーの仕事術の本>
・99%の人がしていないたった1%のコツ
・あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール
・一瞬で大切なことを伝える技術
・入社1年目の教科書

※仕事を効率的にこなしたいと思う人はたくさんいると思います。そうしたニーズを受けて、世の中には仕事術の本がたくさん出回っているわけですが、本によって書かれていることに違いがあります。そこで類書と比較しながら、頻出のコツはなんであるかを調べました。

_

【動かすスキル編】

<分類:基本姿勢>
★★★
・目的とゴールを参加者へ周知してから会議をはじめる
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→目的とゴールを事前に共有する
→会議の趣旨を明確にする
→シナリオを考え時間を区切る(進行管理)
→会議の準備、本番、フォローは1:1:1になるように手間をかける

★★
・あいまいな判断で会議を終わらせない
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→会議後のアクションはその場で決める
→必要以上に摩擦を恐れない
→プレゼン者は簡潔に説明し、最後まで聞く
→質問前にみんなで3分考える
→論点に影響しない付加価値のない発言で終わらせずに賛否をはっきりさせる
→決を採る方法を曖昧にせず決めておく

★★
・意見を出しやすい雰囲気をつくる
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→小グループで話し合い、代表者に発言を集約してもらうことで、身内で論点をまとめてもらう
→ホワイトボード、フリップチャートを使って論点を明確にする


・上司の目線でやるべきことを考える

<分類:議論の進め方>
★★
・仕事を頼む時には依頼と期待を伝える
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→人には動いてもらう→プロは期待に応える

★★
・反論するには、相手の理を認めた上で妥協案を添えて問いかける
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→反論を伝えるときは代案を添える
→目上の人の意見への反論は「あえて言わせてください」と前置いて話す


・結論を言わせて当事者意識を持たせる
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→相手に結論を言わせる


・会議が脱線しないようにファシリテートする
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→話題を脱線させない
→誰に対しても平等に扱う
→勝手にしゃべらせない


・相手のコミュニケーションタイプに応じて対応スタイルを変える
(実用/低リスク/こだわり/協調)

(類書にも書かれていた関連するコツ)
→席順に配慮する(対話しやすい位置関係)
→多重人格になる→相手に合わせて性格を変える

<分類:議事録の作り方>
★★★
・議事録は率先して書き、当日中にレビュー依頼を出席者に出す
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→議事録は当日出す
→頼まれなくとも議事録を書く

★★★
・議事録は分かりやすい表現でシンプルに書く

★★
・議事録は時系列ではなく議題単位で整理する
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→議事録は時系列で書かない

<分類:BATNA/ZOPA>
★★
・事前に反対意見を確認して対策を立てる
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→根回しをする
→反対意見を事前確認して対策を立てる

★★
・相手のKOFを避けて落とし所を受け入れさせる


・ハイボールを投げて相手の出方を伺う

posted by 吉澤準特 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

仕事を効率化する10の段取る技術
このエントリーを含むはてなブックマーク

前々回エントリー前回エントリーに引き続き、「外資系コンサルの仕事を片づける技術」をベースにして、類書にどんな仕事術のコツが書かれているかを整理してみました。対象としたのは、世の中で比較的よく読まれている仕事術の本(ベストセラー)です。

<比較するベストセラーの仕事術の本>
・99%の人がしていないたった1%のコツ
・あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール
・一瞬で大切なことを伝える技術
・入社1年目の教科書

※仕事を効率的にこなしたいと思う人はたくさんいると思います。そうしたニーズを受けて、世の中には仕事術の本がたくさん出回っているわけですが、本によって書かれていることに違いがあります。そこで類書と比較しながら、頻出のコツはなんであるかを調べました。

_

【段取るスキル編】

<分類:基本姿勢>
★★★
・ToDoリストを毎日更新する
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→毎日ToDoリストを作る

★★★
・仕事の所要時間は頭に思い浮かんだ倍の時間を想定する
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→他人の時間を無駄にしない
→自分の能力以上に仕事を引き受けない
→締切は絶対に守る
→頼まれたことは必ずやりとげる

★★
・作業の本質を理解して+αをやる
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→全体のシナリオを作成する(資料作成)

<分類:作業の効率化>
★★★
・資料は骨子レベルでレビューしてもらう
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→早め早めにチェックを受ける
→50点でいいから早く出す

★★★
・10分調べてもわからなかったらほかの人に聞く
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→一人で抱えず、自力で検討が難しくなったら他人を頼る

★★
・繰り返し発生する作業はルーチン化する
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→単純な作業はあらかじめ仕組化しておく

<分類:GTD>
★★★
・仕事は「着手する個々の作業」に分解する

★★★
・時間のかからない依頼はすぐに対応する
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→メールはすぐに返信する、すぐやる
→頼まれたものはすぐやろう
→返事は当日中にする
→判断は素早く行う
→メールは24時間以内に出す

★★
・リードタイムと期限から作業の取組順序を決める
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→優先順位を決める
→作業時間を逆算して取り組もう
→自分の予定を正直に周りに伝えて、時間調整のコンセンサスを得る
→何のためにやる作業なのかを確認して作業優先順位や付加作業の必要性を判断する
→人との面会時間の調整(アポ取り)を優先的に着手する
→相手の時間を先に抑える、資料準備の期限が早期に明確になることで作業効率が上がる

★★
・アナログとデジタルでGTDを簡単にする

posted by 吉澤準特 at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2013年09月17日

仕事を効率化する13の伝える技術
このエントリーを含むはてなブックマーク

前回エントリーに引き続き、「外資系コンサルの仕事を片づける技術」をベースにして、類書にどんな仕事術のコツが書かれているかを整理してみました。対象としたのは、世の中で比較的よく読まれている仕事術の本(ベストセラー)です。

<比較するベストセラーの仕事術の本>
・99%の人がしていないたった1%のコツ
・あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール
・一瞬で大切なことを伝える技術
・入社1年目の教科書

※仕事を効率的にこなしたいと思う人はたくさんいると思います。そうしたニーズを受けて、世の中には仕事術の本がたくさん出回っているわけですが、本によって書かれていることに違いがあります。そこで類書と比較しながら、頻出のコツはなんであるかを調べました。

_

【伝えるスキル編】

<分類:基本姿勢>
★★★
・伝える内容は小分け&シンプルにする
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→一番伝えたいこと(結論)を短く伝える
→一度に伝えることは1つに絞る
→段落ごとに区切って伝える
→一番大きな理由を伝える
→相手の理解力の壁を下げるために一番大切なことをはっきりさせる

★★
・メールでは一歩踏み込んで内容を伝える
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→一歩踏み込んだ内容になる
→メールの往復を防ぐ
→情報は整理してから伝える
→伝えたいことを短冊にして端的に伝える
→話すことで考える
→自分で整理したメモを見せながら質問をする。


・改善目標と現状の制約を整理してから相談する
→自分の中の過去を捨て、ゼロベースで最適な選択肢を探す

<分類:情報の伝え方>
★★★
・名前を呼び掛けてから伝える
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→宛先を明確にする

★★★
・選択肢ごとの違いをハッキリさせる
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→重み(内容の重要性)と差(選択肢感の軽重)で話す
→取り得る選択肢を比較して重要度の差をはっきりさせる

★★
・空中戦を避けて具体的に確認する
→ホワイトボードを使う

<分類:資料の作り方>
★★★
・説明を聞かなければ分からない資料は作らない
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→パターンを頭に入れる
→相手に伝わりやすいフォーマットを使う
→プレゼンテーションには必ず文章で要点を添える

★★
・パワポの資料はアウトライン記述法
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→中央揃え、フォント合わせだけでも行う
→空白と文字は3:7にする
→左から右、上から下に流れるよう資料をつくる

★★
・メールの件名だけで内容と緊急度が伝わるようにする
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→メールの件名を工夫する

