TOP業界裏話注目ニュース徒然コメントリンク紹介


2012年07月28日

ロジカルシンキング、ラテラルシンキング、クリティカルシンキングで使うフレームワークの一覧表
このエントリーを含むはてなブックマーク

ビジネス思考法の根幹となっている3つの思考法、ロジカルシンキング(垂直思考)、ラテラルシンキング(水平思考)、クリティカルシンキング(探求思考)について、頻出のフレームワークを整理してみました。

ロジカルシンキングは演繹法/帰納法という発想アプローチに基いて、「広がり」、「深さ」、「並び」、「つながり」の切り口で9つのフレームワークがよく使われます。

  • MECE
  • ベン図
  • ロジックツリー
  • ピラミッドストラクチャー
  • IPO
  • TOC
  • ストーリー法
  • 因果関係・相関関係
  • 親和図法

ラテラルシンキングは類推思考/仮説思考という発想アプローチに基いて、「ひらめき」、「ムリヤリ」、「マネ」の切り口で5つのフレームワークがよく使われます。

  • ブレインストーミング
  • 欠点希望点列挙法
  • SCAMPER
  • ミメーシス・ミミック
  • シネクテクス法

クリティカルシンキングは弁証法/背理法という発想アプローチに基いて、「見える化」、「対比」、「思い込み」の切り口で8つのフレームワークがよく使われます。

  • ヒストグラム
  • BATNA/ZOPA
  • プロコン
  • フィットギャップ分析
  • ジレンマ
  • PAC思考
  • オッカムの剃刀
  • 認知バイアス

それぞれの思考法ごとにもう少し詳しくフレームワークモデルを説明すると、次の通りになります。3つの思考法で10種22個のフレームワークがよく使われているため、これらのビジネスフレームワークをよく知ることで、仕事に対してもっと効率良く取り組めるようになると思います。

■ ロジカルシンキングでよく使うフレームワーク

“広がり”では、「MECE」(ミーシー)と「ベン図」がよく使われます。前者は要素を漏れなくダブりなく分類する方法、後者はMECEを図であらわすための表現方法です。

”深さ“では、「ロジックツリー」と「ピラミッドストラクチャ−」が頻出です。前者はトップダウンで対象を検討可能な粒にまで単純化し、後者はそれをボトムアップから積み上げて頂点にあたる結論を確かめます。

”並び“では、「Input Process Output」(アイピーオー)と「Theory Of Constrains」(ティーオーシー)と「ストーリー法」が有名です。1つ目は開始条件と終了条件の確認、2つ目は作業上のボトルネック発見、3つ目は順序立てによる出来事の整合性チェックを目的とします。

”つながり“では、「因果関係・相関関係」と「親和図法」(しんわずほう)が重要になります。前者は各要素の相互影響やその理由を見つけ出し、後者は問題のグループ化による根本原因の発見に役立てます。

■ ラテラルシンキングでよく使うフレームワーク

“ひらめき”では、「ブレインストーミング」がよく使われます。批判を伴わず、自由にのびのびと発想を引き出す方法です。

”ムリヤリ“では、「欠点希望点列挙法」と 「SCAMPER」(スキャンパー)が頻出です。前者は改善点や追加点を意識的に掘り起こし、後者は代用や入れ替えなどを強制的に発想させるパターンに沿って新しい発見につなげます。

”マネ“では、「ミメーシス・ミミック」と「シネクテクス法」が有名です。前者は成功事例を分析して自分に当てはめるアプローチであり、ミメーシスは感動を再現、ミミックは機能や性質面を再現できるようアレンジします。

他の思考法と比較して”よく使われるフレームワーク“の数が少ないですが、そもそも新発想というものは型通りにはめ込んで得ることが難しいものであり、その中でもここに挙げられているフレームワークは、多くの人がこれまで使い続けてきた有用性の高いものだと言えます。

■ クリティカルシンキングでよく使うフレームワーク

“見える化”では、「ヒストグラム」と「BATNA/ZOPA(Best Alternative To Negotiated Agreement / Zone of Possible Agreement)」(バトナ/ゾーパ)がよく使われます。 前者は要素のバラつき具合を知る方法、後者はお互いの言い分を見極めて交渉を有利に進める方法になります。

”対比“では、「プロコン」と「Fit & Gap分析」(フィットギャップ分析)と「ジレンマ(両刀論法)」が有名です。1つ目は選択肢の比較による最適なものの洗い出しに用い、 2つ目はやりたいことと出来ることを重ね合わせて差異を捉える方法、3つ目は最悪の選択を避ける新しい選択肢を見つけるために活用されるものです。

”思いこみ“では、「PAC思考(Premise Assumption Conclusion)」(パック思考)と「オッカムの剃刀」と「認知バイアス」が有名です。1つ目は前提・仮説・結論の論理構造の検証、2つ目は複雑さを取り除いたシンプルイズベストなアプローチの発見、3つ目は偏見や偏向といった一方的な解釈の排除を目的としています。