★★
・やりとりは必ず証跡を残し、メールと口頭で確認する
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→メール証跡を残す
→優先順位は対面→電話→メールで伝える
→連絡はメールと電話の両方を使う
→メールだけだと勘違いのもとになる

<分類:PAC思考>
★★★
・最終的な目的を共有する
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→夢をかなえる(目的を達成する)具体的な着手アプローチを設定する
→全体のシナリオを作成する(資料作成)
→目的を考える

★★★
・前提/仮定/結論に分けて論理の飛躍を見つける
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→定量、定性、事実で説明
→論理性のある根拠(定量、定性)で説明する
→自分以外の権威者の意見を活用する
→ファクト(行動と結果)を信用する

★★
・結論は必要最小限の前提とともに示す(口頭、メール、資料すべて共通)
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→定量、定性、事実で説明
→報告書は最初に結論を書く
→聞かれたことを最初に答える
→相手と情報レベルをそろえる
→要点を先に言う
→メールも結論を最初に書く
→結論から伝える
→結論から先に伝える
→結論に必要な前提だけを最初に伝える
→メールの文面は簡潔にして結論から先に示す。

以上です。

今回紹介した伝えるスキルの前提にあたる「仕事術の基礎編」と「聴くスキル編」については、以下リンクを参照して下さい。

『仕事術のベストセラーに学ぶ:仕事を効率化する7つの基礎、15の聴く技術』
http://it-ura.seesaa.net/article/374956921.html

posted by 吉澤準特 at 16:22 | Comment(0) | プロフェッショナル仕事術

2013年09月16日

仕事を効率化する7つの基礎、15の聴く技術
このエントリーを含むはてなブックマーク

仕事を効率的にこなしたいと思う人はたくさんいると思います。そうしたニーズを受けて、世の中には仕事術の本がたくさん出回っているわけですが、本によって書かれていることに違いがあります。

そこで、「外資系コンサルの仕事を片づける技術」をベースにして、類書にどんなことが書かれているかを整理してみました。対象としたのは、世の中で比較的よく読まれている仕事術の本(ベストセラー)です。

<比較元とする仕事術の本>
外資系コンサルの仕事を片づける技術

<比較するベストセラーの仕事術の本>
99%の人がしていないたった1%のコツ
あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール
一瞬で大切なことを伝える技術
入社1年目の教科書

比較元の本には★印で仕事のスキルの難易度が明記されている(★★★:新人レベル、★★:中堅レベル、★:ベテランレベル)ので、それをベースとして、仕事術のベストセラー本に書かれているコツを列挙しています。この一覧を使って★印の多い順に自分の仕事のやり方の効率性を見直してみると良いとかと思います。

なお、それぞれの仕事のコツについて、具体的なやり方が気になった場合は、各書籍を直接読んでみてください。「内容は気になるけど、購入するのはちょっと・・・」と思っている人は、とりあえず、無料で1章分を読むことができる以下のダウンロードをお勧めします。

『外資系コンサルの仕事を片づける技術:特別抜粋版(1章+2章の一部)』
http://it-ura.up.seesaa.net/item/report_request_it-ura-011.htm

_

【仕事術の基礎編】

<分類:MECE>
★★★
・体系的に要素をならべる

★★★
・要素を重要度で比較する
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→大事でないものは切り捨てる

<分類:ロジックツリー>
★★★
・一貫性を持って考える
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→流れるような説明をする:森、木、枝葉の順で話をする
→塊とつながりをはっきりさせる
→全体像を見てつなげる

★★★
・個別の意見と論理全体のルールをはっきりさせる


・ルールを疑う

<分類:インプット・プロセス・アウトプット(IPO)>
★★★
・あらゆる要素のインプット・アウトプット(関係性)とその強さをはっきりさせる
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→つながりの向きと太さを明確にする

★★★
・アウトプットの形を意識してインプット情報を集める
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→情報を収集したらアウトプットする:自分に当てはめたらどうなるかを考える

_

【聴くスキル編】

<分類:基本姿勢>
★★★
・相手の話は最後まで聞く
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→話をかぶせない
→話したい誘惑を抑え、相手の話を最後まで聞く

★★★
・常にメモとペンを持ち歩き、相手の意見と自分の考えを書きとめる
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→ToDo表、スケジュール表を扱うテクニックのページを参照させる
→メモをたくさんとる
→アイデアや注意点はすぐに書きこもう
→どんな場にもペンとメモを持参して要点を書きとめる

<分類:情報の引き出し方>
★★★
・自分なりの答えを持ってから質問する
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→話をコンパクトに伝えるPAC思考のテクニックページを参照させる
→まず自分で答えを出してから相手に聞く

★★★
・相手の質問には正面から答える
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→尋ねられたことに正面から答え、質問が曖昧な場合はその意図を確かめる

★★
・相手の主張は理由と結果に分けて深掘りする
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→完成した仕事を追及する
→次に進められる形に整理してホウレンソウ
→相手が希望している選択が他と比べてどんな差があるかを明確にする

★★
・英語で情報収集する基礎を身につける
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→まずは英語を素早く読めるようになる


・海外から発信される情報を活用する
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→使う場面を強制的に作る

<分類:情報のまとめ方>
★★★
・得られた情報を事実と推測に分ける
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→事実と推測を分ける

★★
・論理的な考察と主観的な感想を分ける
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→論理と感情を分ける
→情報を調べるなら原典にあたれ
→グラフは恣意的な表現になっている

★★
・問題とリスクと課題に分けて管理する
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→課題と懸念事象を分けて考える

<分類:聴くタイミング>
★★★
・聞くタイミングに気を付ける
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→聴くタイミングに気を付けよう
→相手の都合に配慮しつつ、緊急性を意識する

★★
・ちょっとした質問はチャットを使ってクイックにコミュニケーションする
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→チャットを利用する
→同時性がありながら履歴が残る

<分類:アクティブリスニング>
★★★
・相手の言い分を無条件で受けれる
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→相手が一番言いたいことを聞き出す

★★
・うなづき、繰り返し、言い換えを用いる
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→会議をコントロールする
→うなづき、相槌で聞き手が会議を仕切る
→うなずき、繰り返し、言い換えを行う


・誘導尋問を避ける
(類書にも書かれていた関連するコツ)
→誘導尋問にしない

以上

posted by 吉澤準特 at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2013年07月22日

【伝えるスキル】ご褒美がもらえなくても、「改善目標と制約条件を整理する」
このエントリーを含むはてなブックマーク

おっさんワンコの顔

後出しジャンケンって言葉がありますよね。飼い主の皆さんは、「それ、ずるいじゃーん!」って言いたくなるときに使っていると思いますが、僕ら犬もよく使っています。

たとえば、おやつの時間にデリシャスなご褒美フードを目の前に出されて、飼い主さんが「お手っ!」って叫んでいるとするじゃないですか。そしたら、僕ら犬はみんなお手をするんですよ、だってご褒美を食べたいもん。じゃあ、お手が出来たらご褒美をもらえるかというと、90%以上の確率で「もらえない」んですよ。

なぜか?