上記の各フレームワークの解説を詳しく知りたい場合は、「ビジネス思考法使いこなしブック」の中身を確認してもらえると嬉しく思います。

posted by 吉澤準特 at 22:41 | Comment(0) | コンサルタント御用達

2005年11月21日

Oracleから困ったときの一冊(無料PDF)
このエントリーを含むはてなブックマーク

サポートサービスがもっとよく分かるガイドブックです。Oracleのサポートサービスを使っているけれど、 実はよく分かっていない方、多いのでは? プロジェクトでOracleの管理に当たっている方は必見です。

http://support.oracle.co.jp/inform/OSS/nokk-sg.html

posted by 吉澤準特 at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

2005年10月23日

技術を磨け!最新ソリューションをチェックして同僚に差をつける
このエントリーを含むはてなブックマーク

IT業界のことを知るなら、まず技術に明るくなければなりません。どうしてか? クライアントはあなたに対し、 自分が知らない知識や情報を期待しています。それなのに、質問に答えることができなかったら、あまつさえ、 クライアントから逆に教えられたら、あなたに対する信用が失われることも考えられます。

もちろん、IT業界にいる全ての人間が実装レベルの技術内容を語る必要はありません。ですが、どのような技術が存在するのか、 それを使って何ができるのかくらいは知っておくべきです。

では、どうやって常に最新のソリューションを把握したらよいのでしょうか。

私の場合、キーマンズネットを積極活用しています。キーマンズネットは、定番製品から最新製品まで、 常時5000点の企業向けIT製品をわかりやすく、より利用価値の高い形で提供する情報サイトです。会員登録することで、 これから説明するサービスをフルでご利用になることができます。

1.充実した製品レポート
2.自分が興味を持っている分野の最新情報をメールでお知らせ
3.セミナーやイベント情報が満載
4.ITがよく分かる特集記事


1.充実した製品レポート
IT製品の導入で最初に行うのは製品情報収集。Keyレポは価格情報やスペック情報はもちろん、製品の特長や導入事例をわかりやすく、 すっきり見やすいデザインで解説。製品導入の資料として、使えるレポートをお届けしています。
全ての情報が同じフォーマットのため、比較検討には最適。導入検討に必要な情報が網羅されているので、 印刷して稟議書に添付することも可能です。

2.自分が興味を持っている分野の最新情報をメールでお知らせ
情報収集する時間がないという人にオススメなのがkeyレポ★Daily。興味のある分野のニュース、製品情報、 セミナー情報などを毎日メールでお届けします。興味のある情報があったら、URLをクリック。詳細な記事にダイレクトにアクセスし、 読むことができます。
毎朝10分のメルマガチェック。これだけで常にIT業界の動向が把握できます。

3.セミナーやイベント情報が満載
キーマンズネットはIT関連の各種セミナー情報も多数掲載。セミナー・イベント情報への申し込みも会員用ページから簡単に行なえます。

4.ITがよく分かる特集記事
最新キーワードや製品の選び方など、役立つ特集を掲載。あなたのスキルアップをお手伝いします。会員登録すると、 すべての特集が読めるようになります。


  → 図解でわかる!! IT情報なら【キーマンズネット】

posted by 吉澤準特 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

「経営コンサルタント」になって独立・開業 年収1000万円を稼ぐ!―35歳家族あり、営業嫌い、話し下手、それでも成功できた私の秘策 |濱本 克哉
このエントリーを含むはてなブックマーク

「経営コンサルタント」になって独立・開業 年収1000万円を稼ぐ!―35歳家族あり、営業嫌い、話し下手、それでも成功できた私の秘策「経営コンサルタント」になって独立・開業 年収1000万円を稼ぐ!―35歳家族あり、営業嫌い、話し下手、それでも成功できた私の秘策
濱本 克哉
すばる舎 刊
発売日 2005-06



地味でまともで良いですね。 2005-08-16
最近多い、エセ小手先詐欺師系コンサル、インフォなんとか情報起業家とか、俺もそうだが大したことはないのに偉そうにしているバカコンサルや講演家や作家と違い、ローカル都市の広島や福岡でいかに頑張ってきたか訥々と書いてあるのがイイ。真面目系の人に最適。一攫千金!誰でも簡単スグ儲かる系の人には不向き。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

女性客のハートをギュッとつかむ方法、教えます。―女性コンサルタントだからここまでいえる! |高比良 亜以
このエントリーを含むはてなブックマーク

女性客のハートをギュッとつかむ方法、教えます。―女性コンサルタントだからここまでいえる!女性客のハートをギュッとつかむ方法、教えます。―女性コンサルタントだからここまでいえる!
高比良 亜以
大和出版 刊
発売日 2002-12



これなら売れる! 2004-06-16
筆者は女性客の心理と購買行動に深い理解があります。
同時に、読者が何を求めているかにも十分な理解があります。求めていることに的確に答えてくれるのです。「何を」「どうして」「どのように」すればよいのか、我々「顧客」に提示してくれる嬉しい一冊。

女性から見て納得 2004-04-29
 読んでいてそういえばついついこういうお店に行ってるなぁと改めて思いました。
良い商品を売っていても黙っていては女性は来ない!


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方 |クリニック経営研究会
このエントリーを含むはてなブックマーク

よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方よくわかり、すぐ使える成功するための「医院開業」ハンドブック―コンサルタントが教える「My Clinic」のつくり方
クリニック経営研究会
日本医療企画 刊
発売日 2005-01



校正ミス??? 2005-05-19
セミナーで講義した内容をそのまま本にした感じですが、開業マニュアルとしては安価です。無料開業セミナーに行く勇気のない先生方にはよいかも。これを読んでから、信用のおけそうな業者のセミナーに行きましょう。文章の流れが明らかに変な箇所とか、実例をあげるといいつつも全く具体的な記載のない書類例とか、改訂版と謳っている割には不備が目に付きます。でも既存のマニュアルはとっても高価なので、つい買ってしまいました。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

絶対に失敗しない家づくり |長嶋 修 /さくら事務所コンサルタント
このエントリーを含むはてなブックマーク

絶対に失敗しない家づくり絶対に失敗しない家づくり
長嶋 修 /さくら事務所コンサルタント
インデックス・コミュニケーションズ 刊
発売日 2005-10-20



写真があって、わかる! 2005-10-30
amazonのレビューを見て、買ってみたのですが、結構、良かったです。写真があって、かなりわかりやすかったです。木造で家を建てようと思っている人にはお勧めの本です。といっても、「悪い見本」は、私のようなド素人が見ても、わかるので、もっと、素人の目で見てもわかりにくい悪い例を教えてほしかった・・・

戸建てを建てる人には最適! 2005-10-27
木造一戸建てについての本を探すと、専門家向けのような難しい本が多い中、
本当に一般の一戸建てを建てたい人向けの本が出た!というかんじです。
家を建てている最中に「次はこの工事かー」とか、「ここをチェックしなくては」と、
完成するまですべての過程で使えそうなので1冊あれば助かるかも。
ただし、木造なので、違う工法とかの住宅を建てたい人は
一部あてはまらない部分もあるかもしれませんが。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

売上げがぐんぐん伸びる「笑顔」の法則 「笑顔コンサルタント」が教える儲かるお店の秘密 |門川 義彦
このエントリーを含むはてなブックマーク

売上げがぐんぐん伸びる「笑顔」の法則 「笑顔コンサルタント」が教える儲かるお店の秘密売上げがぐんぐん伸びる「笑顔」の法則 「笑顔コンサルタント」が教える儲かるお店の秘密
門川 義彦
ダイヤモンド社 刊
発売日 2004-07-16



笑顔が武器になります 2004-09-29
 私は最初、笑顔だけでそんなに変わるものかな、と思っていました。しかし本を読んでみると、単に店員さんの笑顔だけではないのです。門川氏は、「お店の整理整頓や掃除」にこだわります。たとえば書店ならレジの周りがごちゃごちゃしていたり、ポスターが乱雑に張られたりしている様子をデジカメで撮ったりして客観視(まさにお客様の視点!)させます。つまり、「お店の笑顔」も重要視しているのです。
 笑顔の力強さを感じました。

笑顔で商売がうまくいくというのは本当です。 2004-07-25
笑顔なんて訓練されなくても、と思うのは大きな間違いだ。私の知人のレストランが門川氏の指導を受けて、売上を大きく伸ばした。半年で50%のアップだそうだ。その後も門川さんの指導で、業績を大きく伸ばしたという話をきく。その知人が受けたという指導とこの本の内容はほとんど一致しているそうだ。販売員などの接客業の方には必読の書だ。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学 |ジェラルド・M・ワインバーグ /G.M.ワインバーグ
このエントリーを含むはてなブックマーク

コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学
ジェラルド・M・ワインバーグ /G.M.ワインバーグ
共立出版 刊
発売日 1990-12



いっぱい 2002-06-02
うわー字がちっちゃい!
これが届いた本を見た第一印象でした。
しかし、読んでいくうちに、著者には言いたいことが山ほどあるんだな、って気がしてきました。
この本には、名言がいっぱい詰まってます。
きっと、月日が経ってから読み返しても身になる本だと思います。色々な手法が書かれていますが、「これを利用しよう」ってのはもちろん、「こんな風に自分を試してくる人がいる」って知っておくのも重要なことだと思いました。

もう一度読み直したい本 2004-04-28
いいです、この本。"コンサルタントの"と銘打ってはあるけれど、日常生活や
普段の仕事に応用できそうな事項が満載。
でも、容量の少ない私の頭からは、相当量がこぼれ落ちてしまっているので、
もう1回読み直す必要がありそう。
でも、1回読んで、もう1度読み直したい、と思う本は沢山あるのだけれど、な
かなかそうはいかないのが現状。

頭をガツンとやられました。 2002-03-21
くすくす笑いやかなり腹をかかえて笑ってしまいました。
しかし、内容は真面目でコンサルタントになりたい人だけでなく、
対人関係に興味を持つ人すべてに小一時間くらい読ませたい。
この本の法則は一生胸に抱えて生きていきたいような格言でいっぱいです。
一番気に入ったのは、飼い猫が車に轢かれたときの超有能女性マネージャ
のひとこと。「それは危機のように見えるかもしれないが、実は幻想の終わりにすぎない。」
-ロンダの悟り第二番-


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

社長業 実務と戦略―社長専門コンサルタントが説く新しい「繁栄と躍進」の着眼点 |牟田 學
このエントリーを含むはてなブックマーク

社長業 実務と戦略―社長専門コンサルタントが説く新しい「繁栄と躍進」の着眼点社長業 実務と戦略―社長専門コンサルタントが説く新しい「繁栄と躍進」の着眼点
牟田 學
PHP研究所 刊
発売日 2005-09



社長に必要で大切な視点が満載! 2005-10-03
社長になってまだ3年の駆け出しですが、諸先輩の経営者の方々から、
「牟田先生の本とセミナーはとても参考になるよ」と言われ、以前から
本も購入して目下、勉強中です。今回の書籍は、会員さん向けの案内状に同封されている月毎の視点
(今月の視点という名前だったと思います)に加筆訂正、さらに
新原稿を加えられてまとめたように思われますが、内容の濃さは
素晴らしいの一言。牟田先生ならではの経営の数字に加えて人間味と情の部分が深く
表現されていて、「何のために経営をするのか」を改めて考えさ
せられる珠玉の一冊だと思います。
数えてみましたら88項目もの着眼を提示されている本書を、特に
同胞の若き経営者の方にお薦めしたいです。