飼い主の皆さんとしては、「犬がお手をするのは当たり前」であって、「もっと難しいことができなければ、ご褒美をあげるに値しない」と考えているからなんです。だから、お座り、伏せ、待てのコンビネーションが成功しなければ、ご褒美をもらえません。

まあ、気持ちはわかるよ。お手くらいお猿さんだってできるし。それにお手が出来たくらいでご褒美にありつけるなんて甘い考えは、ドッグトレーナーさんに1か月缶詰で躾けられたときに捨て去りましたよ、あのつらい日々の中で・・・(遠い目)

それはともかく、コンビネーションが成功すればご褒美がもらえる、というのは、僕ら犬と飼い主の皆さんとの間で暗黙の了解になっているんですよ。だから、僕らはそれを信じて、目の前のご褒美を食べたい一心でコンビネーションを成功させるんです。

でもね、ときどきだけど、コンビネーションしただけじゃご褒美をもらえないことがあるんです。お手、お座り、伏せの華麗なコンビネーションをして、最後にじっと待っているんだけど、飼い主さんもじっとしたまま。

「???」

僕ら犬は察しの良い動物ですけど、いつもと同じようにやっているのに、こんな反応を飼い主さんにされたら、そりゃ大混乱しますよ。

「僕のやったことは何か間違ってた?他に何をしたらいいの?」

そう思って、伏せをしながら鼻をクンクン鳴らし始めると、「まだだよ〜、まだだよ〜」との謎の言葉を飼い主さんがつぶやくわけです。そして、あろうことか、僕の鼻の上にご褒美をそっと置いて、「まだだよ〜」とまた話しかけてくるのです。

な、なんなんですか!ワンコの鼻先は食べ物をのっけるためにあるんじゃないんですよ。勝手に置かないでください。それにこのままの姿勢だと、いつまでたってもご褒美のおやつを食べることができないじゃないですか。

これはもう我慢の限界ですっ、と鼻息を荒くしてつい立ち上がってしまったそのとき、「あ〜、あと10秒ガマンできたらおやつを倍にしたのになぁ」なんてビックリ発言を飼い主さんがしたんです。

僕ら犬には”衝撃の事実”ですよ。いつそんなルール決めたのさ。そんな話聞いてないし。僕は前回ご褒美をもらえたときと同じことをやったのに、どうしてそれだけじゃご褒美が出ないのさ!

こんなのは「後出しジャンケン」でしょ。最初に「今日は30秒待つことができたらご褒美あげる」って言ってくれれば、僕もそれを意識して我慢し続けることができたんです。

僕ら犬でさえふてくされてしまうほどのこの鬼畜の所業、もし飼い主の皆さんが働いている”会社”でやってしまったら、やられた相手はきっと不満を持つと思うんです。僕らのときはご褒美だったけど、一度仕事をお願いしておきながら、後になって「そうだ、この条件もおねがい」って言われることが何度も続いたら、「そういうのは先に言ってよ」って思うよね。

だから、そういうことを未然に防ぐためにも・・・

(続きを読む)→http://gaishi-shigoto.seesaa.net/article/369614883.html

posted by 吉澤準特 at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2013年07月10日

【動かすスキル】マーキング戦士たるもの、「相手の意見をベースに妥協案を探る」
このエントリーを含むはてなブックマーク

おっさんワンコの顔

飼い主の皆さんは当然知っていることだと思っとりますが、僕ら犬にとって何よりも大切なライフワークは”散歩”なんです。いやいや、ライフワークなんて横文字言葉じゃ生ぬるいですね、もはや”生きがい”です。

雨が降ろうが雪が降ろうが、台風や雷に見舞われようとも関係ありません。どうして散歩をするのかと聞かれたら、「そこに道があるから」と答えてしまうほどの情熱を持っているのが、僕ら犬の宿命(さだめ)なんです。

多くの犬がしのぎを削る散歩というものは、僕ら犬にとって戦場でもあります。毎日刻々と変わるナワバリの状況を頭に叩き込みつつ、自分のナワバリをいかに効率的に広げていくかを考えながら尻尾をフリフリ歩むその姿は、まさに”マーキング戦士”であります。

しかし、僕ら犬のように立派なマーキング戦士としての自覚を、飼い主の皆さんは持っていないように思えるんですよね。だって、僕らが練りに練った戦略に基づく本日の散歩コースを、飼い主の皆さんはまったく無視するじゃないですか。

僕だって、それが飼い主さんなりのマーキング戦士としての考え抜いた末の作戦であれば文句は言いません。でも、絶対そんなことないでしょ。だって、「いつもと同じコースをまわって早く帰ろう」ってよく言っているじゃないですか。僕ら、ちゃんと聞いとりますから。

でもね、そうやって僕ら犬の意見を真っ向から退けちゃうというのはどーなんでしょうか。飼い主さんラブの我々としては、言われたことに従うのはやぶさかではないんですけど、それでも毎回意見を却下されちゃうと、だんだんイライラも募ってくるもんですよ。

僕ら犬が相手なら、せいぜい部屋の隅っこでオシッコされちゃうくらいで済みますけど、これが”会社”にいる人たちだったらどうなりますか? 本人が一生懸命やったことに対して、「その内容じゃなくて、こっちの内容に決めたから」だなんて真っ向否定をしてしまったら、その人は気持ちがげんなりしちゃいますよ。こういうことが積み重なったら、飼い主さんに対して本気で考えた提案をしてこなくなるかもしれません。

こんな困ったことにならないためには、飼い主の皆さんは何をやったらエエのでしょうか。答えは手元の本(外資系コンサルの仕事を片づける技術)にありました。169ページを覗いてみるのです。

『より良い案にするためには、真っ向から相手の意見を否定するのではなく、相手の主張を最初に認めた上で、改善点を絞り込んで示す』
(外資系コンサルの仕事を片づける技術:169ページ)

自分の意見を押し通すだけじゃ、相手を納得させることはできないんですよ。僕ら犬だって、自分の考えと逆のことを毎回強いられてたら、ストレスが溜まって脱毛しちゃいますけど、これが”会社”の中のやりとりになれば、それこそ人間関係でウツとかになっちゃう人もいるんじゃないかなぁと思うんです。

散歩の話で言うなら、せめて、最初の数分くらいは僕の考えたマーキングコースを採用してもらえるなら、途中で「いつものコースに戻ろう」と言われても、それなりの達成感を感じることはできたんです。最初からマーキングコースを拒否されるのとは全然違うんですよ。

だから、”会社”の中でのやりとりも、「あなたの提案のこの部分はすごく良いからそのまま使って、でもこっちの部分は違うやり方にした方が良くなると思う」くらいの感じでやってみたらどーでしょう。

相手に譲歩しつつも自分の意見を盛り込む。そんなクレバーなやり方を飼い主の皆さんには身につけてほしいなぁと思う次第です。なんていうか、「散歩進んで二歩下がる」的な感じですかね。えっ、意味も違うし字も違う?

ならば・・・

(続きを読む)→http://gaishi-shigoto.seesaa.net/article/368452819.html

posted by 吉澤準特 at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2013年07月05日

【段取るスキル】散歩の時間は本能の赴くままでも、「仕事の所要時間は倍の時間を想定する」
このエントリーを含むはてなブックマーク

※本エントリーは「外資系コンサルの仕事を片づける技術」のサイドストーリーです

おっさんワンコの顔朝、僕ら犬は外を散歩することから一日が始まるんです。朝の散歩はワンコの社交場、無くてはならないイベントでして、もし連れて行ってもらえなかったら、多分翌朝までふてくされて過ごすことになっちゃうでしょうね。

そこんところは飼い主の皆さんもよく分かっているので、少しくらい天気が悪くても、散歩に連れ出してくれるんです。ホント、ありがたいと思っとりますよ。

でもね、飼い主の皆さんの思い通りに僕ら犬が散歩するかどうかは、また別の話です。散歩に行くからには、僕ら犬はベストを尽くしたいんですよ。オシッコタンクが空っぽになるまで頑張りたいし、ウンチタンクに残っているものもキレイさっぱり出したいんです。そこのところ、分かってない飼い主さんが多いんだよなぁ。

このあいだあった話なんですけどね、その日は飼い主さんが寝坊をしてしまって、いつもよりも起きる時間が遅かったんです。こりゃあ散歩の準備を急がないといけないね、とフガフガ意気込んでいた僕を尻目に、飼い主さんはいつも通りのノンビリモードなんですよ。

おっかしなぁと思って顔を見つめていたら、飼い主さんから、「今日は時間がないから5分で散歩するよ」と衝撃の発言が!ええ〜、そんなの聞いてないですよ。だっていつも10分以上かけてるじゃないですか。

それなのに飼い主さんは、「大丈夫だよね、おしっこだけならいつも5分で終わっているし」だなんて能天気なことを呟いております。あちゃー、飼い主さん、その見積りは甘すぎです。だって僕、今朝はウンチもしたいもん。

たしかにオシッコすることだけに専念するなら、5分で帰ってくることもできるでしょう。でもね、僕はウンチもしたいんです。そして、ウンチをするためには、 5分以上散歩を続けて、肉体的(おしりの状態)にも精神的(ウンチする気分)にもコンディションを高めてからでないと、ウンチをキレイに出し切ることができないんですよ。

飼い主さんは早く帰りたいでしょうけど、僕だっておしりにウンチの残りを抱えて一日を過ごすかどうかの瀬戸際なんで、こればかりは譲れません。

結局、その日の散歩は8分掛かってしまい、飼い主さんはギリギリ電車に間に合わず、遅刻してしまったそうなんです。そのせいで、帰ってから少し怒られちゃいました。

この話を聞いて、どう思います?

僕ら犬に言わせてもらえれば、「見積り甘すぎるんとちゃうんか」と小一時間問い詰めたいですね。だって、その日にオシッコしかしないなんて、僕は一言も吠えてません。飼い主さんが勝手にそう思い込んでいただけじゃないですか。あれ、もしかして飼い主さん、”会社”に行ってもおんなじミスしてませんか?

そういうのを防ぐのなら、手元にある本(外資系コンサルの仕事を片づける技術)でチェックするのがいいですよ。みなさん、137ページを開いて、右上に書いてあるメッセージを読んでみましょ。

『作業に専念できる環境を維持できないのであれば、度々起こる生産性の低下を踏まえ、仕事の所要時間は倍を見積もる癖をつける』
(外資系コンサルの仕事を片づける技術:137ページ)

僕が飼い主さんに言いたかったのが、まさにこの格言ですな。「専念できる環境を維持できない」と思われるなら、「仕事の所要時間は倍を見積もる」ことが必要だって、ちゃんと書いてあるじゃないですか。僕ら犬の気持ちがこの言葉に集約されちゃってますよ。

朝の散歩は、たしかに僕がオシッコだけで終わることができていたら、飼い主さんの予想通りになっていたと思うんですけど、でも僕はウンチもしたかったんです。これが現実なんですよ。こういうプラスアルファな仕事がちょっとくらい増えても、許容できちゃうぐらいの作業時間を見積もることができていたら、遅刻という失敗をせずに済んだのにね。

”会社”で飼い主の皆さんがやっている仕事も、おんなじことですよ。頑張れば4時間で終わるって思える仕事があったとしても、それを「4時間で終わらせます」なんて素直に見積もっちゃ、正直者が過ぎるってもんです。仕事をお願いする側が、「だったらもうひとつ、それと同じくらいのボリュームの仕事をお願いするよ」って言ってきたらどーするんですか?

4+4=8なんて計算は犬でもできます、失礼、犬にはちょっと難しいかもしれません。でも、”会社”にいる人たちならきっと計算できちゃいます。1日は8時間だから、丸一日あれば、飼い主さんが仕事を終わらせてくれると思うに違いありません。

でも、飼い主の皆さんだって、ずっとその仕事だけをやっている訳じゃないんでしょ?

(続きを読む)→http://gaishi-shigoto.seesaa.net/article/367765250.html

posted by 吉澤準特 at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2013年07月01日

【伝えるスキル】ドッグフードはてんこ盛りでも、「伝える内容は小分け&シンプルにする」
このエントリーを含むはてなブックマーク

おっさんワンコの顔

僕ら犬にとって、一番幸せな時間は、間違いなく飼い主のみなさんと一緒に遊んでいるときなんです。でもそれと同じくらい、ゴハンを食べるのも好きだったりします。なんたって三大欲求の一つだもんね、理性的なみなさんより本能の割合がちょこっと多いのが犬ですから、そこはまあ仕方ありませんな。

そんなわけで、お皿いっぱいにドッグフードを注がれると、なんかテンションあがって嬉しくなっちゃうんですけど、それを見て飼い主の皆さんも、「そんなゴハンが嬉しいか!ほれほれ、もっとあげちゃうよ〜」なんてしてくれるから、ドッグフードはお皿にてんこ盛りになることがあります。

でも、いざ食べ始めてみると途中でおなかが膨れてきまして、最後の方なんか、もはや本能だけで食べきっちゃうのです。だから、ゴハンをたくさん食べた後は、おなかがいっぱいで動けなくなっちゃうんだよね。

たださぁ、僕のような経験豊富なおっさん犬だから、なんとか頑張ってゴハンを食べきっちゃうけど、これが初々しい若い犬だったらどうなるのさ。飼い主から与えられたゴハンを残すわけにはいかないからって無理やり飲み込んで、後で消化不良で吐いちゃうことだってあるんですよ。

こういう話って、”会社”の中でも起きているんじゃないかな。相手が消化できるボリュームよりもたくさんの情報を与えすぎちゃって、相手の人が目を回しちゃうようなことが、さ。ねえ、思い当たるところがあったりするでしょ?

そこで役に立つのが手元にある本(外資系コンサルの仕事を片づける技術)ですよ。みなさん、101ページを開いて、右上に書いてあるメッセージを読んでみましょ。

『小学6年生が読んでもわかる書き方をめざし、小分け&シンプルになるように論理構造を組み立てる』
(外資系コンサルの仕事を片づける技術:101ページ)

この格言は、「小学6年生が読んでもわかる書き方をめざし」ってところが深いねぇ。僕としては、「犬が読んでも〜」って感じの方がいい気がするんだけど、”会社”で犬に向かって何かを言い聞かせている人なんていないと思うから、まあこの表現でもいいかなと思っとります。

やっぱり誰もが分かる言い方をするって大切なんです。僕ら犬は、自分が処理できるボリューム以上のものを与えられても、頑張って受け入れようって気持ちでいるんです。だって、飼い主のみなさんのことが好きですもん。

でも、”会社”にいる人たちって、飼い主さんのことを好きじゃない人もいるんでしょ?

(続きを読む)→http://gaishi-shigoto.seesaa.net/article/367668998.html

posted by 吉澤準特 at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2013年06月28日

【聴くスキル】相手のしっぽ具合が分からないなら、「声をかけるタイミングに気をつける」
このエントリーを含むはてなブックマーク

おっさんワンコの顔

しっぽの無い動物ってほんとーに不便だよね。だって、相手の考えていることが分からりづらいんだもの。僕ら犬なら、基本的にしっぽをフリフリしているときは機嫌が良さそうだなーってすぐ分かるでしょ。この状態は「どんどん話しかけてほしい」って感じなんだ。だから、何をされたって、大抵のことは許しちゃうよ。

でも、飼い主の皆さんにはしっぽがついていないので、話しかけたら相手をしてくれるのか、それとも「あっち行っててっ!」て厄介払いされるのか、さっぱり分からないんだ。

きっと飼い主の皆さんが一堂に集まる”会社”というところでは、しっぽの無い同士がうじゃうじゃいて、相手の気持ちをお互い分からないもんだから、不用意に話しかけて断られることがたくさん起きているんだと思うね。

そこで、手元の本(外資系コンサルの仕事を片づける技術)から、僕が発見したこの格言が役に立つのです。とりあえず85ページを開いてみてくださいって。

『スケジュールを事前に確認して、声をかけるタイミングを把握しておく。もし突発的に声をかける際は、どの程度の緊急性と重要性を伴う話なのかを最初に伝える』
(外資系コンサルの仕事を片づける技術:85ページ)

マジですか。こんな面倒なことを飼い主の皆さんはやらなければいけないんですか。僕、犬でよかったぁ。話しかけるために、あらかじめ相手のスケジュールを確認しておかないとダメだなんて、その相手はそんなに偉い人なんですか?

えっ、そこそこ偉いし忙しいって?