経営書の流行に左右されない大事な視点 2005-10-02
最近の経営書は、金持ちにすぐなれるか、アメリカから入ってきた概念の解説書、もしくは自分と会社を売るためのPR本が多すぎた。
それにくらべ、さすがに長年社長をやっているだけに会社や商品や社員やお客さんに対する洞察が、深くそして広い。
強く共感する部分や忘れていた経営に対する真摯な姿勢、社長としての
勇気をもらった気がする。

もっと早く読んでいれば… 2005-10-02
あの中村天風の本を出している会社(日本経営合理化協会)の社長が書いた本ということでふと読んでみました。
著者の牟田氏はかなり有名なコンサルタントらしい。私は今はサラリーマンだが、以前小さな会社を経営したことがある。
そのときは無我夢中で経営本などまったく読んでおらず、事業もうまくいかず、倒産してしまった。
当時を思い出しつつ読んでみると、出てくる出てくる。自分が苦しんだシチュエーションや、自分が失敗した原因がずばり指摘されている。
言葉の一つ一つが強烈なリアリティをもって迫ってくる。
著者はよっぽど多くの事業の成功・失敗を見てきたんだと思う。「経営本なんて意味がない」と思い込んでいた当時の自分に読ませたい。これから経営者を志す人は必読だと思った。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」 |高田 貴久
このエントリーを含むはてなブックマーク

ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」
高田 貴久
英治出版 刊
発売日 2004-02



眼からうろこ 2005-05-10
他のロジカル本やプレゼンノウハウ本だと情報が多すぎて、読み終わった後に脳みそが飽和状態に陥ってしまうので困ってしまうと言う人にお勧めです。
この本では、例えば、「プレゼンでの反論は実は2種類しかない」とか「こういう場合は原因は実は4つしかない」とか、私達がよく陥りがちな状況下での要因をざっくりと分けてくれているので要点が押さえられるし、大まかに分けられているおかげで逆に応用が利いたりします。
また、架空のプロジェクト話をベースに進んでいくため、それをケーススタディとして、どこがいけなかったのか、それをどうすればよかったのかを自分も考えることができ、対処法が直球で頭に入ります。
プレゼンのためだけではなく、日常のコミュニケーションなどにも応用できる部分が多いので、普段何故かミスコミュニケーションが多いと思っている方もぜひ読んでみてください! 絶対ためになります。

何故MECEにならないのか 2004-02-29
ピラミッド型に論理構成する、横は並列にMECEに・・・。
頭でわかっているのに作業になると行き詰る、
私も何度と無くそんな経験を繰り返してきた1人であった。この本を読むことで、何故行き詰るのか、その原因と答えを経験に照らして見出す事ができる。
仮想ストーリーに、自分の経験を重ねることが出来るからである。考える所から、実際の成果物となる資料に落とし込むまでの過程、
相手に伝わってこその"提案"というところに焦点があてられ、
概念的ではなく、実践的に使えるもの。"実際に現場で苦しんだ経験のある人"には特にオススメする。
自分と同じ、若きビジネスパーソンに向けて。

使用前と使用後にハッキリと違いを感じる本 2004-03-10
「ロジカルプレゼンテーション」と聞いて、「ああ、またコンサルの書いたロジックものか」と考えた読者はいないだろうか。この本はそれらの類書とはひと味違うテイストを醸し出している。まず、「プレゼンテーション」と聞いて、パワーポイントで饒舌に語るイメージを思い出しがちだが、この本で言う「プレゼンテーション」とは「伝える技術」に他ならない。職場環境が人も組織も従来とは比較にならないほど多様化し、極めて短時間に、そして、正確に伝えること必要とされている時代に、「伝える術」はすべてのサラリーマンにとってのビジネスウエポンになることは間違いないだろう。 この本が一種独特の雰囲気を醸し出しているのは、筆者の思考のプロセス、考える手順を時間軸で公開しているからだ。類書は、できあがった規制の理論を体系的に、そして、綺麗にまとめているものが多いが、この本は、実際のビジネスケースを想定し、様々なステークホルダーと遭遇する中で生じるインタラクションの中に事細かく「うち手」を(くどいほど丁寧に)解説してくれているのがユニークだ。その解説の手法は、筆者自信が体験した感覚、手順、順序になっているため、筆者の頭が乗り移ったような感覚になるときがある。
 この本は、マニュアル本である。しかし、今まで出会ったことがないマニュアル本である。筆者は「使用前と使用後にハッキリと違いを感じてもらいたい」と強烈に思って書いたに違いない。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

女性ITプロフェッショナルのホンネ会議―男だらけの業界で生きる55のヒント |TeaTime
このエントリーを含むはてなブックマーク

女性ITプロフェッショナルのホンネ会議―男だらけの業界で生きる55のヒント女性ITプロフェッショナルのホンネ会議―男だらけの業界で生きる55のヒント
TeaTime
日経BP社 刊
発売日 2004-06