そうかぁ、それなら仕方がないもんねぇ。僕ら犬は毎日散歩とゴハンと遊びだけだから、確認するほどのスケジュールが無くて想像できなかったんだ。この課長さんっていうのは、朝から晩までミーティングばっかりで自分のイスにあまり座っていないんだね。

それなら、最初から課長さんのスケジュールをチェックしておかないと。僕らだって、飼い主の皆さんが翌朝早くに何か予定が入っているのを知っていれば、いつもよりもっと早くに起こしに行っちゃう。早めに相手のスケジュールを知っておくと、相手のタイミングが良いときを見計らって話しかけることができるからね。まさしく、「スケジュールを事前に確認して、声をかけるタイミングを把握しておく」っていうわけさ。

でもね、やっぱり待っていられないこともあるもんだよ。僕ら犬の場合、オシッコタンクはけっこう容量があるんだけど、ウンチタンクはちょっとしか溜めることができない。だから、ウンチがお尻のタンクからあふれ出そうになってしまったら緊急事態だ。飼い主の皆さんだって、部屋をウンチまみれにされたくないよね?

こうなったら、できることは一つだけさ・・・

(続きを読む)→http://gaishi-shigoto.seesaa.net/article/367610916.html

posted by 吉澤準特 at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2013年06月27日

【聴くスキル】犬の話は聞かずとも、「相手の話は最後まで聞く」
このエントリーを含むはてなブックマーク

おっさんワンコの顔僕ら犬にとって、飼い主は数少ない話し相手の一人なんです。だから、ついつい自分の言いたいことをまくしたてるように「ワンワン」吠えてしまうんです。でも飼い主の皆さんにとっては、僕なんて毎日話す大勢の中の一人なんですよね。言いたいことがうまく言えるほど喋りも上手くないですし。そりゃあ、途中で話を遮りたくもなるでしょうよ。

これが僕ら犬に対してだけであれば、まあいいんじゃないかと思います。だって、話し合っているよりも、さっさと散歩に行って、ゴハンをもらった方が嬉しいもんね、僕ら犬だし。

でもさあ、人間相手に同じことやったらダメでしょ。だって、人間って「承認欲求」ってのがあるんでしょ?相手に話を聞いてもらって、「よかった、僕の話を聞いてもらえたよ〜」って感じるのが嬉しいんでしょ?

ちょっと手元の本を開いてみようよ。『外資系コンサルの仕事を片づける技術』の65ページ目にこんなことが書いてあるでしょ?

『相手の意見を遮って意見を述べない。しかし、間違った方向に議論が進んでいると思ったら、話の前提を確認し、必ず認識を合わせる』
(外資系コンサルの仕事を片づける技術:65ページ)

どーですか、ちゃんと書いてるでしょ。「相手の意見を遮って意見を述べない」ことって。相手の話は最後まで聞いてあげなきゃダメなんですよ。僕ら犬とは違うわけだし。

ただね、何でもかんでも相手の話を聞き続けなきゃいけないかと言えば、そうじゃないって書いてあるよね。「間違った方向に議論が進んでいると思ったら、話の前提を確認し、必ず認識を合わせる」んですよ。

これはね、僕ら犬も一緒だね。

外でオシッコしたくてたまらないのに、鼻の上にエサを載せられて「待て!」とか言われたことが、以前あったんです。おかしいなぁと思いつつもそのまま待っていたら、「良し!頑張ったね、さあゴハンだよ!」なんて言われたんですよ。

おいおい、ちょっと待て。僕ら、ゴハンが食べたくてクンクン鳴いていたわけじゃないんですって。散歩してオシッコしたかったんですよ。それなのに「待て」と言われて、挙句にゴハンだなんて、これじゃオシッコ漏れちゃいますよ!

いいんですか、部屋の中でオシッコしちゃいますよ?

(続きを読む)→http://gaishi-shigoto.seesaa.net/article/367587431.html

posted by 吉澤準特 at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2012年10月09日

結論だけを示されても、人は納得できるものではない
このエントリーを含むはてなブックマーク

人と話をするときに気を付けることのうち、目的意識を相手と共有できるかどうかで、その後のコミュニケーションの難易度が大きく変わります。

目的意識を相手と共有できていない場合の例を挙げて考えてみましょう。

A先輩
「先日メールした資料作成の件だけど、もう対応終わった?」
Bさん
「はい、店舗の時間別来店客数を表にまとめておきました。こちらのプリントです。後でファイルも送ります。」
A先輩
「ありがとう、さっそく拝見・・・あれ、これってお客さんの性別と年代が入っていないよ。どうしてこんな形式にしたの?」
Bさん
「来店客数の情報が欲しいと伺ったので時間帯と客数の情報以外を削ったんですが。」
A先輩
「前回一緒に出た会議で性別・世代別分析をやるって課長に言われたろ?その資料を頼んでいたのに、気付かなかったの?」

A先輩が作業依頼の目的が、前回ミーティングの宿題のためであるとBさんはまったく意識していませんでした。もし知っていたら、必要な情報まで削ぎ落とすことはなかったでしょう。

先の例を見て、Bさんに「それくらい気付けよ」と思う人がいるかもしれません。ですが、逆の見方をすると、A先輩はBさんが自分の意図をちゃんと理解しているのか、確かめる努力を怠っていたともいえます。

自分の努力で防げるミスであれば、それは自分が原因のミスだと考えるのがビジネス・プロフェッショナルです。もし、依頼した資料の使用目的を最初に説明していたら、BさんはA先輩の希望通りに資料を作っていたことでしょう。

コミュニケーションミスを減らすコツは、お互いの共通認識を合わせることであり、中でも「最終的な目的」を相手と共有することが最重要になります。

伝えたいことを要素分解すると、前提(Premise)/仮定(Assumption)/結論(Conclusion)に分けることができます。これらの単位で論理構造を確かめるのがPAC思考であり、論理の飛躍を防いでくれるのに役立ちます。

当たり前の話ですが、結論だけを示されても、人は納得できるものではありません。上司から、「次の会議に向けてAさんとBさんに資料作成をお願いしたんだけど、Aさんの資料はレビューしなくていいから、Bさんの資料を細かくチェックしておいて」と指示されたら、どうしてだろうと不思議に思いますよね。

ですが、「Aさんの作った資料はミスがほとんどないけど、Bさんは間違いが多く、会議が資料の修正会で終わってしまうんだよ」と言われたら、最初の指示も理解できます。

示された【前提】と【結論】だけでは論理的に飛躍しており、上司のえこひいきにも思えてしまいます。しかし、その間を埋める理由付けとして、【仮定】に書かれた情報が示されると、結論の納得性が増します。

自分の伝えたいことをこの構造にあてはめたとき、論理的な飛躍を埋めるだけの説得力を持つ事実や推測を、【仮定】に持ってくることができれば、あなたの意見は多くの人に受け入れられることでしょう。

posted by 吉澤準特 at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2012年10月01日

コンサルタントの聴く技術:相手の発言をいつまでも待てる忍耐力を持つ
このエントリーを含むはてなブックマーク

相手が意図していることを正確に漏れなく聞き取ることができれば、コミュニケーションで誤解が生じることがなくなり、仕事上のトラブルは大きく抑制できます。ですが、「正確に漏れなく聞き取る」ことができずに苦労している人はとても多いです。

たとえば、「相手が腹を割って話してくれない」ことで本音を聞き出すことができず、表面的な建前論ばかり集まってしまい、総論では賛成だが一つ一つの各論では異論が噴出して議論が堂々巡りになっている。そんな経験を私はいくつもしました。

職業柄、クライアントの内部に入り込んで課題を発掘することが多いのですが、会ったばかりの私に「実はこんな課題で困っていて・・・」とオープンに語ってくれる人はそれほど多くありません。なぜなら、“課題が多い=仕事ができない”と周囲からみなされてしまうことを恐れているからです。

これは私が内情を知る数十社での日常的な光景です。「自組織か、他組織か」という帰属意識を人は持っており、“周囲の目”を気にしています。組織の大小を問わずに散見される一般的な傾向だと認識しています。