勇気付けられ、感動し、手ばなせない本となりました 2004-09-06
ITプロフェッショナルとなるまでの困難をどう克服してきたかを複数のベテラン技術者が綴っています。
この本のエピソードを読めば、成果の「質」を高く求められる職業において必要な心構えや考え方がよく理解できます。
具体的に参考になる話が多く、なおかつハイレベルな内容で、数あるSE本の中でも屈指の本と言えます。プロジェクトで同僚に手柄を横取りされた時の取り返し方などは、面白くまた、実際に役に立つと感じました。
IT業界人のみならず、本気で仕事をしているビジネスパーソンが直面する問題の解決に役立つ内容です。
このレベルの高さは、長年IT業界で仕事に本気で取り組んで来られた優秀で根性のある女性でなければ書けないものです。有形無形の差別や業界特有の理不尽さの中、人の何倍もの努力を続けておられる著者の方々に敬意を表さずにはいられません。
男性の中で一人で頑張っている女性はもちろん、プロジェクト推進の立場にある男性も、ぜひ読んで勇気付けられて欲しいと思います。

楽しく読めて役立つ 2004-06-13
並みのエッセー集より気楽に読め、並みのビジネス書よりも役に立ち、並みの短編集より楽しい、そんな本だ。内容は本編エピソードが45編と、他にコラム等の番外編が10編。付録として役に立つ情報まで入っている。かくも充実している最大の理由は、10人を超える膨大な本編執筆陣にあると思う。しかもその全員がコンピューターシステムの第1線で活躍中の現役という贅沢な陣容だ。そういう彼女達が、困難とか目標到達とか云った、自らの人生に深く刻まれるような体験をそのままエッセーにしているのだから、こんなに面白いネタはない。他人と不幸とサクセスストーリーはいつ読んでも面白い。本書がプロを目指す老若男女に役立つ理由もこの執筆体制にある。コンピュータに限らずどの分野でも、たった一人で全てが網羅できる時代は終った。現代では、いかなるビジネス書も、いかなるエッセー集も、執筆者がたった1人というだけで、内容が片寄ってしまう。よしんばその分野を網羅しても、問題に対する解決策は、著者が頭で考えただけの、実際には役に立たないものが多く含まれてしまう。この本にはそんな盲点が殆ど無い。10人以上のプロが、自らの体験について客観的に語っているだけの事はある。 3人よれば文殊の知恵と言う。それを見事なまでに実践した本と言えよう。

花城唯さんの泣き笑いに共感 2004-06-10
 ビジネスの場で困難に直面したときのヒトの心情は揺れていることだろう。ビジネス上には建前と本音もある。他人にはわからないものだ。その心情を見事にあらわした事例としても価値が高い。
 女性特有のビジネスの悩みもあるだろう。が、私はむしろ女性特有の心情や行動のゆれと、その描写のきめ細やかさに感心した。さらに本音で語る内容には迫力がある。
 とくに外資系に転職した花城唯さんの泣き笑いエピソードに共感した。上司をけんかで打ち負かしたり、英会話ができず夜ホテルの部屋で泣いたり。「強さと弱さ」、「理性と感情」という対極が同居した不思議な魅力を感じた。
 ビジネス上の対人関係で悩んでいる女性に送る最適の1冊となった。ありがとう。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

裏から見たIT業界 |島野 清志
このエントリーを含むはてなブックマーク

裏から見たIT業界裏から見たIT業界
島野 清志
エール出版社 刊
発売日 2005-04



シニカルだが事実 2005-06-11
危ない会社シリーズの著者らしいシニカルな内容。
ただデータを踏まえているので頷ける部分は多い。
いずれ一部のIT企業の暗部は暴かれ、無知な株主は
泣くことになるのでしょう。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

IT業界図鑑 |Mint(経営情報研究会)
このエントリーを含むはてなブックマーク

IT業界図鑑IT業界図鑑
Mint(経営情報研究会)
翔泳社 刊
発売日 2004-06-16



業界の実体を実生活の目線で知ることができる本 2004-09-12
IT業界とひと言で言っても、細分化され、実にさまざまな職種があるのが分かる。とはいえ、変化が激しい業界なので、長い職業人生においては、次々に新たな業種が出てくるのでしょう。年収がバブル当時を思わせるというコメントがあったが、それでも年収が1,000万円を超えているのは、ICOとシステム監査人・情報セキュリティ監査人程度で、決して高給がとれる業界ではないと思いました。業界の実体を実生活の目線で知ることができる本でした。

絵が・・・・ 2004-07-30
IT業界について様々な人物像が描かれている。正味、業界人の絵がおもろい!!

IT業とは? 2004-07-25
○現役IT業の人がキャリアパスを考える際にお薦め。 IT業の様々な職種が紹介されている。
 目指す職種に有利な資格や、年収、その職種の需要等が参考になる。
 また、職種毎に参考となる書籍が紹介されている点も良いと感じた。○IT業へ就職、転職したい人には、IT業の仕事紹介としてお薦め。 色々な仕事が紹介されていて、IT業を理解するのに役立つと思う。
 ただ、紹介されている職種が細かすぎるので、実際の採用募集枠とは合わないと思う。
 一人が複数の職種を兼務しているのが実態だと思うので、職種紹介と言うよりは仕事紹介として読むと良いかと感じた。 業界用語というコラムは、面接時に業界研究をしている事を印象づけ出来そうなキーワードが紹介されていた。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