腹を割って話してくれない理由は、ヒアリング相手とあなたの間の信頼関係が十分なレベルではないからです。自分の評価を貶めるかもしれないことに協力する人はいません。ですから、あなたが最初にすべき「聴く」ための努力は、相手との信頼関係を高めることであり、これがアクティブリスニングの基本姿勢になります。

ヒアリング相手から信頼を得るための基本は、相手の言い分を批判せず無条件ですべて受け入れる姿勢を持つことです。アクティブリスニングでは「承認」と呼ばれるテクニックであり、こちらからは意見を伝えずに相手が伝えたいと思っていることを存分に言わせます。これによって、あなたはヒアリング相手と同じ側に立っていると認識させて、悩みを共有してもらうことができるようになります。

伝えたいことを気兼ねなく言える関係を構築することは、「聴く」ための第一歩だと考えてください。これができることで、後述する様々なテクニックを有効に活用できるようになります。

自分がヒアリング相手の敵ではないと伝えることで相手の意見を聞き出しやすくなることは先に述べましたが、単純に相手の話を聞いているだけでは不十分です。積極的に、「あなたの言っていることを私は理解しています」と伝え、あなたがヒアリング相手寄りの姿勢で話を聞いていること分かりやすくアピールしましょう。

アクティブリスニングでは、“うなづき”、“繰り返し”、“言い換え”を会話に交えることで、ヒアリング相手と自分の距離感を縮めます。

たとえば、次のようなやりとりはアクティブリスニングの典型例です。

Aさん
「取り組みの遅れは正論ばかり重視するXさんのせいですよ。彼とは一緒に仕事をしたくないです。」

「そうでしたか、一緒に仕事をしたくないんですね。」
Aさん
「まあそうなんですけど、Xさんの正論を無視するという話ではなく、もう少し現場の立場も考えてくれ、ということなんです。」

「現場が受け入れられる現実案がほしいですね。」
Aさん
「そう、その通りです!だから・・・」

話の中で相手が強調したい点を見極めることは、実は難しくありません。最初のやりとりを見て下さい。Aさんの「Xさんとは仕事をしたくない」という主張に対して私がうなづきと繰り返しをしたところ、Aさんは「〜という話ではなく・・・」と論点の方向修正をしました。こまめに“繰り返し”を会話に挟むことで、相手の方から認識齟齬を修正してくれます。

相手の気になる発言には積極的に絡んでいきましょう。

ただし、アクティブリスニングの目的は相手から意見を引き出すことですが、くれぐれも自分の意思を前面に押し出してはいけません。次のやりとりを読んでみて下さい。


「報告書では、作業遅延の懸念がある、と書いてありますね。どれくらい可能性のある話なのかを教えてもらえませんか。」
Sさん
「うーん、可能性と言われても、どうなんだろうなぁ。」

「たしかに可能性と言われてもハッキリ判断できないですよね。」
Sさん
「いやまあ、可能性は大きくないという意見が多いんですが・・・」

「そうですか、可能性は大きくないのですね。」
Sさん
「あっ・・・」

「分かりました。それでは進捗は順調だと報告しておきますね。」
Sさん
「えっと・・・いや、大丈夫です、それでいいです。」

これは私の経験談です。実は全然順調ではなかったのにSさんが作業遅延のリスクを過少報告しており、遅れが表面化にした時にはチーム単体で挽回できるレベルではありませんでした。質問者の私が最初の問いかけでSさんの答えを決めつけてしまったことが事態の一因でした。

相手から意見を引き出すことと、自分の思い込みに当てはまる意見を引き出すことは異なるものです。特に、「自分はうまく仕事をやっている」と自負している人に限って、相手に自分の理解を押しつけがちです。結果として、アクティブリスニングの“繰り返し”や“言い換え”で微妙なニュアンスの差があったとしても、それを無視してヒアリング相手の意見をねじ曲げてしまうことがあります。

相手が言い淀んでしまっても、当人が次の言葉を続けるまではじっと我慢して、ありのままの発言を引き出すことを心がけて下さい。会議のように、あまり時間の猶予がない場では発言を待ち続けるよりも、「細かい資料を見ながらご意見を伺いたいので、後で個別に教えて下さい」と告げ、後日確認することを前提として、会議中の質問を切り上げてしまうのも一つの手です。

posted by 吉澤準特 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2012年09月27日

推測でものを語らずに事実だけを見つめろ、事実が足りなければ考察しろ
このエントリーを含むはてなブックマーク

部下
「課長、クライアントから連絡があって、明日の金曜までに見積書をメールに添付して提出してほしいとのことです。」
課長
「分かった。何時までに送ればいいのかな?」
部下
「来週に内部確認会を開くと言っていたので、実際は週明けに確認するのでしょう。日付が少し遅くなっても大丈夫だと思いますよ。」

一見すると何気ない会話ですが、この翌週、課長はクライアントからクレームを受けてしまいます。それはなぜでしょうか。

さきほどのやり取りには客観的な事実と主観的な推測が混ざっています。クライアントが「金曜までに見積書を送ってほしい」と言ったことは事実ですが、それを部下が「週明けに確認するのでしょう」と勝手に推測しています。しかし、実際には、クライアントの担当者は週末に出社して見積書の内容を整理しようと考えていたのです。

結果として、日曜に出社した担当者はメールボックスのどこを探しても見積書が見つからず、月曜朝に向けた取りまとめができなくなったため、その週の作業スケジュールが大きく遅延してしまいました。

前述のやりとりは、実際に私の隣のチームが不幸にも遭遇してしまった出来事です。外資系企業では”No Guess(ノーゲス)”という言葉を使って、「推測でものを語らずに事実だけを見つめろ」と戒められることがありますが、事実情報の不足が思い込みによる勘違いを助長し、コミュニケーション齟齬が引き起こされるのです。

私は、相手の発言に推測が含まれている場合には、「その情報に根拠はありますか」と速やかに尋ねることにしています。時間が経ってしまうと発言者も記憶が曖昧になってしまうため、確認するならこのタイミングがベストです。

判断するために必要な情報が不足しているなら、それを推測で補うのではなく、まずは情報元に事実を確認しましょう。

しかし、すべての事実を集めるまで判断できないというわけでもありません。たとえば、次の2つの発言を比べて下さい。

@
「最近寒い日が続くものの、天気予報によれば、今週末は気温が30度に達する見込み。昨年は同じ条件でアイスの品切れが頻発したため、今週末は多めに仕入れるべき。」

A
「最近は寒い日が続いており、アイスの売上も減ってきている。このまま寒さが本格化すればますます売上も鈍るだろうから、今週末の仕入れを減らすべき。」

片方は仕入れを減らし、もう片方は増やすことを助言していますが、説得力がまったく違います。@は天気予報や昨年の実績といった客観的情報に基づく推測から論理的に考察しており、採用するに足る十分な理由になります。しかし、Aは「寒さが本格化すれば」という主観的な感想に留まっており、このままでは理由が弱過ぎて採用できません。

論理を積み重ねた考察は事実と同等に扱うことが可能です。相手から聞いたことに対して、「何が言いたいのか?」、「その根拠は何か?」と自問し、根拠にあたる部分に事実、もしくは論理的な考察が含まれているかを確かめ、判断のインプットにしましょう。

なお、主観的な感想しか聞き出せなかったとしても、そこで諦めてはいけません。勘と経験で意見を述べてくる人の一部は、論理的な説明に慣れていないために感想のような発言に留まっている場合もあります。

私の場合、相手の主観的な感想にも、「なぜそう感じたのか?」、「そう感じるに至った理由は過去の経験によるものではないのか?」と問いかけ、相手の考えていることを要素分解をしていきます。その結果、相手も意識していなかった論理的な考察を得られることがしばしばあります。

posted by 吉澤準特 at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2012年09月21日

答えになっているようで全然見当違いな回答をする人にならない方法
このエントリーを含むはてなブックマーク

ある会議で目にした光景です。

Aさん
「この取り組みはスケジュールに余裕がないように思えますが、進捗遅延時の追加コストはどのように確保するのですか?」
Bさん
「進捗報告を週次で確認し、スケジュール遅延の懸念があれば早期に対処して参ります。」