IT起業必勝法―IT業界キーカンパニー23社徹底解剖 なぜあの会社だけが伸びるのか? |森 一矢
このエントリーを含むはてなブックマーク

IT起業必勝法―IT業界キーカンパニー23社徹底解剖 なぜあの会社だけが伸びるのか?IT起業必勝法―IT業界キーカンパニー23社徹底解剖 なぜあの会社だけが伸びるのか?
森 一矢
英知出版 刊
発売日 2005-10



実務的だが学生にも読める 2005-10-02
華やかな六本木ヒルズのITベンチャーの成功物語より、
ずっと地道に成功をしているベンチャー経営者達の成功への
途上実録(一部大成功の勝ち組も混じっているが)
という感じであり将来起業をしたいと思っているので
とても参考になる。気負いのない経営者達の生の声に
近いと想像でき好感がもてる内容の本でした。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

<業界の最新常識>よくわかる情報システム&IT業界 |新井 進
このエントリーを含むはてなブックマーク

<業界の最新常識>よくわかる情報システム&IT業界<業界の最新常識>よくわかる情報システム&IT業界
新井 進
日本実業出版社 刊
発売日 2003-07-03



SE、プログラマー、コンサルタント希望者向け 2005-06-09
ゼネコンと同じような会社同士で構成されるピラミッド構造になっています。
その中で、具体的にどの会社がどのような役割を果たしているのかが記載されています。
IT業界は、以下の2点で建設業界と構造が非常に似通っています。ポイント1:
受注を受けてからプロジェクトをはじめるという仕事のスタイル。ポイント2:
大手が受注をし、そこから複数の下請け、孫請け、ひ孫受けに仕事を流すという、会社同士のつながり。ただし、1点大きくことなるのは技術の進歩のスピードでしょう。
IT業界では、建設業界の技術進歩のスピードよりもはるかに速いため、その技術に対する習得度が低いのが現実です。このため、プロジェクト自体に大きく遅れがでたり、予算をオーバーすることは少なくありません。業界について勉強するための一冊にするならば、むしろ「図解ソフトウエア業界ハンドブック
岩田 昭男 (著) ISBN: 4492092404 」をススメします。

<業界の最新常識>よくわかる情報システム&IT業界 2003-10-28
タイトル通りの「情報システム&IT業界」の状況が満遍なく要領よくまとめられており、この業界についての入門書としては最適である。就職活動やこの業界に興味を持つ人にお勧めしたい。

学生・新人にお奨めのIT業界のガイドブック 2003-10-28
斯界に半世紀を捧げた著者ならではのIT業界のガイドブックです。IT業界に就職を希望する学生さんだけでなく、既にIT業界に席を置く新人の皆さんにとって、IT業界の今と将来展望が良くわかります。またシステムエンジニアといわれる職種に漠然とした憧れを抱かれている人にとって、どのようなキャリアパスを進むべきかが、良くわかります。メーカー・ソフトハウス・通信業者と各種業者の複合する業界を、見事に整理し尽くした業界読本であり、今までこのようなガイドブックを読んだことがありません。著者の幅広交友関係を反映したコラム欄は楽しくためになります。IT業界に夢を抱く20才台の若い人達に、一読をお奨めします。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達

ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録 |佐々木 俊尚
このエントリーを含むはてなブックマーク

ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録
佐々木 俊尚
小学館 刊
発売日 2005-04



榎本大輔 2005-07-16
2001年ごろだっただろうか?
ネット上で榎本大輔とは何者?という議論が起こった。
2ちゃんねるの陰の出資者と噂され2ちゃんねるの管理人だった西村博之がコンサルタントとして籍を置く会社PRO−Gの社長。
この男のナゾの解明こそが日本のインターネットのナゾを解明するとも考えられ、2ちゃんねる研究の管理人zenhitei氏が何よりも欲しかった日本インターネット界最大のナゾであり、この人物と接近することがポスト2ちゃんねるを狙うネットコミュニティの管理人たちの最大のキーだった。
榎本大輔氏はこの後になんとPRO−Gをあのホリエモン率いるライブドアに売却、自らライブドアのナンバー2となり日本に数々の火種を残すことになる。
しかしその存在はあいかわらずナゾであった。
しかしなんとまあついにこの筆者はついにその榎本大輔との接触に成功。
彼との独占取材に成功している。
他のネット企業家に関連した章なんてどうでもいいぐらいこの人の章は貴重だ。 ま、最近は榎本大輔氏も引退して「100億使う遊び術」というふざけたブログをやっているわけだがね。 ついでに楽天の三木谷が最初に創った会社の本社がうちの近所のマンションだと知ったのも小さな発見だった。

一途な思いと視座の高さ 2005-07-12
取り上げられているヒルズな人たちは、発想のスケールだけでなく、視座が、常人とは明らかに異なることが、この著から、よくわかります。思考のステージの高さが異なるから、広い範囲で物事が見える、従って先が読めるということが、よく描かれているように思います。
特に、オーケーウェブの兼元謙任氏の、お互いに人の役にたち合う世の中にしたい、知的資産を構築したい、誰もが世界平和に貢献できる世の中にしたいという、ある意味で、誰もがかつて幼少時に一度は思ったことがあるかもしれぬ純粋な思いを持ち続けながら、それをひたすら一途に実現し続けてきた経営姿勢には、胸を打たれました。
純粋に思いを遂げ続けてこそ、その思いを軸に、視座の高低が変動し、結果として視座を高めるのではないか、そんな思いがよぎりました。
その意味で、登場人物はいずれも、その方向性は別でありながらも、その思いを持ち続けているとう点で、出色だと思います。