一見するとAさんの質問にBさんはちゃんと回答しているように思えますが、それは錯覚です。Aさんが知りたかったのは“進捗遅延時の追加コストを確保する方法” なのに、Bさんが答えているのは“スケジュールの遅延を予防する方法”であり、論点がずれています。

未来に絶対はなく、進捗遅延を100%防げると言い切れない以上、この場合は、「万一遅延した場合にはこのように追加コストを確保します」とBさんは答えるべきでした。

相手の質問に正面から答えるためには、相手が何を期待して質問しているかを知ることが重要です。質問が長すぎて、何を聞いているのか分かりにくい場合は、素直に、

「求めているのはこれに関する答えですか?」

という具合に、相手に質問の真意を確認しましょう。この手間を惜しんでしまうと、先ほどのBさんのように見当違いの回答をしかねません。結果として、表面的な意見交換だけで終わってしまうことでしょう。

相手の質問に回答できるだけの情報や知識をあなたが持ち合わせていないなら、「詳細を確認して後日回答します」と伝えます。「わかりません」の一言で済ませてしまうと、回答する責任を放棄したように思われます。

私の場合、自分が逆の立場(質問する側)になったときにも、この観点を意識しています。自分が知りたかったことに対する直接の答えが示されているかをチェックするのです。整理されていなかったり、長すぎて論点が不明瞭であるなど、相手の回答内容が不十分であれば、自分が期待する答えを伝えて再回答を依頼します。

聞き返すことを失礼な行為だと思うことはありません。それよりも、必要な情報が得られないことによって、今後の進め方が明後日の方向になってしまうリスクを恐れるべきです。トラブルとは、お互いの勝手な思い込みから生じるものであることを忘れないように。

posted by 吉澤準特 at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2012年09月20日

「相手の話は最後まで聞く」ことができない人
このエントリーを含むはてなブックマーク

相手が喋っているときに発言をかぶせてくる人がいます。

自分と異なる意見を速やかに否定したい、発言者の不十分な説明では議論に時間がかかる/もしくは誤解を招くからフォローしたい、同意ではあるがとにかく自分の意見を聞いてもらいたい、など理由は様々ですが、結果として言えるのは「最初の発言者はこの行為に気分を害している」ということです。

たとえば、ある課題についてあなたが解決策をひらめいたとしましょう。会議でそのことを説明し始めた時、他の参加者が、「そういったやり方もあるかもしれないが、私はこちらのやり方も良いと思っているんだ」と割って入ってきて話の主導が奪われたとします。せっかく自分が話の中心にいたのに、気づいたら別の人にその座を奪われていたという場面で、あなたは何を感じるでしょうか。

「まだ言いたいことが残っていたのに・・・」

最後まで話を聞いてもらえなかったあなたはフラストレーションを抱え込みます。割り込んできた相手と心理的な距離があるほど、その思いは強まります。それが転じて、相手に対するネガティブな気持ちが生まれ、その積み重ねが非協力的な態度や消極的な姿勢につながるのです。

こうなると、相手の率直な考えを聞き出すことは難しくなり、正確な情報を集めることができません。これではいくら頭を悩ませたって、合理的な判断を下すことはできなくなります。

ですから、私は相手の発言を遮って意見を述べることは絶対にしません。自分の得意領域が話題に挙がり、意見を述べたくなることもありますが、基本的に我慢します。相手の気分を損ねてまで主張すべきことなど、そうそうありませんから。

ただし、一つだけ例外があります。間違った方向へ延々と話が続けられ、これによって誤った判断がなされてしまうかもしれない、という危険性を感じた時は、一言、「恐縮ですが、話の前提を確認してもよろしいですか?」と問いかけて、半ば強引に認識合わせを行います。合理的な判断をするために相手の話を聞いているのに、それが誤った判断を許してしまうのは本末転倒ですからね。

posted by 吉澤準特 at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術

2012年09月04日

仕事と作業の違い
このエントリーを含むはてなブックマーク

仕事をすることの意味を考えたことはありますか?

私たちは普段、仕事という言葉と作業という言葉を同じ意味で使っていると思います。辞書を調べてみると、両者とも似たようなことが書かれているため、なおさら同じ意味で考えてしまいそうです。

でも、本当にそうなのでしょうか。
次の2つの例を考えてみましょう。

『Aさんは上司から、下期の経営課題を解決するために必要となる社内システムの改修費用算出を命じられました。』

『Bさんは上司から、上期の経営課題のうち、解決しなかったものをリスト化して提出するよう頼まれています。』

さて、AさんとBさんに与えられたタスクについて、何か違いが分かりますか?

Aさんのタスクは、所与の条件である下期経営課題を基にして、システムに求められる追加機能やその費用を、”自分で考えながら”まとめていかなければなりません。

Bさんのタスクは、所与の条件である上期経営課題に対し、それをまとめるだけ、つまり”自分で考えず、与えられた指示に従って”まとめていけばいいだけです。

私は、Aさんのやっていることを「仕事」、Bさんのやっていることを「作業」だと認識しています。

仕事は、その背景にある内容を積極的に理解しながら、新たな価値創出に取り組むものです。それに対し、作業とは、与えられた指示に沿って何かを行うことを意味します。

作業はどんな職場でも必ず発生するものですから、それ自体を否定するつもりはありません。注意しなければならないのは、本来「仕事」であるべきものが「作業」と化していないかということです。

作業と化した仕事は、その成果も薄っぺらで、指示内容を逸脱する状況が発生しても対応することができませんが、本当に仕事をしているなら、指示内容の背景も理解して取り組んでいるはずですから、不測の事態にも臨機応変に対応できるものです。

どうです、今日から「仕事」をやってみませんか?

※2005年10月4日エントリー再掲

posted by 吉澤準特 at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | プロフェッショナル仕事術





【IT業界の裏話】過去コラム(No.1-337)
[ TOP ]IT業界の裏話

▼ IT業界の人々
「内製率を高めたい」のに「世界...
人の話を聞かないIT技術者の...
コンサルを目指す学生との対話...
IT業界、悪魔の辞典『ヒト編』
改善は「自分が楽をすること...
近くて遠きもの、プログラ...
IT企業が求めるプログラマ...
ITプロの3割が機密情報に...
10年働くソルジャーが欲しい...
PGとSEの仕事の面白みは何...
メールをすぐ返信する人、しな...
├ ITコンサルタントになる方法
我がコードは我流。我流は無...
欧米人がグリーンITに積極的...
実は変化など望んでいないエ...
├ 実はコミュニケーション能力に...
IT業界人は自分のドッグフード...
IT業界を不人気にした重鎮...
IT業界の変わった人々
電子メール禁止!ゼロメール...
名言集−運用フェーズ−
システム開発における名言集
失敗から学ぶ人、学ばない人...
SEに多いコーチングタイプは...
あなたのコーチングタイプは...
ITエンジニアの年収公開サ...
CTCは何の略?
会議は踊る、されど進まず...
繰り返し使われるメールアド...
遅刻しそうなので面接受け...
社内SEが人気を集めている...
サポートセンターの悪夢
IT業界に向いていない人
日本の夏、熱暴走の夏
客前で後ろから刺される
システム障害でクビが飛ぶ人
病欠って何ですか?
昼休みって何ですか?
Windowsに弱いIT技術者2
Windowsに弱いIT技術者
エンジニアは音を伸ばさない
話しにくい人
転職する人しない人
サイコロ一振りで給料を決め...
コンサルがお絵描き好きなの...
コンサルの報酬額って?
ITコンサルとSEの違い
SEのITリテラシ
公私のケジメ