いかにして勝ち上がったか 2005-07-10
「ヒルズな人たち」は決してヒルズに住んでいる人、働いている人のことではなく、勝ち組IT企業の経営者たちのことです。ヒルズな人たちは資産や年収などがクローズアップされることが多いが、楽をして今の地位を得たわけではなく、働いて働いて勝ち上がったのだ。
その決して平坦ではない、まるでジェットコースターのような波乱万丈の人生、10人のITを代表する経営者の話をさらりと読めます。今度はひとりひとりをもっと突っ込んで書かれているものを読んでみたくなりました。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by 吉澤準特 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルタント御用達





【IT業界の裏話】過去コラム(No.1-337)
[ TOP ]IT業界の裏話

▼ IT業界の人々
「内製率を高めたい」のに「世界...
人の話を聞かないIT技術者の...
コンサルを目指す学生との対話...
IT業界、悪魔の辞典『ヒト編』
改善は「自分が楽をすること...
近くて遠きもの、プログラ...
IT企業が求めるプログラマ...
ITプロの3割が機密情報に...
10年働くソルジャーが欲しい...
PGとSEの仕事の面白みは何...
メールをすぐ返信する人、しな...
├ ITコンサルタントになる方法
我がコードは我流。我流は無...
欧米人がグリーンITに積極的...
実は変化など望んでいないエ...
├ 実はコミュニケーション能力に...
IT業界人は自分のドッグフード...
IT業界を不人気にした重鎮...
IT業界の変わった人々
電子メール禁止!ゼロメール...
名言集−運用フェーズ−
システム開発における名言集
失敗から学ぶ人、学ばない人...
SEに多いコーチングタイプは...
あなたのコーチングタイプは...
ITエンジニアの年収公開サ...
CTCは何の略?
会議は踊る、されど進まず...
繰り返し使われるメールアド...
遅刻しそうなので面接受け...
社内SEが人気を集めている...
サポートセンターの悪夢
IT業界に向いていない人
日本の夏、熱暴走の夏
客前で後ろから刺される
システム障害でクビが飛ぶ人
病欠って何ですか?
昼休みって何ですか?
Windowsに弱いIT技術者2
Windowsに弱いIT技術者
エンジニアは音を伸ばさない
話しにくい人
転職する人しない人
サイコロ一振りで給料を決め...
コンサルがお絵描き好きなの...
コンサルの報酬額って?
ITコンサルとSEの違い
SEのITリテラシ
公私のケジメ

▼ 仕事のやり方
客先で自分のPCが差し押さえられ...
「闇リリース」は善意でやっても...
新人のための7つのワークハック...
仕事の質を落とさないメソドロ...
組織が150人を超えると仕事の質...
世界最大のコンサル会社が最低...
IT業界、悪魔の辞典『SI編』
パワーポイントを紙芝居に貶め...
日本と米国の違い:ベンダーサ...
定時退社日に罪悪感を感じるIT...
ストレス厳しい職場を生き抜く...
おまえが呼ぶな、俺が呼ぶ「ハ...
ITプロレタリアートは多機能工...
図表をリッチにする5つのシン...
セクシーパワーポイント道
エンジニア御用達のIT誌
メールコミュニケーションを200.
├ ニッポン・エンジニア・レボリュ...
ITのプロって何ですか?
クールビズにも限界、冷房28...
真夏に長袖!なのに裸より涼...
測定しにくいものを測定する方...
山田さんの使いやすいシス...
SEの品格
コンサルの品格
ダメシステムはひとまず葬れ
眠気対策アイテムを考える
長篠メソッド
ITサポートがユーザーに教え...
資格の価値
出張先のホテルでインターネ...
お口の恋人
絶対に潰れない会社の悩み
エアエッジが必要になる理由
ハイプ曲線+キャズム理論
ユンケル黄帝液とスーパー黄...
一貫性が信用を生む
デビルズ・アドボケイト
落とし所を見定める
クライアントの良き友人たれ
キャンペーンでたたみかける
比較で暴利をごまかす
権威を活用する
ヒヤリハットの考え方
密談のタバコ部屋
「えいや」で決まる、魔法の言葉
海外テレカンの心得
IT業界でうまく生きていくコツ
ポンチ絵
仕事と作業の違い
上司に背を向けると怒られる?
ロケットスタートのススメ
人の考えを利用すべし
「見える」化
仕事の範囲
ワークシートのススメ
フローチャートの基本
仕事のやり方、片付け方
もんたメソッド
高橋メソッド
作業時間の見積り方
仁義を切る
アクションプラン
ミーティングと議事録
ベンダー選定の基準
ITと数学
レスポンシビリティとアカウンタ..
仕事の密度
リクルーティング
ドキュメントプロパティ
クライアントが納得する答え

▼ 仕事の環境
こんなのITのプロらしい仕事...
デスマーチに陥るお決まりパ...
外資が休暇を大切にする”真”...
HTMLメールとテキストメール...
ペーパーレス化が紙の無駄...
携帯電話のSDカードも禁止す...
人々は安定性と安全性の両方...
カタカナ会社はあやしい会社?
サービスリリースの落とし穴
IT業界の職場環境
IT業界の労働環境悪化は...
英語の必要性
正月出勤
年末年始の過ごし方
止められないコンピュータ
動かないコンピュータ
リリース直前の危機

▼ IT業界の動向
クラウドプレイヤーの名言集...
ネット史上最大の惨事、マイクロ...
ベンダー努力を台無しにするIFRS...
電子政府構想は無駄遣いの温床...
NASAのレポートがIT業界に与える...
中国当局によるプログラム盗用は...
コンサルもSIerもいらない内製...
中国のソースコード強制開示制度...
IBMは当て馬、Oracleが演出する...
PWCCが復活、ベリングポイントを...
IBMに喰われたSun、IT業界に訪れ...
ヤフー、自社データセンター所有...
自分が決めたルールに違反するGo...
SOAは死んだ
データセンターを巡るIT業界三...
├ リーマン破綻にみる米国証券業界...
IT史に輝く「すべったテクノロジ...
冷却を必要としない常温データ...
過去のIT業界10大予測を振り...
├ エンジニアよ、大志を抱け!
├ 黒箱襲来!コンテナがDC...
IT業界進化論: SIer 2.0を目...
IT業界がダメな理由を学生の...
IT業界温室効果の1/4はDC...
新生ニコニコ動画、ニコンド...
システム前線異常アリ!ゆう...
ニコニコ動画は文化の架け橋
Web2.0の向こう側〜サードリ...
セカンドライフだけで宣伝の...
国家戦争にも利用されるDDo...
DoCoMo2.0に見る情報格差...
DoCoMo2.0とWeb2.0
ITIL準拠という幻想
システム障害訓練の日を制...
WAONとnanacoが提携したい...
NTT東西の野望〜光回線編...
mixi招待制の綻び
Vistaが売れない理由
独自仕様に走り過ぎて泣き...
米国事情から見る日本のIT...
MVCからAjaxへ
外字ってなんですか?
Sunがx86サーバにIntel採用...
やりたい放題バッドウェア!
アウトソーシングという名の幻...
ソフトバンクモバイル、MNP停...
やっぱり止まったソフトバンク...
あらゆる意味でやり過ぎの...
経営者不在の日本版SOX法...
働いてみたいIT企業ランキン...
サーバの進化がデータセン...
_システム運用にRSSを活用
電力線通信が認可される日...
携帯メールはSSL通信よりも...
経営者不在の日本版SOX法...
Microsoftがサイトリニューア...
停電に脆弱なシステム
システムは誰のためにある...
ITILで運用が楽になる?
進化するコールセンター
Vacademy
IT業界にロングテールはある...
時間をお金で買う
あなたの猫はコンピュータウ...
個人情報保護法の範囲
あなたvsプロジェクト構成管理
ドラマ24にみるシステム最前...
次世代トレンドと枯れた...
日本版SOX法の施行に向け...
新しいWindowsはWeb決済...
地震に強いシステムをお持...
IT Doesn't Matter
SOAと分散コンピューティン...
各社で定義が異なるESB
おサイフケータイに見...(2/2)
おサイフケータイに見...(1/2)
子会社のシマを荒らす親会社
アインシュタインに学ぶソフ...
公職選挙法とインターネット
マイレージ負債
インターネットの舞台裏:海底...
ゼロ・クライアント
サーバのトレンド
外資系パッケージベンダー

▼ 業界の構造
対極にあるIT業界とコンビニ業...
IT業界は成果報酬型のサービス...
特定ベンダー以外をふるい落と...
欧米人なら爆笑するレベルと...
IT業界が詐欺師集団と言われる...
IT業界の格差社会、年収200...
├ 新基準導入でデスマーチがな...
公式では言えないニコニコ動...
├ コンサルとアプリ開発者、格差...
システム運用はIT業界の最下...
テストフェーズの呼び方は千...
2000年問題再来!?サマー..
減り続ける正社員の割合
労働局が偽装請負の抜け道...
会社貸与のPCは何年償却?
ITIL Foundationを2万円で買..
IT製品もイメージ重視?
お試しできない製品は売れない
IT業界は無免許制
どんぶり勘定
標準価格と提供価格
ソフトウェアライセンス
社外秘の秘密度合
偽装請負 
システム開発の流れ7 テス...
システム開発の流れ6 開発...
├ システム開発の流れ5 開発...
システム開発の流れ4
システム開発の流れ3
システム開発の流れ2
システム開発の流れ1
IT業界の構造

▼ 業界ランキング
SIerランキング2005
コンサルランキング2005

▼ その他
「幣社」という表現は相手を見下...
コミュニケーション力の不足は...
聞く耳を持たないYahooニュース...
黒デスクトップ事件に見る中国...
ITコンサルから見たブラッディ...
違法ダウンロードでネット追放...
就職難民=不出来な学生とい...
モンスターペアレント、会社襲来
あえて言おう、Yahooの掲示...
プログラマ向きなカフェをオー..
├ Japan Brog Award 2008を..
日立さん、IT大喜利をもう一度
インターネット上の信頼できる...
IT業界でありそうな迷惑勧誘...
倒産してもカネを要求する悪2...
倒産してもカネを要求する悪1...
├ 枯れた技術の水平思考で
├ ずさん極まりない環境保護ラ...
世界の奇妙な法律を集めた...
50万円のキーボード
洋楽を1曲10円で購入できる...
CNETとZDNetは同じ会社
情報の価値(情報商材)
コンパイル1回12時間の世界
楽天ポイント事件
楽天ポイント事件〜利用者...
楽天300ポイント付与で謝罪
ライブドア強制捜査
└ ネットワークベンダー