▼ 仕事のやり方
客先で自分のPCが差し押さえられ...
「闇リリース」は善意でやっても...
新人のための7つのワークハック...
仕事の質を落とさないメソドロ...
組織が150人を超えると仕事の質...
世界最大のコンサル会社が最低...
IT業界、悪魔の辞典『SI編』
パワーポイントを紙芝居に貶め...
日本と米国の違い:ベンダーサ...
定時退社日に罪悪感を感じるIT...
ストレス厳しい職場を生き抜く...
おまえが呼ぶな、俺が呼ぶ「ハ...
ITプロレタリアートは多機能工...
図表をリッチにする5つのシン...
セクシーパワーポイント道
エンジニア御用達のIT誌
メールコミュニケーションを200.
├ ニッポン・エンジニア・レボリュ...
ITのプロって何ですか?
クールビズにも限界、冷房28...
真夏に長袖!なのに裸より涼...
測定しにくいものを測定する方...
山田さんの使いやすいシス...
SEの品格
コンサルの品格
ダメシステムはひとまず葬れ
眠気対策アイテムを考える
長篠メソッド
ITサポートがユーザーに教え...
資格の価値
出張先のホテルでインターネ...
お口の恋人
絶対に潰れない会社の悩み
エアエッジが必要になる理由
ハイプ曲線+キャズム理論
ユンケル黄帝液とスーパー黄...
一貫性が信用を生む
デビルズ・アドボケイト
落とし所を見定める
クライアントの良き友人たれ
キャンペーンでたたみかける
比較で暴利をごまかす
権威を活用する
ヒヤリハットの考え方
密談のタバコ部屋
「えいや」で決まる、魔法の言葉
海外テレカンの心得
IT業界でうまく生きていくコツ
ポンチ絵
仕事と作業の違い
上司に背を向けると怒られる?
ロケットスタートのススメ
人の考えを利用すべし
「見える」化
仕事の範囲
ワークシートのススメ
フローチャートの基本
仕事のやり方、片付け方
もんたメソッド
高橋メソッド
作業時間の見積り方
仁義を切る
アクションプラン
ミーティングと議事録
ベンダー選定の基準
ITと数学
レスポンシビリティとアカウンタ..
仕事の密度
リクルーティング
ドキュメントプロパティ
クライアントが納得する答え

▼ 仕事の環境
こんなのITのプロらしい仕事...
デスマーチに陥るお決まりパ...
外資が休暇を大切にする”真”...
HTMLメールとテキストメール...
ペーパーレス化が紙の無駄...
携帯電話のSDカードも禁止す...
人々は安定性と安全性の両方...
カタカナ会社はあやしい会社?
サービスリリースの落とし穴
IT業界の職場環境
IT業界の労働環境悪化は...
英語の必要性
正月出勤
年末年始の過ごし方
止められないコンピュータ
動かないコンピュータ
リリース直前の危機

▼ IT業界の動向
クラウドプレイヤーの名言集...
ネット史上最大の惨事、マイクロ...
ベンダー努力を台無しにするIFRS...
電子政府構想は無駄遣いの温床...
NASAのレポートがIT業界に与える...
中国当局によるプログラム盗用は...
コンサルもSIerもいらない内製...
中国のソースコード強制開示制度...
IBMは当て馬、Oracleが演出する...
PWCCが復活、ベリングポイントを...
IBMに喰われたSun、IT業界に訪れ...
ヤフー、自社データセンター所有...
自分が決めたルールに違反するGo...
SOAは死んだ
データセンターを巡るIT業界三...
├ リーマン破綻にみる米国証券業界...
IT史に輝く「すべったテクノロジ...
冷却を必要としない常温データ...
過去のIT業界10大予測を振り...
├ エンジニアよ、大志を抱け!
├ 黒箱襲来!コンテナがDC...
IT業界進化論: SIer 2.0を目...
IT業界がダメな理由を学生の...
IT業界温室効果の1/4はDC...
新生ニコニコ動画、ニコンド...
システム前線異常アリ!ゆう...
ニコニコ動画は文化の架け橋
Web2.0の向こう側〜サードリ...
セカンドライフだけで宣伝の...
国家戦争にも利用されるDDo...
DoCoMo2.0に見る情報格差...
DoCoMo2.0とWeb2.0
ITIL準拠という幻想
システム障害訓練の日を制...
WAONとnanacoが提携したい...
NTT東西の野望〜光回線編...
mixi招待制の綻び
Vistaが売れない理由
独自仕様に走り過ぎて泣き...
米国事情から見る日本のIT...
MVCからAjaxへ
外字ってなんですか?
Sunがx86サーバにIntel採用...
やりたい放題バッドウェア!
アウトソーシングという名の幻...
ソフトバンクモバイル、MNP停...
やっぱり止まったソフトバンク...
あらゆる意味でやり過ぎの...
経営者不在の日本版SOX法...
働いてみたいIT企業ランキン...
サーバの進化がデータセン...
_システム運用にRSSを活用
電力線通信が認可される日...
携帯メールはSSL通信よりも...
経営者不在の日本版SOX法...
Microsoftがサイトリニューア...
停電に脆弱なシステム
システムは誰のためにある...
ITILで運用が楽になる?
進化するコールセンター
Vacademy
IT業界にロングテールはある...
時間をお金で買う
あなたの猫はコンピュータウ...
個人情報保護法の範囲
あなたvsプロジェクト構成管理
ドラマ24にみるシステム最前...
次世代トレンドと枯れた...
日本版SOX法の施行に向け...
新しいWindowsはWeb決済...
地震に強いシステムをお持...
IT Doesn't Matter
SOAと分散コンピューティン...
各社で定義が異なるESB
おサイフケータイに見...(2/2)
おサイフケータイに見...(1/2)
子会社のシマを荒らす親会社
アインシュタインに学ぶソフ...
公職選挙法とインターネット
マイレージ負債
インターネットの舞台裏:海底...
ゼロ・クライアント
サーバのトレンド
外資系パッケージベンダー

▼ 業界の構造
対極にあるIT業界とコンビニ業...
IT業界は成果報酬型のサービス...
特定ベンダー以外をふるい落と...
欧米人なら爆笑するレベルと...
IT業界が詐欺師集団と言われる...
IT業界の格差社会、年収200...
├ 新基準導入でデスマーチがな...
公式では言えないニコニコ動...
├ コンサルとアプリ開発者、格差...
システム運用はIT業界の最下...
テストフェーズの呼び方は千...
2000年問題再来!?サマー..
減り続ける正社員の割合
労働局が偽装請負の抜け道...
会社貸与のPCは何年償却?
ITIL Foundationを2万円で買..
IT製品もイメージ重視?
お試しできない製品は売れない
IT業界は無免許制
どんぶり勘定
標準価格と提供価格
ソフトウェアライセンス
社外秘の秘密度合
偽装請負 
システム開発の流れ7 テス...
システム開発の流れ6 開発...
├ システム開発の流れ5 開発...
システム開発の流れ4
システム開発の流れ3
システム開発の流れ2
システム開発の流れ1
IT業界の構造

▼ 業界ランキング
SIerランキング2005
コンサルランキング2005

▼ その他
「幣社」という表現は相手を見下...
コミュニケーション力の不足は...
聞く耳を持たないYahooニュース...
黒デスクトップ事件に見る中国...
ITコンサルから見たブラッディ...
違法ダウンロードでネット追放...
就職難民=不出来な学生とい...
モンスターペアレント、会社襲来
あえて言おう、Yahooの掲示...
プログラマ向きなカフェをオー..
├ Japan Brog Award 2008を..
日立さん、IT大喜利をもう一度
インターネット上の信頼できる...
IT業界でありそうな迷惑勧誘...
倒産してもカネを要求する悪2...
倒産してもカネを要求する悪1...
├ 枯れた技術の水平思考で
├ ずさん極まりない環境保護ラ...
世界の奇妙な法律を集めた...
50万円のキーボード
洋楽を1曲10円で購入できる...
CNETとZDNetは同じ会社
情報の価値(情報商材)
コンパイル1回12時間の世界
楽天ポイント事件
楽天ポイント事件〜利用者...
楽天300ポイント付与で謝罪
ライブドア強制捜査
└ ネットワークベンダー